L'UOMO CHE VERRA`/やがて来たる者

d0043369_18533998.jpg
主人公のマルティーナは8歳の少女、Bolognaの南約25kmの山村Monte Sole(モンテ・ソーレ)で暮らす貧しい農家のひとり娘だが、生後間もない弟が亡くなって以来、そのショックで言葉を失ってしまった。
しかし1943年冬、再び母が妊娠し、マルティーナは新しい家族の誕生を待ちわびる。次第に戦争が激化していくなか、1944年9月28日から29日にかけての夜、待望の弟が産声を上げる。
家族の会話、地元の人たちの会話部分はイタリア語字幕入り。

第2次世界大戦=日独伊三国同盟とイメージしがちなので少し整理しておきたい。
同盟は「大日本帝国」「ナチス・ドイツ」「イタリア王国」の間で締結され、「La vita e` bella」をはじめ当時を描いた数々の映画にもみられるように、ドイツ軍はイタリア国内に進駐している。
連合軍がシチリアに上陸し、1943年、連合国に降伏したイタリア王国は同盟を破棄、逆に反ファシストの路線をとり、ドイツに宣戦することになる。当時の統治者ムッソリーニは党内の反ファシスト勢力により幽閉されるが、ドイツに救出され、ドイツの傀儡政府であるイタリア社会共和国(RSI、別名サロ共和国)のリーダーにまつりあげられる。
つまり、1943年以降のイタリアでの第2次大戦はナチス・ドイツ、RSIvs連合国、イタリア王国、パルチザン(民間人による非正規軍)という内戦に近いような状態といえる。

ドイツ側が防衛線を築き、連合国側が突破しては戦場が北上するという戦況は少々強引ではあるが映画でいうと『マレーナ(シチリア)』→『セントアンナの奇跡(フィレンツェ)』→『やがて来たる者』という流れである。
“1944年6月4日イタリア首都ローマが陥落したが、ドイツ軍はイタリア中部に「ヴィテルボ線」「トラジメーノ線」「アルノ線」「ゴシック線」という4重の防衛線を敷き直し抵抗を続けた。しかし、アルノ線まで連合軍の突破を許し、8月11日フィレンツェが陥落した。だが、連合軍はノルマンディー上陸作戦のため一時攻撃を中止し、9月以降ゴシック線で両軍のにらみ合いが続いた。(Wikiより抜粋)” とWiki上ではたった3行で表記されたこの時期の、中部イタリア最後の防衛線「ゴシック線」付近の村が物語の舞台である。
そしてマルティーナの弟が生まれ夜が明けた1944年9月29日から10月5日まで、この土地ではパルチザン狩りを名目に『Strage di Marzabotto(マルツァボットの大虐殺』と呼ばれる虐殺がナチスによって行われ、一般市民約1800人が亡くなっている。この事件については井上ひさしさんが著書『ボローニャ紀行』の中で取り上げており、虐殺を生き残ったパルチザン兵士にインタビューを行っている。

映画の前半部分では、貧しいながらも大家族が助け合って戦時下とはいえ日常生活をおくる様子が丁寧に描かれている。ドイツ兵が食べ物を奪うに近い形で貰いに来たり、パルチザンが捕まえたドイツ兵を林の中で射殺するといった平穏時にはない異常な事態を織り込んで緊張感を与えながら、当時のこの地方では、こんな風景の中、こういう家で、こういう暮らしをしていたのだろうなと映画の世界にスムーズに入っていける。
虐殺を描いた後半は、いとも簡単に次々と無抵抗の人々を殺せる「人間の怖さ」がわざわざ残虐な映像を使わずに淡々と描かれ、逆に戦争の狂気を感じさせる。
マルティーナにとってL'uomo che verrà:やがて来たる者は生まれてくる弟だったのか、ドイツ兵なのか、あるいは肉親をすべて殺されて生き残った幼すぎる姉弟に救いの手をさしのべる者なのだろうか。声をあげることもできないまま、ドイツ兵による虐殺もパルチザンによる殺害も目の当たりにしてしまったマルティーナが、か細い声を取り戻し、弟に子守唄を歌って聞かせるラストシーンが切なすぎる。上映後Diritti監督の「語り継いでいかなければならないことでもあるが、今でも世界中で同じようなことが起きている」という言葉が印象的だった。
今年のイタリア映画祭で8本観たうちのシメがこの作品で、重たい映画だったが映像にも内容にも大満足、日本でも買い手がついたようなので、公開されたらもう一度見たいと思っている。

L'UOMO CHE VERRA`
Martina:Greta Zuccheri Montanari
Lena(母):Maya Sansa
Armando(父):Claudio Casadio
Beniamina(叔母):Alba Rohrwacher

Regia:Giorgio Diritti
2009,Italia


accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-13 19:21 | FILM


<< ガラクタ捨てれば自分が見える―... LO SPAZIO BIANC... >>