イオカード

昔むかし、SUICAだのPASMOだの交通系ICカードが出回る前の話じゃ。
JRにはイオカードというプリペイドカードがあってな。
当時、こんな顔ぶれがJ1にいたのじゃ。
彼らのうち何人がJ1に残っているかというと…というか、とび丸が!!
d0043369_21482147.jpg

[PR]
# by s_fiorenzo | 2014-01-24 21:52 | CALCIO | Comments(0)

新年のご挨拶

d0043369_17385968.jpg


みなさん、あけましておめでとうございます。
旧年中はますます緩くなった更新にもかかわらずお付き合いいただきありがとうございました。
すっかり忘れてたけど、恒例のクリスマスツリーもちゃんと写真撮ってあったんですよ、写真だけはね。でも気付いたら年末になってました。。。

d0043369_17333014.jpg


2014年はですね~、いろいろ変えたいです。何を?と聞かれると何も決めてませんが…。
変わらないのは振り返ったとき「あ~おもしろかった♪」と思えることをたくさんやりたいなと。そのためにも、引き続きみなさまからのパワーチャージに期待しております。はい、他力本願です。
2014年もよろしくお願いします。
Felice anno nuovo 2014!!
[PR]
# by s_fiorenzo | 2014-01-01 00:00 | DIARIO | Comments(0)

I MIGLIORI 10 DEI FILM 2013

今年は観た映画をちゃんとメモしておいた(ホントは一作品ずつ以前のように取り上げたかったけど追いつかない)から、映画クラスタもすなる年間ベスト10といふものを、らびたえもしてみむとてするなり。

観た映画の中でハズレと思う作品は今年は1本もなく、まず上位に持ってきたのが全13本。そこから悩みまくって無理やり理由づけして削ったのは次の3本。

まず『ブルーノのしあわせガイド(Scialla!)』。これは大好き、すご~く好き!でもロードショーは今年だったけど、去年のイタリア映画祭でとても気に入った作品で、選考に今年のイタリア映画祭参加作品を入れているということは、この作品は去年のベスト10に入れるべきという観点ではずしました。

次が『モンスターズ・ユニバーシティ(Monsters University)』。これもすご~く好き!でも字幕版を観られなくて、オリジナル言語の雰囲気を味わいたい欲を満たせなかったということで次点へ。

最後は『愛しのフリーダ~ザ・ビートルズと過ごした11年間~Good Ol Freda)』。これはBEATLES好きの人、音楽好きの人、特に音楽関係の仕事に携わる人に是非観て欲しい作品で、内容には愛が溢れているのだけど、インタビューが中心の構成なので「媒体が映画でなくてもよかったかもしれない」と一瞬思ってしまったので次点へ。

ベスト10の順位は“今の気分”に左右されるところが大きいと思うし、敢えて順位をつけるなら…程度なので理由づけはなしで。ただ、こうやって改めてリストを見てみると、明るい未来につながる予感がするストーリー、映画ならではのメリットを活かした映像、自分の周りとは全く違う世界、演技や物語のすばらしさ…といったところが作品を気に入るポイントなのは一貫して変わってないなと自覚する次第です。

1. ワイルド・スピード EURO MISSION(FAST & FURIOUS 6)
2. パシフィック・リム (PACIFIC RIM)
3. ゼロ・グラビティ(GRAVITY)
4. 孤独な天使たち(IO E TE)
5. 天使の分け前(THE ANGELS' SHARE)
6. アルゴ (ARGO)
7. 鑑定士と顔のない依頼人(LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER)
8. レ・ミゼラブル (Les Misérables)
9. ある愛へと続く旅(VENUTO AL MONDO)
10.世界にひとつのプレイ・ブック (SILVER LININGS PLAYBOOK)

ということで、来年もサービスデー、ポイント、招待…etc.工夫しつつたくさん観られるようにがんばろーっと。お付き合い、ありがとうございました。
[PR]
# by s_fiorenzo | 2013-12-28 23:18 | FILM | Comments(0)

