ローマ人の物語20 悪名高き皇帝たち4/塩野七生(新潮文庫)

d0043369_18345077.jpg今年の34冊目は有名なネロの物語。
母親を殺した~、セネカを殺した~、ローマの町に放火した…etc.悪名高く、傍若無人、極悪非道な言われっぷりの彼の意外な一面もうかがえる。
でも時代、国に関係なく一国の長たる者、はしゃぎすぎてはいけません。
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-10-20 20:39 | BIBLIOTECA


<< きぬかつぎ MILANOでの日常 >>