CLORO/スイミングプールの少女

何年か前までは、1本ずつ記録っぽいことを書いていたんだよねぇ…と今年のイタリア映画祭のカタログを眺めつつ、写真を眺めつつしてたら、たまには書いてみようかなというキモチになり、映画祭で観た11本のうち最初の1本をご紹介。

d0043369_2348147.jpg

ランベルト・サンフェリーチェ監督のデビュー作。
母が亡くなり、心を病んで失職した父と、小学生の弟の面倒を見ざるを得なくなった17歳の少女。ローマ近郊のオスティアでシンクロの選手を目指し有望だった彼女が、諦めきれない夢と過酷な現実に翻弄される…。
主役のジェンニを演じたサラ・セッラヨッコSara Serraioccoはきれいだし、難しい役をよく演じているのだけど、大人の身勝手さばかり目について(そうはいってもジェンニにも身勝手さはあるのだがともかく)、ちょっと苦手なストーリーだったなぁ。
水面の上の華麗さに対して激しく動く水面下が対照的なシンクロナイズド・スイミングが、強くあろうとしながら葛藤にもがくジャンニの心を象徴しているようで切ない。
d0043369_23503911.jpg


Sara Serraiocco:Jenny
Andrea Vergoni:Alfio(父)
Anatol Sassi:Fabrizio(弟)
Giorgio Colangeli:Tondino(アブルッツォの伯父さん)
Ivan Franek:Ivan(ホテルの管理人)
Lamberto Sanfelice:Regista

2015, Italia
[PR]
# by s_fiorenzo | 2015-08-20 00:03 | FILM | Comments(0)

10° anniversario

なんだかよくわからないけど、面白そうだからやってみようかな…と軽い気持ちで始めたのが2005年5月7日。そう、実はちょっと前に密やかになんとらびたえ10周年!
近頃ではトップに広告表示が付いたを見つけると慌ててログインして消したり、観た映画の記録でお茶を濁したりとすっかり青息吐息感を漂わせてますが、どうにかこうにか続けています。
そんな状況にも関わらず日々の閲覧数が0になることもなく、毎日どなたかがこの辺境ブログをのぞきに来てくださっていて、中の人だけが見られるカウンターを確認してはにんまりしているのです。

もとより世の中の誰かに情報を発信してどうにかしようなんてキモチはさらさらなくて、自分の毎日を楽しませてくれた物事を忘れないように自分のために記録しつつ、近況報告がわりになればいいかなと始めた『らびたえ』ですが、10年の間にはこのブログを通じて国内外を問わず想像以上にたくさんの方とつながることができました。
その中には、実際にお目にかかることが叶った方も何人もいらっしゃいますし、元からの友人には知られていなかったヒミツの一面を知られて驚かれたり、早く言ってよと言われたり、はたまたSNSで知り合った方が『らびたえ』をご存知でびっくりしたりと、うれしい驚きをたくさんもたらせてくれました。
ここらでどーーんと “10周年記念愛読者様プレゼント” なんてやっちゃうといいのかもしれないけど、多少なりとも『らびたえ』の傾向に気づいている方はそんなこと出来るわけないっておわかりですねw。感謝の気持ちをお伝えするためにせめて気の利いた言葉を…って思いつきそうにもないこともおわかりですね。
だから「ありがとう」と心から言わせていただきます。

私自身はどうかというと、この10年…相変わらずイタリアばかで、サッカーをはじめとした好きなものは変わっていないけれど、ちょっとばかりcosì cosìだったりconfusioneでもあったり、それでもとりあえず元気です(*^^)v
そうそう、この春はちょっとばかり偶然がいくつかありまして!
同じような時期にブログをやっていても、それぞれ時間の経過とともに生活が変化していくのは当たり前のことで、いつの間にか更新が途絶えてしまったり、活動場所が変わったりするわけですが、すっかりブログからは遠ざかって交流がなくなってしまったAさんのお名前を仕事上でお見かけしたり、久しぶりにちゃんと書いた記事を読んでくださったこれまたお久しぶりのBさんがコメントをくださったり、Cさんとは生活圏が近くなったことが判明した途端にばったり再会したりと、ブログつながりの方々に何かとご縁があるのですよ。これはきっと、ゆる~い更新でも続けなさいよというブログの神様の思し召しなのでしょう。
というわけで、『らびたえ』11年目にすでに突入済みです。今後ともよろしくお願いしますヾ( ^ω^)ノ
[PR]
# by s_fiorenzo | 2015-05-25 00:16 | DIARIO | Comments(0)