FILM 2013 

2013年に観た映画です(■はイタリア映画)。TVもレンタルも含めて全部リストアップしたつもり。
年内あと1本は観たいけど、どうかな…

ゼロ・グラビティ(GRAVITY)
鑑定士と顔のない依頼人(LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER)
愛しのフリーダ~ザ・ビートルズと過ごした11年間~(Good Ol Freda)
□TOY STORY
パシフィック・リム (Pacific Rim)おかわり
ある愛へと続く旅(Venuto al mondo)
孤独な天使たちIo e teおかわり
■ぼくは怖くない(Io non ho paura)
ウルヴァリン:SAMURAI(The Wolverine)
スーサイド・ショップ(Le Magasin des Suicides)
□ネバーエンディングストーリー (Die unendliche Geschichte / The Neverending Story)
パシフィック・リム (Pacific Rim)
モンスターズ・ユニバーシティ(Monsters University)
□モンスターズ・インク (Monsters, Inc.)
□バル…天空の城ラピュタ
ハートの問題 (Questione di cuore)
もうひとつの世界 (Fuori dal mondo)
ワイルド・スピード EURO MISSION(FAST & FURIOUS 6)
最後のキス (L'ultimo bacio)
□ワイルド・スピード MEGA MAX(Fast Five)
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命(The place beyond the pines) 
天使の分け前(The angels' share)
ブルーノのしあわせガイドScialla!
孤独な天使たちIo e te
■綱渡り(Gli equilibristi)
■日常のはざま(L'Intervallo)
■赤鉛筆、青鉛筆(Il rosso e il blu)
■来る日も来る日も(Tutti i santi giorni)
■家への帰り道で(Sulla strada di casa)
■ふたりの特別な一日(Un giorno speciale)
■家の主たち(Padroni di casa)
フォンターナ広場 イタリアの陰謀(Romanzo di una strage)
■素晴らしき存在(Magnifica Presenza)
■リアリティー(Reality)
□美女と野獣
ドライヴ (Drive)
アルゴ (Argo)
世界にひとつのプレイ・ブック (Silver linings playbook)
□ダイ・ハード ラスト・デイ
塀の中のジュリアス・シーザー (Cesare deve morire)
□ライフ・オブ・パイ
俺たちサボテン・アミーゴ(Casa de mi padre)
レ・ミゼラブル (Les Misérables)
[PR]
# by s_fiorenzo | 2013-12-24 11:59 | FILM | Comments(4)

2005/06シーズン JUVENTUSホームゲームチケット

d0043369_22272954.jpg

ちゃんと保管しておかなかったのが悔やまれる2005/06シーズンのDerby d'Italiaのチケット。
この頃からチケットが記名制になった…とはいえ手書きww。とってくれたトリノ在住の方が適当な日本人の名前で買って、当日、スタジアムの窓口で名義変更の手続きをするのだけど、この手続きがまたイタリアらしい仕事でなかなか捗らなかったり、イタリアらしい仕事でキックオフに間に合うように入場できたり、電車がなくなってミラノに帰れなくなった学生さんを助けたり…と試合そのものより、その前後にいろんな思い出のある試合でした。

[PR]
# by s_fiorenzo | 2013-09-23 22:30 | 2005 ITALIA | Comments(0)

2001/02シーズン JUVENTUSホームゲームチケット

d0043369_23443592.jpg

初めてのトリノ、初めてのスタディオ・デッレ・アルピ、初めての生敗戦…etc.
2001年9月だから、まだデッレ・アルピだった時代のトリノでの初観戦はクルヴァデビューだった。
席にはカラーセロハンが配られていてコレオの一角を担ったり、日本人女性のグループが物珍しかったのか周りのガチなティフォージの強面のにいさんたちにもいろいろ親切にしてもらったっけ。
今では改装されてユヴェントス・スタジアムになり、家族連れが増えて、クルヴァでもノルドには赤ちゃん連れた人もいるくらいのどかになりましたねぇ…

d0043369_12264957.jpg

左はこのシーズンに移籍してきたばかりのパヴェル・ネドヴェド選手とのツーショット、右はクルヴァの自席から見たピッチ。
今では考えられないけど、この頃のパヴェルはそんなにファンが集まる選手ではなくて、サインや写真をお願いに行ったら「え、ボク?」みたいな反応が印象的でしたね~
[PR]
# by s_fiorenzo | 2013-08-25 12:34 | 2001年MILANOの旅 | Comments(0)

