TORINO 7 (3/10/2005)

トリノといえばユヴェントスにグリッシーニにチョコレート!
JUVEもグリッシーニもたっぷり堪能したので、最後の仕上げにチョコレートを買いに行きます。めざすのはホテルのそばのPASTICCERIA GERTOSIO、2年前にトリノへ来た際お土産&自分用としてクリスマスギフト仕様のチョコレートを大量に買い込み、お配りした先々でもれなく大好評だったのに味をしめて、また今回も行っちゃうよ♪ 一見地味な感じもするお店ですが、創業125年を誇る老舗でございます。
まだ時期が早かったようで通常のギフトしか出ていませんでしたが、「何を詰めてもらおっかな~」ときょろきょろしていると、ショーケースの上に“Torta Sabauda~Nostra specialita`”と書かれたカードがちんまりと立っているのを発見。が、それらしきトルタはどこにも見当たらないので、思い切って「Torta Sabaudaってなんですか?」聞いてみると、おもむろに冷蔵ケースから箱を出し、
d0043369_01458.jpg


あけて見せてくれたのがこちら。
d0043369_23571983.jpg


なんでもサヴォイア王家のレシピによる由緒あるお菓子で、日持ちも12月までOKだと説明されたけど、見せてくれたものはセロファンで包まれていたし、はっきりいってこれじゃチョコレートでコーティングされた中がどうなってるかはわかりません。材料を聞くと、ノッチョーラとバターと小麦粉と砂糖と…etc.
私的には、トリノのチョコレートのおいしい店でノッチョーラと言われた時点で即買いです。小さい方を買うことにし、箱を受け取ってびっくり。7cm四方に高さが2cm位の小さな箱なのに、重さがずっしり。見るとそんな小ささにもかかわらず100gと書いてあります。ちなみに大きい方は400g。
日本へ持ち帰ってカットしてみると中はこう。
d0043369_002053.jpg


食べてみたらば…

…(^0^)

あ~何で大きい方買わなかったんだろう!ばかばかばか~(><。)
『大奥』だったら「美味でございますぅ~」と叫んでいるところ。
伝統的なお菓子にありがちなびっくりするような甘さもなく、私の大好きな味のシンプルなチョコレートケーキでした。油断したら1個丸ごといけそうだけど、もったいないから2回に分けて完食です。

前回の旅行でGERTOSIOのジャンドゥイオットをお土産にした人には、他のお店のジャンドゥイオットを食べてもらおう!ともう1軒行ったのがCAFFE` TORINO
こちらのジャンドゥイオットはこんな感じ。
d0043369_02534.jpg


d0043369_062597.jpgトリノのシンボルtoroの袋に入れてくれます。上のチョコレートのパッケージの中央にあるシール、実は紙袋の封としてつけてくれるものですが、パッキングの都合上紙袋から出してしまうので、はがしたシールでなんちゃってデコレーションしておきました。

トリノのお土産としてはチョコレートっておいしいし、種類も豊富だから選びやすいけど、重くなるのがちょっと難点。でも次回はTorta Sabauda・大を自分用に持って帰るぞぉ!
[PR]
by s_fiorenzo | 2005-11-23 23:55 | 2005 ITALIA


<< BON JOVI/BON JOVI TORINO 6 (3/10/... >>