TRASH!:トラッシュ!-この街が輝く日まで-

d0043369_1545573.jpg

「お、マーティン・シーンが出てる」と軽い気持ちで観に行ったら、とっても良かった作品『トラッシュ!』。今年の1本目くらいはちゃんと書く。

スラムに住み、ゴミ山をあさって元締めからわずかな金を受け取って暮らす少年ラファエルが、ある日ひとつの財布を拾ったことからとんでもないことに巻き込まれてしまう。
ラファエル、親友のガルド、彼らよりも更に危ない橋を渡って過酷な環境に暮らすラット。3人の少年は決して「いい子」でも正義感のかたまりでもなく、常識的に見たら悪事とされることまで平然とやってのけるのだが、財布の秘密を探るうちに「人としての正しいこと」に突き動かされて、命懸けの謎解きに挑んでいく。
ハラハラドキドキ感、謎解きといったストーリー展開の面白さもさることながら、14歳という子どもと大人の境目にいる少年たちが、否応なしに大人の嫌な面を感じ取りながら大人になっていく過程を丁寧に暖かく描いているな~と思ったら、監督のステファン・ダルドリーって『リトル・ダンサー』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』の監督さんじゃないの。どっちも大好きな作品だわ、さもありなん…って、いいかげん人の名前ちゃんと覚えないと( ̄▽ ̄;)
少年3人はどの子もかわいらしく、小憎ったらしく、躍動感溢れる魅力的なキャラクターなのだけど、ピアに出会ってからのラットがジェントルマンでほのぼのしますよ~


Raphael:Rickson Teves
Gardo:Eduardo Luis
Rato:Gabriel Weinstein
Padre Juilliard:Martin Sheen
Olivia:Rooney Mara
José Angelo:Wagner Moura
Pia Angelo Maria Eduarda
Federico:Selton Mello

Directer:Stephen Daldry
2014,USA
[PR]
# by s_fiorenzo | 2015-02-08 15:13 | FILM | Comments(0)

LIGABUE Mondovisione Tour In Japan (2015.2.3@CLUB PHASE)

d0043369_1132757.jpg

デビュー25周年にして、つ!い!に!! LIGAことLIGABUEが初来日を果たしてくれた!
40代、50代、60代のアーティストが世代を超えたファンに支持されてヒットチャートの上位を占めるという、日本とはちょっと違ったイタリアのポップス界において、第一線で活躍する代表的なロック系シンガー・ソングライターのひとりで、15周年の時は飛行場でやったライヴに18万人も集めてしまったり、サン・シーロだの、ローマのスタジオ・オリンピコなんかもSOLD OUTにしてしまう大スターが、あのLIGABUEがキャパ300人のCLUB PHASEでやってくれるだなんて、こんな貴重すぎるライヴを日本で、東京でやってくれるだなんて、何が何でも見逃すわけにはいかない。
簡単に例えるなら、稲葉浩志さんがライヴハウスで1日だけやってくれるみたいなもんだとでも言えば伝わるだろうか。本国のファンが知ったら相当羨ましがるか悔しがるに違いない。

d0043369_1151924.jpg


d0043369_1161599.jpg

時々「客が入りきらないから前に詰めて」のアナウンスが日本語とイタリア語で入るほど、ぎゅうぎゅうのフロアは日本人とイタリア人のファンが半々くらいといったところか。ANSAの記事は約500人のファンの大半が日本人…と書いてたけど、それはさすがに盛り過ぎw。

d0043369_1165088.jpg

"I 6 samurai che aspettano il settimo per partire per Tokyo" と言っていたのが2/1の夕方、それから2日後、ステージから10mくらいの位置をキープして、ドキドキワクワクしながら待ってる。
周りからもみんなソワソワしてウキウキしてる空気が伝わってくる。
後ろに立ってるイタリア人の男の子は友だちに電話で自慢してるし。

約10分押しでLIGAとバンドメンバーが登場。“Il sale della terra”で始まり、2曲演って、はにかんだ顔で日本語でMCをしてくれた。おっさん、かわいいぞ。
その後はほとんどMCなしなんだけど、気づいたらあんまり給水しないんだよね。普段、給水どころか給酒するヴォーカリスト見慣れてるからねぇ~。あんなパワフルに歌うのに、どうなってるんだろ…

