旅行2日目にして台北初日① (2016.9.28)

思わぬ香港行きのせいで、2泊3日の旅行の1日目が丸ごとなくなり、2日目の朝にしてやっと台北にたどり着いた私たち。遅れを取り戻すべく、ホテルに荷物を置くと街へ繰り出します。
d0043369_203434100.jpg

本当は台北だけでなく、そこから日帰りで行ける九份や淡水といった街へも散策に行くつもりでしたが、台風翌日の、看板や建物の外壁パネルが落ち、南国の暖かい気候に大きく育った街路樹が根こそぎ倒れてるという街の荒れっぷりを目の当たりにして、都心でこの状態なのに遠出をするのは情報がないし不安だね…ということで今回は見送り、食べることに専念することとなり…。

小籠包!とにかく小籠包を食べよう!!とYちゃんの台北在住経験のある友達がすすめてくれた杭州小籠湯包へ向かう…がなぜか休業。でももう小籠包のことしか考えられない私たちは、角を曲がったところに小籠湯包の看板を掲げたお店がもう1軒あったから迷わずそこへ。
「台湾行ったらヘチマの小籠包を食べておいで」と勧められていたのだけど、盛園絲瓜小籠湯包
というこのお店、後から調べたらヘチマの小籠包で有名なお店でした。厨房の中が見えるようになっているからのぞきに行くと、もんのすごい速さで点心を包んでいるのが見えます。わくわく♪
d0043369_20383919.jpg

テーブルに着くと、お茶と一緒に小さな紙コップに入った黒芝麻糊という黒ゴマの風味の甘いどろっとした液体が出されて、お通し的なものかしらと思って料理が来る前に飲み干しちゃったけど、あれはデザート的な位置づけだったのかしら?
d0043369_20543633.jpg

3人で何品くらい頼んだらいいのかよくわからないまま、空腹の命じるままに“とりあえず”普通の小籠包、ヘチマと海老の小籠包、カニみその小籠包、椎茸とニラの蒸し餃子、焼き餃子の5品を注文。どれもめちゃくちゃおいしかった!本当においしかった!が、頼みすぎた…。4つのセイロでかなりおなかが満たされたところに、山盛りの焼き餃子が到着ww。もはや写真に撮る余裕もないまま、そうは言っても1つも残さず平らげたけど、1人あたり1セイロにプラスαでいいんだなということを学びました…。
d0043369_2102922.jpg
左上から時計回りに普通の小籠包、ヘチマと海老の小籠包、カニみその小籠包、椎茸とニラの蒸し餃子
[PR]
# by s_fiorenzo | 2016-11-01 21:04 | 2016年TAIPEIの旅 | Comments(0)

出発当日(2016.9.27)

ものすごく楽しみにしていた旅行だけど、この時点では台風に向かって無理に飛ぶくらいならこの際キャンセルでも…くらいのヘタレモードでした。
朝5時、旅行代理店のカウンターでチケットを受け取りつつ「ホントに飛ぶんですか?」
すると、「午後の便は全便欠航になったんですけど、午前便は飛びます」
あ~揺れるんだろうなぁ…でも、いつぞやの台風の中、マイクロバスに羽つけたみたいな小型機で宮崎から長崎へ飛んだ時の恐怖に比べればましかなぁ…と不安を抱えたまま搭乗します。

晴れてはいるけどひどく霧がたち込めた朝の羽田、しばらく止まってるなと思ったら飛行機って渋滞するのね…。前に1機いて、後ろに7機つながってたw
d0043369_11292441.jpg


上がってしまうと東京上空は雲が多めだったけど、御前崎あたりばっちり見える快適なフライト。
d0043369_11301513.jpg

d0043369_11302698.jpg


が、快適なのはここまでで、風が強かったのか予定より30分近く早く台北上空に到達し、これから着陸態勢に入るというアナウンスが入り、ここからが試練の始まり…
空港のそばの川も見えた、どこかはわからないけど台湾に来たんだなと思わせる街並みも見えた、揺れる、揺れる、すとんと落ちる、また揺れる、うぅぅ酔いそう…あれ?上昇してる?旋回してる??
うわぁ、降りれなかったんだ…どーすんだ?
あ、また下降し始めた…あー揺れる、揺れる、きもちわるい、機内食がっつり食べなくてよかった、あちこちで紙袋をガサガサしてる音がする、いやな臭いもする、見たらダメだ見たらダメだ、もらいリバースしてしまう、そうだ目を閉じよう、あわよくば眠れるかもしれない、あーGがかかる、きもちわるい、早く地上に立ちたい、この気持ち、そう「ゼロ・グラビティ」のラストだ…あれ?Gのかかり方が変わった?
うわぁ、また降りれなかったんだ…orz
その後、この流れをもう1度繰り返し、今度は上昇時間が長いな…と思ってるうちに機長からのアナウンスが。ん?いま香港って言った?ほんこ~ん??

