CAMBIARE:両替する(実践編)

そもそも両替について書こうと思ったのは思い出編でリンクさせていただいたがっちゃんのやり方が私のやり方とよく似ていてうれしくなったから。

私がイタリアに行くとしたら旅行しか考えられないのでそうそう長居はしませんから、金額も余裕を持ったとしてもそれほど多くはなりません。だから、事前に日本国内で、なるべく空港ではなく都内の銀行で両替してしまいます。もちろん金種も指定します。

使えるところはクレジットカードで払うので「滞在日数×1万円」の金額をユーロに両替して3箇所位に分けて持ち、「入国したらスーツケースと手荷物抱えてバスか電車でホテルに行く」というのはわかっていることなのでその運賃分くらいはポケットに突っ込んでしまいます。
長靴国の通貨もユーロになり、物価が上がったことやレートが悪くなったことは大いに不満ですが、かさばらなくなったという利点もありますね。

「スーツケースに金は入れるな」とよくいわれますが、手荷物をひったくられた場合とすられる場合も一応考えて当座の100ユーロくらいは洋服で巻いて入れてます。そのことを忘れてしまい、旅行中に服の中からお金が出てきてリスのように喜んだりすることもあります。

もし現金が足りなくなったらどうするか。ATMでキャッシュカードを使って引き出します。
シーラス対応のM銀行とプラス対応のS銀行の2種類を持って行きますが、カードを飲み込まれたり、盗られたりが怖いのであらかじめ残高を各5万円位にしておきます。

それでも足りなかったらクレジットカードでキャッシング…ですが、そこまで足りなくなったことはないので、まだやったことがありません。スキミングが怖いし、J社は使えないことが多いから、普段使っていない予備のカード(VISA)を持っていきます。

じゃ残ったらどうするか。
額にもよりますが、最後にスーパーで土産物を買い込む時か空港で使います。
それでも残ったら「次に行った時に使うんだ~♪」と次回の旅行のための貯金へのモチベーションづくりに役立てるか、近々旅行に行くという友達と両替します。

…なあんていろいろ書いたけど、2度目の渡伊の経験が強烈で実は街で両替をしたことはありません。というよりも、見慣れた1ユーロ=○○円という表示じゃないのを見て、そこに手数料がいくらかかって…なんて計算、暗算でわかんないんですよ(笑)
かと言って、両替屋の前で電卓打ってたら「お金持ってま~す。これから両替しま~す」って告知してるようなもんだし。
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-09-11 00:43 | ITALIA


<< 食パン!食パン!!食パン!!! CAMBIARE:両替する(思... >>