イタリアのアーティストのライヴで、客がみんな大声でフルコーラス歌って、写真やビデオ撮りまくりなのは、今までにDVDとかで観ているから驚かなかったけど、意外だったのは曲終わりにアーティストが客に言うだけでなく、アーティストに向かって「Grazie!」と叫ぶ人が多かったこと。確かに、あんなパフォーマンス観せられたらお礼言いたくなるね。

そんなこんなで、アンコールを含めて20曲、約2時間をもうちょっとで手が届くくらいの距離で堪能したLIGABUEは本当にすばらしかった。ベテランが精力的に活動して、それが幅広い世代に受け入れられるイタリア音楽界の成熟した文化が改めて素敵だと思った。
が、残念だったのは物販がなかったこと。『MONDOVISIONE』のCDとツアーTシャツ買って、出待ちしてサインもらおうとペンの用意までして行ったのに。
スタッフが足りないなら昔とったなんちゃらでお手伝いしましたのに(ライヴは観せてね)。

ファンとしては今回のライヴは、内容はもちろん、念願の初来日公演を、“あのLIGAがライヴハウスで”というプレミア付きで楽しめて大満足だったけど、LIGAサイド、主催者サイドではどうだったのか非常に気になるところ。
願わくはLIGAの感触的にも、興行的にも「合格」であって、また来日公演を企画して欲しいな~。日本人のファンもみんな曲知ってて、楽しそうに一緒に歌ってるのステージから見えたでしょ?
ついでにアーティスト仲間にも「日本で演るの、なかなかいいよ」って勧めてくれないかしら…。

そうそう、もうひとつ意外ネタがあったんだった。全編終わって撤収作業にかかったスタッフが、まずセトリを全部剥がして前の方に残ってる客に配ってくれてた。運良く手にした方が、みんなに見えるようにしてくださったからやさしさのおすそ分け。

1. IL SALE DELLA TERRA
2. I RAGAZZI SONO IN GIRO

parlato

3. HO MESSO VIA
4. ERI BELLISSIMA
5. QUELLA CHE NON SEI
6. TI SENTO
7. UNA VITA DA MEDIANO
8. IL MURO DEL SUONO
9. MARLON BRANDO E` SEMPRE LUI
10. SOGNI DI ROCK'N'ROLL
11. TU SEI LEI
12. VIVO MORTO O X
13. URLANDO CONTRO IL CIELO
14. VIVA
15. CERTE NOTTI
16. BALLIAMO SUL MONDO
17. TRA PALCO E REALTA`

BIS
18. QUESTA E` LA MIA VITA
19. PICCOLA STELLA SENZA CIELO

Presentazione Band + parlato
20. CON LA SCUSA DEL R'N'R

d0043369_1413728.jpg

[PR]
# by s_fiorenzo | 2015-02-06 01:30 | MUSICA | Comments(2)

FILM 2014

昨年同様に観た映画をTV,DVDetc.含めてリストアップ(■はイタリア映画)。
今年は何本観られるかな(*∩∀∩*)ワクワク♪

…と始めた2014年に観た映画の一覧、今年のらびたえはこれだけかいっ!という声はスルーしつつ、残り10日あまりで観たい作品2本、もう一度観たい作品1本をどうクリアするかが解決したら、個々の映画について書くかもしれないし、ベスト10的なことをするかもしれない…けど多分できないw。

今年はゴーン・ガールで観納め。劇場で見たのが31本、いっぱい観たな~


ゴーン・ガール(GONE GIRL)
d0043369_236193.jpg



インターステラー(Interstellar)
d0043369_22594373.jpg



ホビット 決戦のゆくえ (The Hobbit: The Battle of the Five Armies)
d0043369_11203344.jpg


□パシフィック・リム (Pacific Rim)おかわり


ドラキュラ ZERO (Dracula Untold)
d0043369_026361.jpg



悪童日記 (Le Grand Cahier)
d0043369_12414867.jpg



ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (Guardians of the Galaxy)
d0043369_12185831.jpg



宇宙兄弟#0
d0043369_9455979.jpg



トランスフォーマー / ロスト・エイジ (Transformers: Age of Extinction)
d0043369_238937.jpg



□トランスフォーマー / ダークサイド・ムーン (Transformers: Dark of the Moon)
d0043369_123229.jpg



□トランスフォーマー / リベンジ (Transformers: Revenge of the Fallen)
d0043369_0591572.jpg



□トランスフォーマー (Transformers)
d0043369_053436.jpg



GODZILLA:ゴジラ
d0043369_047194.jpg


More
[PR]
# by s_fiorenzo | 2014-12-31 23:09 | FILM | Comments(0)

ベガルタ仙台20周年記念試合 ベガルタ仙台OB vs ユヴェントス レジェンズ(2014.8.17)

ベガルタ仙台のクラブ創立20周年記念試合の対戦相手が“ユヴェントス レジェンズ”ということで、仙台行ってきました!

