<   2012年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

INNO DI MAMELI

イタリア国歌=Inno di Mameli(マメーリの讃歌)について、らびたえでは今まで2度に渡って触れてきました。
先日、イタリア旅行中に見たTVのニュースによると、ロンドンオリンピックに選手団が着ていく制服やジャージについて報道していて、ジャケットか何かの前身頃の裏をめくると  カンペ  歌詞が刺繍されているとかいないとか。
そんなノリはいいけど自国民でさえ歌詞があやしい国歌を、開催中のEURO2012でイタ推しのあなたのためにルビふります。

今回、「いちばん正確な歌詞の表記はやっぱりオフィシャル中のオフィシャル、イタリア共和国政府のHPだろう」と思って探したら、長~~~~い歌詞が出てきた!まぁ、いつも使われるのは最初の2つ【A】と【B】のかたまりだけだから、そこだけね。
さぁ、今から覚えれば最初に試合に間に合うよ♪


【A】
Fratelli d'Italia, l'Italia s'è desta; (フラテッリ ディターリャ,リターリャ セ デスタ;)
dell'elmo di Scipio s'è cinta la testa. (デッレルモ ディ シーピョ セ チンタ ラ テスタ.)
Dov'è la vittoria? Le porga la chioma (ドヴェ ラ ヴィットーリャ?レ ポルガ ラ キョーマ)
ché schiava di Roma Iddio la creò.
     (ケ スキャーヴァ ディ ローマ イッディオ ラ クレオ.)


<間奏なのになぜか“♪タカタンっ タカタンっ タカタッカタッカタンっ”とみんな歌う>

【A】’→違うメロディで同じ歌詞
Fratelli d'Italia, l'Italia s'è desta; (フラテッリ ディターリャ,リターリャ セ デスタ;)
dell'elmo di Scipio s'è cinta la testa. (デッレルモ ディ シーピョ セ チンタ ラ テスタ.)
Dov'è la vittoria? Le porga la chioma (ドヴェ ラ ヴィットーリャ?レ ポルガ ラ キョーマ)
ché schiava di Roma Iddio la creò.
     (ケ スキャーヴァ ディ ローマ イッディオ ラ クレオ.)


【B】→mは“ム”としたけどmuじゃないから弱めにね
Stringiamci a coorte! (ストリンジャムチャ コォルテ!)
Siam pronti alla morte; (シャム プロンティ アッラ モルテ;)
Siam pronti alla morte; (シャム プロンティ アッラ モルテ;)
Italia chiamò. (イターリャ キャーモ.)


【B】’
Stringiamci a coorte!(ストリンジャムチ ア コォルテ!)
Siam pronti alla morte;(シャム プロンティ アッラ モルテ;)
Siam pronti alla morte;(シャム プロンティ アッラ モルテ;)
Italia chiamò.(イターリャ キャーモ.)

<歌詞にはないけどラストに“Sì!”(スィ!)と叫んで盛り上がる>


【こんな長い続きがあったの、初めて見たぞ】
Noi fummo da secoli calpesti, derisi
perche non siam popolo, perche siam divisi.
Raccolgaci un'unica bandiera, una speme:
di fonderci insieme gia l'ora suono.

Stringiamci a coorte!
Siam pronti alla morte;
Siam pronti alla morte;
Italia chiamo.

Uniamoci, amiamoci; l'unione e l'amore
rivelano ai popoli le vie del Signore.
Giuriamo far libero il suolo natio
uniti, per Dio, chi vincer ci puo?

Stringiamci a coorte!
Siam pronti alla morte;
Siam pronti alla morte;
Italia chiamo

Dall'Alpe a Sicilia dovunque e Legnano;
ogn’uom di Ferruccio ha il core e la mano;
I bimbi d'Italia si chiaman Balilla;
il suon d'ogni squilla i Vespri suono.

