「ほっ」と。キャンペーン

タグ:TORINO ( 14 ) タグの人気記事

移動!(2012.5.10)

ミラノ・マルペンサ空港に着いたら、その日のうちにトリノへ移動。
以前はマルペンサ~トリノ間はアリタリア航空が、飛行機が廃路になった代わりにプルマン(中長距離バス)を付けてくれていたけど、それも廃止になり現在はSADEM社のプルマンが運行している。

d0043369_1746767.jpg


マルペンサからミラノ・チェントラーレ駅への電車も運行するようになったけど(地図は位置関係の参考までに…)、全行程の約1/3を一度戻ってからもう一度トリノへ向かうのもなんだし…とプルマンで行くことにする。因みにマルペンサからTorino Porta Susaまでは約1時間50分。

バスの予約はネットで簡単にできます。
ホームページの『Prenota online』(オンライン予約)から『Biglietto Torino - Malpensa』(切符:トリノ~マルペンサ)をクリック。
いろいろ説明が書いてあるページの『ACQUISTA ONLINE!』(オンライン購入)ボタンをクリック。
『Partenza』(出発地)から『MALPENSA AEROPORTO』、『Destinazione』(目的地)からTORINOを選び、乗車日を指定して『Cerca』(探す)をクリック。

切り替わった画面から国際線が到着するMALPENSA OVEST (Terminal 1)を見て、乗りたい時刻を探してカートをクリック。(infoを押しても同じ画面に飛ぶ)

乗車するターミナル、降車場所を選んで『prosegui』(次へ)をクリック。
必要な枚数、乗る人の名前、電話番号を入れたら『prosegui』、
内容と値段(20.00euro)を確認して『prosegui』、
カード情報とメールアドレスを入力したら『Prosegui con l'acquisto』(購入して次へ/キャンセルするならAnnulla)をクリック。

少しするとATTENZIONE: IL PRESENTE MESSAGGIO NON COSTITUISCE BIGLIETTO DI VIAGGIO (注意!このメッセージはチケットではない)というメールが届くので、「STAMPA BIGLIETTO(チケットを印刷)」をクリックして印刷する。

d0043369_17485629.jpg


一応STAMPA。。。でプリントする画面に飛ばなかった時のためのアドレスも書いてあるから大丈夫。
乗るときにはこのプリントアウトをチケットとしてドライバーに渡すと、バーコードを読み取って乗せてくれるから、プリントアウトを忘れずに。

因みにこのバスは空きがあれば予約なしでも乗れます。
チケットオフィスは到着ゲートを出て、斜め左に進んだすぐのところにあります。
乗り場は更に左に進んで、カフェの隣りの出口(4番だったような?)を出て道を渡ったところ。SADEMの表示が出ているのでわかるはず。

今回は「え?こんなに早く出てくるの!?」と驚くほどすぐに荷物を受け取れてゲートを17.50に出れたので、トリノ行きのプルマンの時間変更にチャレンジ。予約していた19.35を18.05にすべくチケットオフィスに行くと…「ごめん、満席。キャンセルがあれば乗れるから一応ドライバーに聞いてみて」というお返事。
時間に到着したバスは始発のTerminal2から乗った人で8割方埋まってる。ダメもとで聞いてみたところ、やっぱり満席で断られた~。仕方がないので予約通り19.35までロビーでツイッターしながら時間潰し。

たいていの場合、こういうバスに荷物を積み込むのは自分でやらないとドライバーはまずやってくれないし、終点のバスターミナルならともかく、途中で降車となると路線バスと同じように道端に停車するだけだから、進行方向右側のいい位置に積まないと、荷物を下ろす背中を車がかすめて通ることになる。
さっきのバスは荷物置き場がほぼ満杯だったから、少し早めにいい場所をキープしないと重いスーツケースを積み込むのに苦労しそう…なので、早めに外に出て西日をさんさんと浴びながら乗り場で待つ。

