クリスマスのたべもの

鏡開きも終わった今日この頃ですが、あえてクリスマスの食べ物をご紹介するらびたえです。

d0043369_2253864.jpg
日本のクリスマスといえば欠かせないのがクリスマスケーキ。
ドイツのクリスマスケーキ:シュトーレンだけでは寂しかろうとおいしいパンでおなじみ “ビゴの店” でフランスのクリスマスケーキ:ブッシュドノエルを買ってきました。外箱からしてかわいいこちら、中身もおいしゅうございました♪


d0043369_2210454.jpg
定番商品もクリスマスの装いです。
チロリアン・クリスマスバージョン、子供の頃から大好きなお菓子♪ 中身はいつもと同じバニラ、チョコ、ストロベリーの3種類。


d0043369_22124261.jpg
イギリスのクリスマスにも挑戦。
海外の小説やなんかに時々出てくるウワサの “クリスマスプディング” を食べてみたかった。Walkersならショートブレッドおいしいし、大丈夫かなとお買い上げ。150gサイズで850円。 カップの蓋をはがしてレンジで1分半あたため、ひっくり返してお皿に出すと、ほぼ箱の写真と同じ黒い塊が出てきます。
箱の表示を見ると、原材料のトップに出てくるのがレーズン、第4位がサルタナレーズン…ってほとんどレーズン?。全体の36%がレーズンです。シナモンやナツメグの香りが効いていて、味は好きな味です。が、甘さのパンチが相当強力に効いてます。1/4食べたら残りはまたあとで…という感じです。

d0043369_2228348.jpgイタばかとしてはずしちゃいけないパネットーネとパンドーロ。
今年は思うところあって両方とも買わないつもりだったのですが、クリスマスイブに某輸入食料品店の前を通ったら100gのミニサイズが198円になってたから即お買い上げ。これは日持ちがするし、朝ごはんのパンとして。
メーカーを気にせずに買ったら、これがPALUANIの製品。年明け1冊目に読んだ本にこの会社が出てきてびっくり。ロバのシャツがかわいいChievo Veronaのスポンサーとして文中に登場してました。
本場ではクリスマスの食べ物だけど、パンとして通年で置いているのが桜新町のベッカライ・ブロートハイムさん。ドイツパンが基本のお店だけど、どれを食べてもおいしくて、当然パネットーネもとってもおいしい。書いてたら食べたくなってきた…。

d0043369_22583823.jpg
最後はクリスマスのあめちゃん。
クリスマスゆかりの絵が直径7~8mmの小さな金太郎飴になってるだけでもすごいのに、外側の色によって味も変えてあるすぐれもの。
よっちゃん、ありがとー♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-01-12 23:06 | MANGIARE


<< この冬いちばんの冷え込み JUVENTUS 1-0 SI... >>