というわけで、どピーカンに晴れた香港国際空港に無事着陸いたしました…。
どうにか地上にはいるけれど、機内待機2時間(おなかすいたよ)、ロビーでホテルへの護送バスを待つこと1時間(はらへった)、運ばれること30分、や~っととりあえずの待機場所のホテルへ連れて行ってもらえました(つかれた)。
d0043369_11402027.jpg

何か食べさせときゃ文句ないでしょと言わんばかりにまずホテル内のビュッフェレストランへ案内され、次いで「22時にホテルを出発して空港に向かう予定だからあまり遠くへは行くな」とのお達しを受け、グループごとに用意された部屋に入る…。

ひと息ついて、ホテルのアーケードに繰り出してみたものの、両替もしていないし、そもそも香港へ来るつもりもなかったから香港ドルがいくらなのかもわからないし、自分たちのいる場所が香港のどの辺りでどんなとこなのかもわからない。一通りアーケードを冷やかして外に出た途端、35℃の暑さと湿気に辟易としてすぐに部屋に逆戻り、昼寝をしたり、旅行の直前に観に行って劇的勝利を収めた川崎vs横浜Mの録画放送に喜びをかみしめたり…。

22時にホテル出発とすると、飛行機の出発は夜中の1時くらいで、そうすると台北に着くのは2時とか3時…そんな時間に飛ばして着いてからどーすんの?といぶかしく思いつつ先刻のレストランで夕食を取り、部屋で出発の用意をしていると、いつの間にかドアの下から差し込まれたらしき紙が床に…。時刻はもうすぐ21時半、メモには「3時半にロビー集合に変更」…やっぱりなorz。

結局シャワーを浴び仮眠をとって、寝ぼけ眼のまま空港へ運ばれ、夜明けの香港を飛び立つ。
d0043369_11461097.jpg

d0043369_11462381.jpg

d0043369_11463882.jpg

d0043369_11452651.jpg

昨日の朝も見たような気がする景色を見ながら台北の地に降り立ったのは朝8時。
羽田を出てから25時間、おかしいな台湾まで3時間ちょいで着くって聞いてたのにな~
[PR]
# by s_fiorenzo | 2016-10-25 13:05 | 2016年TAIPEIの旅 | Comments(0)

2016 TAIPEIの旅:出発前夜

d0043369_1124828.png

初めての台湾2泊3日の旅に行ってきました!
羽田から飛ぶ台湾デビュー3人に、関空から飛ぶ台湾リピーターSちゃんを加えて女4人で賑やかな旅になる予定でした…。
旅慣れたSちゃんがデビュー組の希望をくまなく盛り込んだカンペキなプランを立ててくれて、後は台北で合流するだけだったのに…。

d0043369_10541184.jpg


なんと出発数日前に台風17号が誕生、進路を北西にとって、私たちと同じタイミングで台湾上陸の予報ががが!!
どうなっちゃうんだろう…と仕事するふりをしつつ、朝からずっと天気予報と航空会社のHPをチェックしまくっていると、出発前日17時過ぎにまずSちゃんが乗るはずだった桃のマークの航空会社から全便欠航の告知が出た。「翌日以降の便に振り替えはコールセンターか空港で」ってコールセンターが閉まる18時まで1時間切ってるし!
Sちゃんは振り替えられたら1日遅れで飛んで合流しようということになり、時間いっぱいまでトライし、翌朝、関空まで出向いて交渉してみたものの、残念ながらチケットを確保することが出来ず、今回の旅行はデビュー組3人で行くこととなりました。

一方の東京出発チーム、「羽田出発だから楽だよね~」と言っていたら、朝5時にカウンター集合との旅行会社からのお達しが。
調べてみたら、早朝に空港送迎をしてくれて、1人あたま約4千円というホテルがあるじゃないか♪ これならタクシー代を割り勘にするのとあまり変わらないし、行ってみたら思いのほかきれいで素敵なホテルだったし、私たちが乗る飛行機が飛ぶかどうかは出発当日まで決まらなかったけど、とりあえずここで送迎バスのギリギリまで寝るぞ~! 
…ということで出発前夜編はおしまい。
[PR]
# by s_fiorenzo | 2016-10-25 11:09 | 2016年TAIPEIの旅 | Comments(0)