19.35発は18.05発に比べると空いていて、荷物も楽に積めたし、あとは2時間弱寝てればトリノ…のつもりだったけど、忘れてた。イタリアのバスって日本のバスじゃ考えられないほどのスピード出すんだった…。のどかな田園風景しか見えない高速道路を沈みかけの夕陽を追いかけながらバスすっ飛ばす。スリリング過ぎて眠気も吹っ飛ぶ…。それでも20:30にもなってこんなに明るいヨーロッパの夏、さいこー。
d0043369_17552978.jpg


バスは高速道路を降りてから、TORINO-Corso G.Cesare/Via Cavagnolo、TORINO-Porta Susa、TORINO-Autostazione Comunaleと止まる。バスを降りてPorta Nuova、中心街方面へ移動する時もPorta Susaで降りてください。
意外と終点のAutostazione Comunaleまで乗る人もいるけど、たいていそこまで自家用車のお迎えが来ている人で、バスターミナル周辺は何もなくてタクシーもつかまえにくいので気をつけましょう。

どこの街でも駅前は治安が…というけど、日没後に現地入りするときはやっぱり駅前が一番便利だと思う。なので1泊目にお世話になったのはPorta Susaの駅前のホテル『Dock Milano』。
今までトリノに泊まる時はPorta Nuova周辺ばかりだったけど、今回は翌日の移動を考慮してPorta Susaを選択。
1889年創業と歴史あるホテルで、部屋はシンプルだったけど清潔で、廊下やエントランスホールはなかなかおしゃれだし、スタッフも親切で居心地の良いホテルでした。

d0043369_18102291.jpg
d0043369_18103478.jpg

d0043369_18104865.jpg
d0043369_18105948.jpg
d0043369_1811415.jpg
d0043369_18111915.jpg


ここでたっぷり眠って翌日から動き回るわけですが、その話を更新するのはいつのことやら…。
[PR]
by s_fiorenzo | 2012-09-30 18:21 | 2012年SCUDETTOを祝う旅 | Comments(2)

2012年イタリアの旅

5/10~22までTORINO~MILANO~ROMAと行ってきました。
が、2008年の旅行がブログに全部載せられたのはついこないだのこと。今度の旅行レポがいつ完成するかは予定は未定なのですが、とりあえず目次的なものだけ作ってみました。

5/10(木)まさかのビジネスクラスで渡伊、そしてトリノへ
5/11(金)王宮行ったりお気に入りのレストラン行ったりトリノのチェントロをうろうろ
5/12(土)まさかのJUVENTUS STUDIUM TOUR遅刻
5/13(日)まさかのあの人に遭遇~2011/12シーズン最終節 JUVENTUSvsATALANTA観戦まさかのクルヴァ2列目~優勝パレード
5/14(月)まさかのスペルガ空振りからのあの人たちに遭遇
5/15(火)スペルガまさかのまた空振りからのヴェナリーア宮へ
5/16(水)まさかの三度目の正直のスペルガ
5/17(木)JUVENTUS MUSEUMまさかの開館初日に突撃からミラノへ移動
5/18(金)サン・シーロ行ったりおうちに帰ったり
5/19(土)新特急ITALOに乗ってローマへ
5/20(日)チケットもないのにまさかを期待してオリンピコへ行ったり、旧友と再会してBARで決勝を観戦
5/21(月)ちょっぴりグレードの高いエコノミークラスで帰国

…とまあこんな感じで遊んできたわけですが、書いた項目は色を変えるとか、リンク張るとか何か方法を考えるふりしながら思いつきで展開します予定です。気長にお待ちください。
[PR]
by s_fiorenzo | 2012-05-24 23:27 | 2012年SCUDETTOを祝う旅 | Comments(4)

NOI CREDEVAMO/われわれは信じていた

d0043369_002410.jpg
悠久の歴史を誇る長靴国、だが小さな都市国家がそれぞれ覇権を競う半島と二つの島が「統一」されたのは1861年、たった150年前のこと。統一といってもその段階では教皇の支配下のローマ、オーストリア支配下のヴェネツィア等の北東部までが含まれる本当の統一はそれから約10年を要する。