Stringiamci a coorte!
Siam pronti alla morte;
Siam pronti alla morte;
Italia chiamo.

Son giunchi che piegano le spade vendute;
gia l’aquila d’Austria le penne ha perdute.
Il sangue d’Italia e il sangue Polacco
beve col Cosacco, ma il cor le brucio.

Stringiamci a coorte!
Siam pronti alla morte;
Siam pronti alla morte;
Italia chiamo.

じゃ、早速大きな声で練習してみよー!!
   
[PR]
by s_fiorenzo | 2012-06-09 22:56 | ITALIA | Comments(2)

EUROPEI2012. 開幕!

個人的にはワールドカップより密度が濃くて面白いと思っているユーロ2012が開幕しました~。
これからはいつも以上に毎日が睡眠不足の日々が続きます。

イタリアではRAIで放送されるのですが、その広告が地下鉄の構内に出ていたので写真に撮ってきました。
写真のサイズだと分かりにくいかもしれないけど、大会を観てた人なら思わずニヤリとしてしまうデザインです。


M. Van Basten, 1988
d0043369_3334995.jpg



K.Poborsky, 1996
d0043369_3265410.jpg



D.Treseguet, 2000
d0043369_5525857.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2012-06-09 07:30 | CALCIO | Comments(4)

出発!(2012.5.10)

旅の中身はこちら

今回の旅はちびちびちびちび貯めたマイルの期限が切れる前に総ツッコミして飛行機に乗るというものでもあった。
なので渡伊スケジュールが決まり次第即ネット予約!…したつもりだったけど時既に遅し、一番少ないマイル負担で乗れるエコノミー席はなくなっていた。
でも『少しだけマイルを買い足せばワンランクアップのエコノミー席は取れるよ』という案内が画面に出たので、案内に導かれるまま買い足し画面に移動してマイルを増やし、導かれるまま予約画面に戻ると必要なマイル以上に増えていて、残席もあるのに『マイルが足りない』表示。
これでは埒があかないとコールセンターへ電話…30分経っても繋がらない。この間に残席までなくなったらどーしてくれる!とぴよぴよしながら電話をかけ続け、ついに繋がったのは更に1時間後。事情を延々切々と説明し、コールバックを待つことさらに1時間以上…。やっと来たお返事は「ご希望通りお取りしました」。
やった~、ありがとーv(=^0^=)v やればできるじゃん!

そうは言っても「ホントに席あるよねー、大丈夫だよねー」と恐る恐るチェックインすると、なんとびっくり「サービスはエコノミー、でもシートはビジネス」とのこと。
正直、マイルで引き換える席なんてエコノミーの中でも最安席で、ワンランクアップと言ってもエコノミーの中でちょっと前に行けるくらいにしか思っていなかったのにまさかの「シートはビジネス」。いや、もうそれだけで十分ですよ。っていうか、長距離便は食事よりシートでしょう!

d0043369_23222298.jpg
さて、いよいよ飛行機に乗り込みます。
案内されたシートはホントにビジネスだった~!椅子、でかっ♪
もう1枚下さいと言いたくなるぺらっぺらの小さな毛布じゃなくて、うっすら綿入りの肌掛けがついてくる~。クッションも大きいからエアクッション膨らまさなくても大丈夫!
d0043369_23222041.jpg


そしてブルガリのポーチに入ったアメニティセットが配られる。中身はブルガリちゃんのリップバームやら、ボディローションやらいろいろ入っているんて、ポーチ本体も色もデザインもシンプルでいてこじゃれた感じ。でも実は私の旅行前に戻ってきたばかりの上司に同じものをもらって、自分に必要な中身だけ持ってきていたから未開封のままお友達にもらってもらったので写真はなしよ。

いよいよお食事の時間。
(シモーネの方の)ぺぺたんに似たパーサーがテーブルを出しておもむろにクロスを敷いてセッティングを始める。そう、なぜかお食事もビジネス仕様。やった~v(=^0^=)v
d0043369_23225655.jpg