FILM 2015

2015年に観た映画をTV、DVD etc. 含めてリストアップ(■はイタリア映画)。
9月以降観たもののポスター写真はまたそのうちということでww。
*今のところ、写真が大きいものは劇場で観て気に入ったということにしておこう…

□ スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (極上爆音上映)

□ 007 スペクター

□ クリード

□ スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (STAR WARS:THE FORCE AWAKENS)

□ I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE (THE PEANUTS MOVIE)

□ リトルプリンス 星の王子さまと私 (THE LITTLE PRINCE)

□ 007 スペクター (SPECTRE) (極上爆音上映)

コードネームU.N.C.L.E. (THE MAN FROM U.N.C.L.E.) 

□ 007 スカイフォール (SKYFALL)

□ スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 (STAR WARS EPISODE VI: RETURN OF THE JEDI)

□ スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 (STAR WARS EPISODE V: THE EMPIRE STRIKES BACK)

□ スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (STAR WARS EPISODE IV: A NEW HOPE)

□ スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (STAR WARS EPISODE III: REVENGE OF THE SITH)

□ スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 (STAR WARS EPISODE II: ATTACK OF THE CLONES)

□ スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (STAR WARS EPISODE I: THE PHANTOM MENACE)

□ マイ・インターン (THE INTERN)

□ マッドマックス 怒りのデス・ロード (極上爆音上映)

■ カプチーノはお熱いうちに (ALLACCIATE LE CINTURE)

□ キングスマン (4DX)
 
□ マッドマックス 怒りのデス・ロード (4DX)

□ キングスマン (Kingsman: The Secret Service) (極上爆音上映)


□ ジュラシック・ワールド (Jurassic World)
d0043369_2336585.jpg



□ アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン (Avengers: Age of Ultron)
d0043369_23322075.jpg



d0043369_23283213.jpg□ キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー (Captain America: The First Avenger)


□ アイアンマン3 (Iron Man 3)d0043369_23253061.jpg


□ アイアンマン2 (Iron Man 2)d0043369_1915713.jpg


□ アイアンマン (Iron Man)d0043369_18555296.jpg


□ ミニオンズ (Minions)
d0043369_1852917.jpg


□ ターミネーター3 (Terminator 3 Rise of the Machines)d0043369_18493962.jpg


マッドマックス 怒りのデス・ロード(Mad Max: Fury Road)
d0043369_21341765.jpg



海街diary
d0043369_21301823.jpg



□ トゥモローランド(Tomorrowland)d0043369_21263152.jpg


イタリアは呼んでいる(The trip to Italy)d0043369_21232761.jpg


□ メイズ・ランナー(The Maze Runner)
d0043369_217465.jpg



□ ハリー・ポッターと炎のゴブレット(Harry Potter and the Goblet of Fire)d0043369_21194341.jpg

□ ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(Harry Potter and the Prisoner of Azkaban)d0043369_21172055.jpg

□ ハリー・ポッターと秘密の部屋(Harry Potter and the Chamber of Secrets)d0043369_21161355.jpg

□ ハリー・ポッターと賢者の石(Harry Potter and the Philosopher's Stone)d0043369_21141927.jpg


ドライヴ(Drive)
d0043369_20434642.jpg



□ シンデレラ(Cinderella)
d0043369_2135860.jpg



□ チャッピー(Chappie)
d0043369_20404682.jpg



ザ・ワンダーズ(Le meraviglie)d0043369_211751.jpg


■ 神の恩寵(In grazia di dio)d0043369_20581915.jpg


■ 人間の値打ち(Il capitale umano)d0043369_20552929.jpg


■ カプチーノはお熱いうちに(Allacciate le cinture)
d0043369_2332222.jpg



■われらの子どもたち(I nostri ragazzi)
d0043369_2321462.jpg



■幸せの椅子(La sedia della felicà)
d0043369_2305446.jpg



■僕たちの大地(La nostra terra)
d0043369_22595729.jpg




■黒い魂(Anima nere)d0043369_22492670.jpg


■ いつだってやめられる(Smetto quando voglio)
d0043369_22465827.jpg



■ 生きていてすみません!(Scusate se esisto!)
d0043369_224589.jpg



d0043369_22401466.jpg■ スイミングプールの少女(Cloro)