七夕まつりはその1週間前だったけど、ホテルのロビーにはまだきれいな飾りつけが♪
d0043369_23332714.jpg


行きの新幹線の中から話題は「牛たん」オンリーで、到着して荷物を預けたらまずは腹ごしらえ。
晩ごはんも牛たんでいいかも…と思うくらいおいしくいただきました。
焼いたのだけでなくいろいろ食べたいから、ほかにタンシチューとタンスモーク入りのサラダと、テールスープの定食を平らげてきました。

d0043369_23342780.jpg


おなかいっぱいになったところで、やっぱり正宗公にはごあいさつに行かないとね♪

d0043369_23365273.jpg


d0043369_2337683.jpg


正宗公の目線の先には仙台の街が広がってて、海まで見渡せるんだけど、あの日どんな想いでこの景色を見てたんだろうと思うと胸がきゅうっとなったよ…。

d0043369_23375173.jpg


名物ずんだ餡たっぷりのお団子とか、海鮮丼とか、朝からおすすめされたお店の抹茶ババロア平らげたり…

d0043369_2340245.jpg


スキラッチが大人メガネ使ってるの知ったり、ペッソットが超やさしかったり…

d0043369_23405726.jpg


d0043369_2341628.jpg


さて、ユアテックスタジアムで行われた肝心の試合、来日メンバーの約半分くらいしか現役時代を知ってる選手はいなくて、しかもその人たちも随分大人っぽくなってるし、パンフとか告知関係も現役時代の写真ばかり使ってる上に、白地に黄色じゃ背番号も名前もわかりにくいのよ~~(´;ω;`)

d0043369_23415813.jpg


d0043369_23421487.jpg


d0043369_23422578.jpg


d0043369_23423684.jpg


d0043369_23431337.jpg


そんな中、ボネッティ選手はずっとパンツの裾が気になる様子で、ついにはその裾、中のパンツにはさんでるよね?まぁ、昔はサッカーユニのパンツって短くてぴたぴただったもんね…

d0043369_23434790.jpg


みなさん、おじさまになって動きこそ遅くなってるものの、一度身につけた足元の技術は衰えないということを随所で見せつけつつ、極めつけは今回の目玉的存在のダービッツは、さすがに去年まで現役でいただけあって動きが違う( ̄▽ ̄;)。

d0043369_23441487.jpg


仙台がメンバー総取っ替えできるほど人材豊富なのに対し、JUVE側は交代要員がキーパーを含めて4名というOB世代の親善マッチにしては心配になるほど過酷な状態の中、4-4の同点で迎えた後半のロスタイムに、その少し前に交代で入った通訳の矢野大輔さんがまさかの決勝ゴールを決めて4-5でJUVEが勝ちました~めでたしめでたし。

d0043369_23445772.jpg


ちなみに、この背番号も名前も見づらい14/15シーズンのユニですが、世界的に評判が悪かったみたいで、こちらもめでたくシーズン開幕直前に白地に黒に変更になりました。
ユアスタは中心地からのアクセスもいいし、見やすいサッカー専用スタジアムでとても気に入りました。いつもいっぱいになるの、わかるわ~。また、ベガルタのスタッフの方も、何度か問い合わせの電話をかけさせていただいたけど、その都度親切に対応してくださってありがとうございました。
また牛タン&ずんだ食べに仙台行かなくちゃ!
[PR]
# by s_fiorenzo | 2014-09-05 23:55 | CALCIO | Comments(0)

I FUOCHI ARTIFICIALE:2014年第36回足立の花火

2011年から高校時代の仲間で観に行っている足立の花火、去年は第35回ということで通常の7月開催に戻り、打ち上げ規模も大きくなっていたのだけど、なぜからびたえには記載がない…。そう、更新が緩すぎてぼやぼやしてるうちに、今年の第36回が開催されてしまったのだった(^^ゞ