イタリアの街を歩いていると通りや広場の名前にやたらガリバルディ、カヴール、リソルジメントという言葉が使われているのに気がつくだろう。それらは19世紀初頭から約半世紀にわたって展開されたイタリア統一運動(リソルジメント)そのものの名前であり、中心となった人物たちの名前である。

d0043369_011180.jpg
一言に統一といっても王を中心とした国を作ろうとする者たち、民主主義を基本とした共和国を目指す者たちなど主張は一つではなかった。その中で後にイタリア王国初代首相となるカミッロ・カヴール、赤シャツ隊を率いて両シチリア王国をイタリア統一に導いたジュゼッペ・ガリバルディと並び「イタリア統一の三傑」と言われるジュゼッペ・マッツィーニが率いた政治結社「青年イタリア」に参加したシチリア出身の3人の青年を主人公に4つのエピソードを通してその地道な歩みが描かれていく。
d0043369_012549.jpg


d0043369_015119.jpg170分の壮大な歴史物語、とにかく重く、難解な映画だった。
主人公たちは架空の人物だが、一連の物語は基本的に史実に基づいており、運動のパトロンとなる公爵夫人クリスティーナ(Domo MezzanotteのFrancescaちゃん!)ら実在の人物も登場する。
統一運動があったことは何となく知っていても、地名に名前の残っているような有名人の名前しか知らないし、物語の時間的な進行とともに俳優さん変わってるし!寝ようと思えばいくらでも眠れそうな映画なのだが、必死でくらいついて頭とおしりがものすごく疲れたのでした。
ただ日本の歴史でも江戸から明治への転換期がおもしろいように、近代イタリア史もきちんと向き合ってみるときっと面白いのだと思う。


Domenico(da giovane):Edoardo Natoli
Domenico:Luigi Lo Cascio
Angelo(da giovane):Andrea Bosca
Angelo:Valerio Binasco
Salvatore:Luigi Pisani
Saverio:Michele Riondino
Francesco Crispi:Luca Zingaretti
Giuseppe Mazzini:Toni servillo
Cristina di Belgiojoso(da giovane):Francesca Inaudi
Cristina di Belgiojoso:Anna Bonaiuto

Regia:Mario Martone
2010,Italia,Francia
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-05-27 00:06 | FILM | Comments(0)

THE ITALIAN JOB:ミニミニ大作戦

d0043369_16291144.jpg先日イタかぶさんがすすめてくれたことだし、Kさんは “ミニミニ大作戦敢行中” だし、これはタイミングだねということで観ました、“ミニミニ大作戦:THE ITALIAN JOB”の元ネタの方 。伊題はUN COLPO ALL'ITALIANA、リメイク版は伊国でもTHE ITALIAN JOBのまま。

ユニオンジャックカラーの青・赤・白の3台のミニが大活躍するどろぼーさんのお話ということ以外ストーリーは全然違うので以下ネタばれ。
アルプスをバックにランボルギーニを飛ばすBeckerman(Rossano Brazzi)だが、ドライブ中にマフィアAltabani(Raf Vallone)によって葬儀が敢行される。彼が消されたのはTORINOで計画中のある仕事がAltabaniの怒りを買ったから。「イギリス人がイタリアで仕事をしようなんざぁ許さねぇ」
Beckermanの計画は出所したばかりのCharlie Croker(Michael Caine)に引き継がれる。ムショ内の大親分にして女王陛下を敬愛するMr. Bridger(Noel Coward)の協力を得て、計画を実行へ。当然かぎつけたAltabaniが立ちはだかるが「イギリスにいる25万人のイタリア人にMr.Bridgerがどう出るかな…」と引き下がらせる。
彼らの仕事とはイタリアを代表する企業FIATが中国に工場を建設するための前金400万ドル分の金塊が北京から届く。それをイギリスvsイタリアのサッカーの試合を応援するファンのふりしてイタリアへ入国し、イギリスの名車MINI、それも赤、青・白のユニオンジャックカラーにペイントしたMINIを使って強奪するというもの。交通システムを混乱させて街に大渋滞を引き起こし、その隙に強奪&脱出は成功するのか…