□ワイルド・スピード SKY MISSION(Fast & Furious 7)
d0043369_2237347.jpg



イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密(The Imitation Game)
d0043369_22282968.jpg



パリよ、永遠に(Diplomatie)
d0043369_22135956.jpg



d0043369_2223625.jpg□寄生獣



シェフ 三ツ星フードトラック始めました(Chef)
d0043369_1194611.jpg



プリデスティネーション(PREDESTINATION)
d0043369_0215044.jpg



フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(FIFTY SHADS OF GREY)d0043369_0181545.jpg


トレビの泉で二度目の恋を(ELSA & FRED)d0043369_0185215.jpg


■PASSIONEd0043369_0192736.jpg


トラッシュ!-この街が輝く日まで-(TRASH)
d0043369_020638.jpg

[PR]
# by s_fiorenzo | 2016-09-24 13:50 | FILM | Comments(0)

RIVER PLATE vs BARCELONA / Coppa del mondo per club FIFA Finale(2015.12.20)

2013-14シーズンより一層強さを確かなものにした2014-15シーズンのチームだから、下馬評は圧倒的にバルサだったけど「今年は勝てるかも!」っていう気持ちで臨んだ2015年6月6日のUEFAチャンピオンズリーグ2014-15決勝。
11年ぶりの決勝進出、これに勝ったら初めて生JUVEを観て目が♡になった1996年以来のガチ来日…といろいろ夢見たし、実際後半のいい時間帯にモラタのゴールで同点に追い付いたら、スアレスのゴールで2-1に再リードされても「まだ行ける!」と思ってた。が、最終的には3-1でバルセロナが優勝し、2015年暮れのクラブ・ワールドカップ出場を決めたのはご承知のとおり。

結果は悔しいがスアレス、ネイマール、メッシ、イニエスタ…その他名だたる選手の本気プレーを日本で観られる機会なんてそうそうないし、リーベルにはサヴィオラもいるしってことで、何度かあった決勝チケットの発売日にはすべて参加し、そして財布の許すカテゴリーにはすべて玉砕。いつものようにテレビで観るかぁ…と思っていた決勝3日前、突然カテ1チケットをいただけるという嘘みたいなありがたい出来事が♡
d0043369_2035188.jpg


ということで、同じ理由で生観戦を諦めていたサッカー仲間と大喜びで“速い!上手い!!凄い!!!”を堪能してきました。半年前のあの試合に勝っていたら、ここには一番好きなチームがいたかもしれないと思うと正直寂しいような悔しいような気持ちにはなったけれど、それ以上にヨーロッパと南米のチャンピオンクラブがガチでぶつかり合うのを間近で観る90分は、いま思い出してもまぎれもなく極上の時間でした♪(諸先輩方、改めてありがとうございました)
あとは写真でごまかしますw

d0043369_20362092.jpg


d0043369_2037940.jpg

d0043369_20372693.jpg

d0043369_2037549.jpg

d0043369_20385432.jpg

d0043369_20395285.jpg

d0043369_20392714.jpg


d0043369_2040381.jpg


d0043369_2041098.jpg

d0043369_20411186.jpg

d0043369_2041234.jpg

d0043369_20413984.jpg

d0043369_2042659.jpg


写真には撮れなかったけど、光の中心にいるプレゼンターに登場した澤さん、開催国出場枠ながら過密日程の中3位を勝ち取ったサンフレッチェ広島も誇らしかったよ。
次回というか今年の年末はまた日本開催なんだよね、今度こそJUVEが出場出来ると嬉しいな~(本音)!!!
[PR]
# by s_fiorenzo | 2016-01-18 21:00 | CALCIO | Comments(0)

2015年映画ベスト10~上半期編

上半期編ということで、1~6月に劇場で観たロードショー公開作品から10本並べてみたよ~

1. マッドマックス 怒りのデス・ロード
2. ワイルド・スピード SKY MISSION
3. イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
4. カプチーノはお熱いうちに
5. プリデスティネーション
6. トラッシュ!-この街が輝く日まで-
7. チャッピー
8. 海街diary
9. シェフ 三ツ星フードトラック始めました
10. パリよ、永遠に
[PR]
# by s_fiorenzo | 2016-01-04 18:38 | FILM | Comments(0)