天気予報では夕方から雨、ところにより激しい雷雨。が、朝の段階で「基本的に雨天決行」の連絡もきたことだし、まずは恒例の花火前の飲み会を開催。そして、予報通り降り出した雨は飲んでいるうちに次第に雨脚が強くなり、花火会場の土手まで歩くと傘を差していてもかなりびしょ濡れ。
軟弱者担当の私とMちゃんは「今年は諦めてもいいよね~」「予約時間前だけど中華食べに行こうよ~」と最後尾でぶつぶつ唱えるものの、先頭を行くのが冬山単独登山をやってのける健脚Tちゃんなもんだから、ずんずん進んじゃってそうこうするうちに土手に到着。
でも、実際に間近で音を聞いて見てしまうともう一気にテンション上がっちゃうし、土手にも上がっちゃう。
というわけで、今年もじもてぃNちゃんの名アテンドで打ち上げポイントほぼ正面から、視界いっぱいに広がる花火を堪能したのでした。

d0043369_1663984.jpg

d0043369_167535.jpg
d0043369_1665076.jpg

d0043369_1671867.jpg

d0043369_1673123.jpg
d0043369_167392.jpg
d0043369_1675831.jpg


来年もみんなで観に行こうね♪
あ、翌日の新幹線、ちゃんと間に合ったからw!
[PR]
# by s_fiorenzo | 2014-07-28 22:00 | DIARIO | Comments(2)

BLUE IMPULSE

5月31日の国立競技場でのファイナルイベントにブルーインパルスが飛ぶ予定なんですが、そのテスト飛行が今日あるっていうのを昼頃知り、その時間に割と近い場所にいるんだから見たいな~!入間から来るってことは多分競技場の縦長のラインを北から南かな、あの辺りで広くて建物に邪魔されない場所…そうだ、明治公園だ!ってことで行ってきました~。

d0043369_214896.jpg17時20分に入間をテイクオフと聞いていたので17時すぎに公園に着くと、既にTV中継クルーとかなりの人数の立派なカメラを持った人たち…。
スマホとコンデジじゃ肩身狭いな…と思いながらも、左の広場の島みたいなところの木陰をキープして待っていると、続々と人が集まってくる。
そうこうするうちに編隊を組んだブルーインパルスが来た!!と思ったら上空でスモークを出して、あっという間に南へ消えた~。
それまでカメラを持った人たちは島か島の南側で飛んでくるのを待っていたのだけど、一斉にだーっと島より北側のスペースへ大移動。なるほど、戻ってくるのはそうやって撮るんですね(^_^;)

二往復しっかり見られたし、編隊を組み替えるところもバッチリ見たし、とにかく初めて生で見たブルーインパルスは本当に美しくてかっこよくて、最初に視界にふっと現れて真上を飛んでいく姿を目の当たりにすると鳥肌が立ちました。
周りの撮り慣れてる人たちの話では、街中を飛ぶだけあって航空ショーの時とかよりずいぶんゆっくり飛んでいたそうな。そのおかげもあってか、どうにか写真も撮れてよかった、よかった♪
d0043369_20549.jpg
d0043369_201990.jpg
d0043369_203426.jpg
d0043369_204545.jpg
d0043369_205433.jpg

[PR]
# by s_fiorenzo | 2014-05-31 02:03 | DIARIO | Comments(2)

東日本伝統工芸展&日本伝統工芸染織展

d0043369_2145135.jpg
学生時代のおともだちが出品しているご縁で、日本の伝統工芸を観に行きました。
道具から、衣類から生まれた技術が、それが芸術品の域まで発展し、同時に(ぜいたくだけど)いまの日常生活に使えそうな品々がどれもこれも素敵で美しくて、うっとりしてきましたん♡

d0043369_21452899.jpg
そんな中でも染織品に特化した展覧会もありまして、こんなん見ちゃうと着物を着る習慣のある人がうらやましいったらありゃしない。

展覧会ではないけど伝統工芸つながりでいうと、青山一丁目にある伝統工芸青山スクエアでも全国のいろいろな工芸品が見れてなかなか楽しいですよ。
海外の日本贔屓のおともだちへのお土産を探しに行ったり、観光案内の一環でお連れしたりで便利だし。
[PR]
# by s_fiorenzo | 2014-05-14 22:21 | DIARIO | Comments(0)

2002 FIFAワールドカップチケット

部屋を片付けてるといろんなとこからいろんなものが出てくるシリーズ。
この時は抽選に当たったブログつながりの静岡の方が誘ってくださって観戦がかなった試合でした。現地に行ってからは、これまたブログつながりの札幌在住の方がいろいろ案内してくださって、楽しかったなぁ♪
またいつか日本でワールドカップが開催できたらステキだな~~ヽ(*´∀`)ノ
d0043369_22122386.jpg

[PR]
# by s_fiorenzo | 2014-01-24 22:14 | CALCIO | Comments(0)