イタリア代表戦(2002年ワールドカップ予選)チケット

d0043369_2118121.jpg

初めてのパルマ、初めてのスタディオ・エンニオ・タルディーニ、初めてのイタリア代表戦、初めての生ぴっぽ♡…etc.
拙いイタリア語で「だいひょうせんにいきたいです。チケットをかっておいてください。」とホテルにFAXを送って取ってもらったチケット。
この日のことは今でも、朝、家を出た時からくっきり覚えてるほど楽しい1日だった。。。
[PR]
# by s_fiorenzo | 2013-08-18 21:25 | CALCIO | Comments(2)

Via Marghera 33,Milano,ITALIA

2001年のミラノ滞在時にはM1線のDE ANGELI(デ・アンジェリ)駅から南に数分歩いたところに住んでいたから、駅の周辺とかをよく散歩したし、帰国後もミラノへ行く度に必ずDE ANGELIには足を運んでいる大切な思い出いっぱいの場所。
比較的チェントロに近いとはいえ郊外の住宅地のこの街のVia Marghera(マルゲラ通り)33番地に、やたら人だかりのする店が1軒あって、そこが「ミラノでいちばんおいしいジェラテリアだ」と言う人も多数いるGelateria Marghera。隣のWAGNER(ワグネル)駅との中間にあったから、WAGNERで降りてジェラート買って、食べながら帰る…とかよくやったなぁ♪

そんな懐かしいお店がなぜか東京に出店!
d0043369_0505734.jpg

d0043369_0571689.jpg
いちばん好きなピスタチオが食べたかったけどなかったからノッチョーラとカッサータの2種盛りにしました~。お値段が日本価格なのと、最近あまり行く機会のない麻布十番…というのがネックだけど、おいしいからまた行っちゃうな、きっと。
あ、JCG総会前に寄ろうかな…という方は、歩くのもままならない程の人出のお祭りの日と重なるから早めの行動がオススメです( ̄▽ ̄)
[PR]
# by s_fiorenzo | 2013-07-28 01:02 | ITALIA | Comments(0)

レオ・レオニ 絵本のしごと:LEO LIONNI BOOK! ART! BOOK!

d0043369_13425623.jpg
絵本でおなじみレオ・レオニさんの展覧会へ。
オランダ生まれの彼は14歳でイタリアに移住したものの、ユダヤ人迫害を逃れてアメリカへ亡命、それでも絵本作家となった後はトスカーナへ戻りそこで生涯を終える…とイタリアとも馴染みの深い方でした。
子供の頃から知っている数々の名作の原画はもちろん、出版された本を手に取って見ることもできるし、絵本好きにはたまらない展覧会でした。

夏休みに入って子供連れで混んでるけど、なかなかみなさんおとなしくいい子で見てましたね(^-^)
そんな中、チケット購入の列で前に並んでたある家族連れ。
財布を持ったお母さん(当然のように)「パパはそのへんで待ってるわよね?」
お父さん(驚いた顔で)「え!? う、うん…」
幼稚園くらいのムスメ (お父さんにすがりついて)「パパもいっしょにみようよ~!パパとみたい~~」
お母さん「大人1枚」
…お父さん、かわいそぅ(´;ω;`)
[PR]
# by s_fiorenzo | 2013-07-27 13:51 | DIARIO | Comments(0)

勝ち点げっとだぜ♪

今まで何度も生観戦に行っていて、そういえば意外と悔しい思い引きずって帰った記憶が少ないなぁということに気がついて、じゃあ応援目的で行った試合結果をまとめてみよう!というのがこちらの表。
*Glorie Azzureの勝ち点が1のところ3にしてしまったので、総計52ですな(^_^;)

d0043369_21255967.jpg


まぁ強いチームを応援してるからと言ってしまえばそれまでだけど、27試合で17勝4敗6分なら、なかなかのものでしょう♪
勝率6割3分、親善試合等も通常通りの勝ち点を得たとすると平均獲得勝ち点1.9点、勝ち点ゲット率(があるなら)85%!
ついでに言うと27試合中、完全に雨に降られた試合は1試合のみ、あとは雨が降っていても試合時間には止むか雨具の必要のない程度というのが数試合と、晴れ女率もかなりのもんです。
今後この数字がどう推移するのか、気が向いたらまた計算してみます
[PR]
# by s_fiorenzo | 2013-07-15 21:30 | CALCIO | Comments(0)