BOLOGNA 2 (2001.10.22)

ボローニャ3日目。3日目にしてやっと市内観光ができる♪
タクシーで駅に着くと、駅前では何かのデモ前の集会中で少し離れた所でおろされる。この日はモデナへ行くというMちゃんと、午後からローマへ移動して友達と合流する私は駅でお別れして別行動。まずMちゃんをホームで見送り、1週間分の大きな荷物を抱えて手荷物預かり所へ行くと…「ストだから今日は預かれない。コインロッカーも今日はだめ」…そ、そんなぁ!これ持って塔のぼれないでしょ~。がっかり。

気を取り直してバスでPiazza Maggioreまで行ってみる。重い…。とりあえずDuomo詣。
d0043369_22255156.jpg
“参ったなぁ~。駅のおじさんは観光案内所にコインロッカーがあるかもしれないなんて言ってたけど、あるわけないなぁ…”なんて思いながら教会前に座って休憩。
d0043369_22453440.jpg

休憩を兼ねて広場を撮影。

d0043369_22475718.jpg
d0043369_22482641.jpg


“あれがGiganteかぁ。Beppe Signori(セリエAで一番最初に好きになった選手♪)がボローニャに移籍した時、あそこで写真撮ってたのを雑誌で見たな…。でもその前にダメもとでインフォメーション行ってみよ”
インフォメーションで聞いてみると、やっぱりコインロッカーなんてあるわけがなく、「駅にはあるよ」と言われる始末。予想はしてたけどやっぱりがっかりはがっかり。

インフォメーション内ではフェラーリやドゥカティのグッズ、ポストカードなどちょっとした土産物も売っていて、このままボローニャ土産が何もないのもくやしいし…とフェラーリのロゴ入りえんぴつを数本選んでレジへ。この日は移動日、だからパスポートやレイルパス、航空券、メインの財布etc.すべての貴重品を小さいショルダーバッグに入れて、ファスナーの終わりにナンバー式南京錠をかけていた。“こういうゆっくり買える店はお札を崩すチャンス♪”と鍵をあけようとすると…

回らない…009.gif 3つあるどのダイヤルも回らない…008.gif

いつも少額はポケットに突っ込んでるので、とりあえずそれで支払ったものの困った…マジでやばい…

“こんな時にはまず落ち着こう…”と隣のカフェへ。
“そうだ!荷物の中にはペンケース。ペンケースの中にはカッターナイフ!”
おしゃれな広場のカフェで、あたたかいお日様を浴びながら、自分のバッグを自分のカッターナイフで切り裂く私…。スリに切られても惜しくないようにと○ニ○ロで1000円も出さずに買ったバッグだけど、まだまだ新品なのにぃ!ちょうどいい大きさで重宝してるのにぃ!

悔しかったけど、それでも中身が取り出せるだけの切り目が入れられると小さくガッツポーズ。さ、Giganteさんにご挨拶に行こっと。
“この台の上でSignoriは新天地でがんばろーと誓ったのね~”と見上げたが、もしかすると彼は下のセイレーンにうっとりしていただけかもしれない。
d0043369_23242317.jpg


暑くなってきたし、荷物重いし、さっきのがっかりは大きすぎたな…とここで観光は諦めて駅へ戻る。さっきはサービスのストがどうのこうの言ってたけど電車はちゃんと動いていることを確認して待合室へ。予約したESまで1時間くらいをぼんやりしていると、壁に字がいっぱい刻んであることに気付いた。
それは1980年8月2日に起きた爆破テロの慰霊碑だった。犠牲になった方の名前をひとりずつ読んでいくと3歳の子供からお年寄りまで、亡くなった方はもちろん、怪我をした方、そして家族の方まで名前を刻まれた方だけでないあらゆる世代のたくさんの人の人生が一瞬にして大きく変わってしまったことがわかる。

時間が来たのでホームに出るとデモの人たちと遭遇。どうやらお掃除サービススタッフのストだったようで、ゴミ箱のゴミ、ほどいたトイレットペーパー、はたまたホーム直結のマクドのゴミetc.をホームや線路に撒き散らして歩いていく…。すごいぞ、ボローニャ。
ゴミだらけの線路に入ってきたESに乗ってボローニャとはこれでお別れ。絶対“見るとこない”わけないし、それより美食の街に来て食べたものがスタジアムのパニーニとホテルの朝食だけってありえないでしょう。必ずまた来てやるぅと決めてから早7年。ついにボローニャ行きが決定。リベンジできるかなぁ~?
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-05-25 00:47 | 2001年MILANOの旅


<< 初物 RAVENNA(2001.10... >>