軽快なストーリーのベースにあるのが「イギリス対イタリア」の構図。イギリスギャングvsイタリアマフィア、FIATから金を奪うMINI、逃げるMINIvs追うALFAROMEO、そして使うのは500ではなくてMINI。
トリノ市内のいたる所を走り回るMINI、40年前の風景のはずなのに見覚えのあるあの広場、あの道、ポルティコの下、リンゴット、ポー川から下水道まで大活躍のMINIたちが超かわいい。CGのない時代のアイデアとそれを実現させる技がすばらしいです。
そして60年代のロンドン、マイケル・ケインはジャケ写の100倍おしゃれでかっこいい。これで終わり?のエンディングもシリーズを作りたかったんだなぁと許せる秀作です。
DVD特典映像のMINIとALFAのダンスもおすすめ。


Charlie Croker:Michael Caine
Mr. Bridger:Noel Coward
Professor Simon Peach:Benny Hill
Altabani:Raf Vallone
Freddie:Tony Beckley
Beckerman:Rossano Brazzi
Lorna:Maggie Blye

Director:Peter Collinson
Music:Quincy Jones
1969,England
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-09-23 16:47 | FILM | Comments(8)

トリノ・エジプト展@東京都美術館

秋ですね。
d0043369_0252977.jpg


ゲージツの秋ですから、こんなん行ってきました。
d0043369_0272288.jpg
水曜日の15:30頃行ったのに入場待ちって、どんだけエジプト好きの日本人いるの?と思ったら第3水曜日は65歳以上無料のシルバーデーだそうだ。
人は多かったけど、見ごたえありましたよ。特に彫像類。これをどうやって飛行機に乗せたんでしょみたいなのがどど~んと並んでました。
1点1点の展示物にデータだけでなく簡単な解説が書いてるからそれがどういうものなのかわかりやすく、またそれが見やすいように展示ケースの上下2箇所に貼ってあるから気が利いてる。予備知識のない人にもただ「すごいね」「きれいね」で終わらないよう、見せる側の熱意が感じられました。
説明が書いてなければ、看板左に出ている「アメン神とツタンカーメン王の像」の台座に刻まれた王の名前が別の王様の名前に変えられているとか、当時の宗教改革があったことすら知らないもんね。
愛読している “チェーザレ”第7巻に「歴史(ここではカノッサの屈辱)が書き換えられる」 話が出てくるけど、それより遥か昔にも歴史の書き換え行為は行われていて、それでもその行為は後にバレていて…と歴史ってちゃんと知るとおもしろい。
願わくば展示品のサイズも表示してあればよかったのになぁ…出品作品リストには載っているけど、会場の暗さじゃ読めないんだよね。

棺とか埋葬品の展示もありまして、いくつか人の形をした木棺が蓋と棺に分けて展示してあるんですが、その前でシルバーデー入場とおぼしきご婦人方が「これなら私も入れそうねぇ」と品定めしていらっしゃったり…。

2001年9月にTORINOの本家に行った時はミイラの間でちょっぴり怖いことがあったんだけど、今回はちゃんと包んであるミイラさんがお二人だけだったので大丈夫でした。
本家といえば、財団を作って大幅にテコ入れして以前よりものすごく良くなったって新聞に書いてあったっけ。今回の展示の仕方もライティング、赤を基調にした背景と展示物がきれいだったし。

週末からは同じ上野公園内でこんなの始まるし、ゲージツの秋だねぇ…。
d0043369_1315134.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2009-09-17 01:34 | ITALIA | Comments(4)

TORINO⑨ TORINO編最終回とおまけ(2001.9.30~10.1)

TORINO話の続き。
Ottantacinqueからの眺めはいつまでも見ていたい夕暮れの風景だったけど、さすがに陽が落ちてくると寒いので下りてきてまた街歩き。
d0043369_22244899.jpg
Palazzo Madamaの外周をうろうろ歩いて、Piazza San Carloへ戻ってきた頃には街の灯りもいい感じ。
d0043369_22354677.jpg

双子の教会といえばROMAのが有名だけど、TORINOにもある。広場からVia Romaへ向かって左がS.Cristina教会、右がS.Carlo教会。

ずいぶん時間がかかったけど、2001年TORINO編はやっとこれでおしまい。ふぅ…

d0043369_058034.jpg翌日は、3人がMILANOへ帰る私につきあってくれました。
“なんとかと煙” たちはDUOMOの屋上に上がって記念撮影♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-01-07 22:45 | 2001年MILANOの旅 | Comments(0)