Capodanno 2015

d0043369_2228529.jpg

2015年、みなさまお世話になりました。改めましてありがとうございます。
あと2時間もしないうちに始まる来年は、楽しく過ごしつつも、もう少し前に進めたら…と思います。引き続きみなさまからのパワーチャージとフォースの導きに期待しております。
新しい年がすべての人に良い年となりますように♡
[PR]
# by s_fiorenzo | 2015-12-31 22:29 | DIARIO | Comments(0)

NATALE2015

d0043369_013023.jpg

Merry Christmas & May the force be with you...
[PR]
# by s_fiorenzo | 2015-12-25 00:04 | DIARIO | Comments(0)

ういろう作っちゃいました

「ういろうって家で作れるんだよ、超簡単、レシピもいっぱい出てるよ」
という一言を聞いてスイッチが入った翌日、早速材料調達にT澤商店へ。
調べた感じでは小麦粉を使う派が多かったけど、最初くらい和菓子は和の材料で作ってみようと米粉を買いに行ったものの…考えてみれば米粉ってお米から製粉したものの総称だよね、こんなに種類があるなんて!と棚の前で途方に暮れる。
とりあえず細か~く挽いてある上新粉、安心の新潟産うるち米使用を末端価格¥1.3/g(税別)で購入。
d0043369_045357.jpg


参考にしたレシピは抹茶味だけど、わざわざ買っても残りに困るし、そうだ、信玄餅に付いてて使い切れなかった黒蜜を使おう!ということでレシピを上新粉200g、信玄餅の黒蜜4本、水180ccに変更して混ぜ合わせ(ダマになることもなく、あっという間に水に混ざる優秀な白い粉!)、少々甘みが足りなく感じたので、目の前の棚にあったオリゴ糖を大さじ1程度加える。
ラップを敷いた容器に流し入れて600Wで4分、見た目にはほとんど変わりないけど加熱後はちゃんともちもちしてる!
d0043369_05135100.jpg

冷めたら濡らしたナイフでカットして…わーい、ホントにういろうだ~ヽ(*´∀`*)ノ
d0043369_0515416.jpg





*Non solo la lista dei film ;P
[PR]
# by s_fiorenzo | 2015-09-30 00:58 | MANGIARE | Comments(0)

LE MERAVIGLIE/夏をゆく人々

d0043369_22385734.jpg

2014年カンヌ国際映画祭グランプリ作品。
光と緑あふれるイタリア中部・トスカーナ州周辺の人里離れた土地で、昔ながらの方法で養蜂を営む一家の物語。ジェルソミーナは4人姉妹の長女で、自然との共存をめざす父ヴォルフガングの独自の教育と寵愛を受け、今や父よりもミツバチに精通している。家族は自然のリズムのなかで生活を営んできたが、夏、村にテレビ番組「ふしぎの国」のクルーが訪れ、一家がひとりの少年を預かった頃から、日々にさざなみが立ち始める――。
映画は古代エトルリアの遺跡が多い地域を舞台に、長女ジェルソミーナの視点で綴られる。彼女の外の世界に向けられてゆく、大人へと成長する心と、その変化を受け入れられない父の葛藤。『夏をゆく人々』は、ひと夏の家族それぞれの繊細な感情をすくい取り、一家の日常をこまやかに描き出している。しかしその一方で夢と現実のあわいに鮮烈なイメージを映し出した、まったく新しい、しかしどこかノスタルジックで豊饒な作品である。
」というのが公式の作品紹介なのだが…。

現在公開中のこの作品、アルバ・ロルヴァケルが出ているし、その妹のアリーチェ・ロルヴァケルの監督作品ということで期待をもってイタリア映画祭で先に観たのだけど、これもまた残念ながら私には苦手なタイプの作品だった。身近な人に左右されたり振り回される境遇の話が苦手なんだろうな、きっと。
ただ、感じ方はその時々によって変わるものだと思うから、後になって観直してみるとまた違った感じ方をするかもしれない。特にモニカ姐さん、いいんですかその役で?その衣装で!?
d0043369_2246469.jpg


Maria Alexandra Lungu: Gelsomina
Alba Rohrwacher: Angelica(母)
Sam Louwyck: Wolfgang(父)
Sabine Timoteo: Cocò(居候のおばさん)
Monica Bellucci: Milly Catena(テレビ番組司会者)

Regista : Alice Rohrwacher
2014, Italia, Svizzera, Germania 
[PR]
# by s_fiorenzo | 2015-08-30 22:48 | FILM | Comments(0)