TORINO⑦(2001.9.30)

Chiesa della Gran Madre di Dioはミサ中で中には入れなかったので、次。
山に登るのはしんどいね…と川へ。
d0043369_23311425.jpg

もう一度Ponte Vittorio Emanuele Iを渡って対岸へ戻り、ポー川から対岸の山:Monte dei Cappuccini(標高284m)とChiesa Santa Maria del Monteを望みます。
しばらく川っぺりで遊んだあと、次の目的地Mole Antonellianaへ。
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-08-17 23:38 | 2001年MILANOの旅 | Comments(2)

TORINO⑥(2001.9.30)

Ponte Vittorio Emanuele Iを渡った正面にあるのがChiesa della Gran Madre di Dio:グラン・マードレ・ディ・ディオ教会。ナポレオンが失墜して、サヴォイア家に王位が復帰した(1814年)のを記念して建立(1818~31年)。
d0043369_22374694.jpg

遠くから見た全景と近くまで来て見上げるのでは全然印象が変わります。
d0043369_22385428.jpg

毎度おなじみウィキペディアによると、ファザードに刻まれたORDO POPULUSQUE TAURINUS OB ADVENTUM REGISというのは“La città e i cittadini di Torino per il ritorno del re”という意味だそうな。なるほど。
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-08-16 22:44 | 2001年MILANOの旅 | Comments(0)

TORINO⑤(2001.9.30)

ネタが切れたら書きかけのシリーズを書け、自分。
前回から約半年の月日を経て、6年前の旅行記再開(予定)。

試合が土曜開催だったため、日曜日が丸ごとあきました。
まず午前中は試合に出なかった選手が練習してるんじゃないか…と一応コムナーレへ行ったものの、せっかく天気も良くなったし4人で行動していたグループ内にトリノデビューが私を含め2人いたので、町を観光しようとチェントロへ戻ってきました。

d0043369_2340283.jpg

Po川を渡ります。
地理を選択したら必ず習う「イタリアで一番長くて、流域に広がる平野では米作が盛んに行われている…」でおなじみのPo川ですね。
欄干を花で飾ったきれいな(外に垂らしている裏側から撮っているからいまいちネ)Ponte Vittorio Emanuele Iからシンプルな石造りのPonte Umberto Iを眺めます。
窓から外へ向けて花で飾るのがお約束みたいなイタリアでよく見かけたのが“ゼラニウム”、虫除け効果があるともいわれているから窓辺に飾ると一石二鳥なのかもしれないけど(しかも安くて丈夫でどんどん増えて長持ちな多年種)、日本でメジャーなのとはちと違う。葉も花も小さくて、茎も細くていい感じに伸びるからハンギングもOK。日本で時々見かける“アイビーゼラ”が近いのかな?
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-08-13 00:05 | 2001年MILANOの旅 | Comments(0)

TORINO④(2001.9.29)

楽しいまつりから一夜明けても試合は夜、それまではエジプト博物館へ行ってミイラに会ったりしながら時間をつぶす。
d0043369_18251871.jpgそしてついに、Stadio Delle Alpiデビューの時が来た!いつもTVで見てるのとおんなじだぁ。が、せっかくだからとクルバのチケットを取っていたのでカメラは持っていっておらず、写真はWikipediaさんからの借り物。ちょうどクルバから見たところのがありました。
対戦カードはこのシーズン最初のビッグマッチと言われた“JUVENTUS vs ROMA”。確かROMAは00/01シーズンのスクデットをつけてたんじゃなかったけかな?マフラー巻いて、跳びはねる、歌う、叫ぶをくりかえしたものの、この日の小雨混じりで9月末とは思えない寒さと同じようなお寒い内容で負けました。重い足取りで帰ると、そうでなくても遠いDelle Alpiがさらに遠く感じるのはなぜかしらん?
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-12-15 18:38 | 2001年MILANOの旅 | Comments(0)