カトラリーは赤いリボンがおしゃれだし、バターさえかわいい。
d0043369_23233651.jpg

d0043369_23235282.jpg


メニューはエミリア・ロマーニャ州のお料理だそうで、まず前菜はProsciutto crudo di Parma Dop con Melome Cantalupo/パルマ産生ハムにカンタルーポ産メロン添え
d0043369_23242036.jpg


Insalata di frutti di mare freschi su letto di patate/ポテトに乗せたシーフードサラダ
d0043369_23244192.jpg


Timballo di Erbazzone con formaggio Grana Padano Dop/グラナ・パダーノチーズ入りエルバッツィオーネ
d0043369_232517.jpg


Lasagne verdi con ragu`/ミートソース入り緑色のラザーニャ
d0043369_23252627.jpg


こんなに食べてもまだまだ出てくる!メインディッシュはお肉かお魚両方見せてくれて、選ぶとこんな感じに盛り合わせてくれる。もちろん“追いオリーブオイルふぁさ~”も忘れない。
d0043369_23271547.jpg


Filetto di pesce al vapore con erbe fresche/蒸した魚のフィレ、フレッシュハーブ添えとSpinaci al burro con nocciole tostate/ほうれん草のバターソテー、ローストしたヘーゼルナッツ添え
d0043369_23265683.jpg


Finocchio frescho cotto al forno con formaggio Grana Padano Dop/フェンネルのオープン焼き、グラナ・パダーノチーズ風味
d0043369_23275256.jpg


Patata alla vaniglia e formaggio Grana Padano Dop/バニラとグラナ・パダーノチーズ風味のポテト
d0043369_232983.jpg


デザートもケーキかフルーツか選ばせてくれるんだけど、ぺぺたんに両方美味しそうだなぁって言うとあっさり両方盛りつけてくれた。さすがぺぺたんと言いたいところだけど、ここまで全部残さず平らげておいてこいつまだ食うか…と思われたことは間違いない。

Torta Maria Luigia/マリア・ルイージャ妃のケーキとFrutta fresca di stagione/季節のフルーツ
d0043369_23304746.jpg

d0043369_2331251.jpg


食事が終わるとポットでコーヒーや紅茶をサービスに来たのでコーヒーをお願いすると「エスプレッソもあるよ」とぺぺたん。じゃあ!と頼むとこんなかわいいカップで出てきたよ
d0043369_23311882.jpg

d0043369_23314052.jpg


以上、食器は全てリチャード・ジノリ製でした。お料理もとってもおいしく残さずいただきました~。


d0043369_2332928.jpg

延々続くシベリアを眺めたり、眠ったりしているうちに軽食のお時間。
ここでもエミリア・ロマーニャ州の名産が出てくる。

Mortadella/モルタデッラ・ソーセージ、Grana Padano Dop/グラナ・パダーノチーズ、Pere Abate al vapore con Aceto Balsamico di Modena lgp/蒸した洋梨、モデナ産のバルサミコ酢添え、Piadina romagnola ripiena di formaggio/チーズを詰めたピアディーナ(ロマーニャ地方の薄焼きパン)、Tigelle/ティジェッレ(モデナ名物のパン)、Pane all´olio d´oliva e origano/オリーブオイルとオレガノ風味のパン…の盛り合わせと
d0043369_23323024.jpg


Frutta fresca di stagione/季節のフレッシュフルーツ
d0043369_2333617.jpg


これまで何度もA航空を利用して、必要以上に明るかった座席前のモニターが真っ白に光ったまま消せなかったり、配られたヘッドフォンのジャックと穴の形が違っていたり、アームレストが動かなかったり、リクライニングシートが倒れなかったり、飛行中の後半にはトイレが詰まったり…etc.まさに乗ってるうちからイタリア的ないろんな体験を今までさせていただきました(慣れてしまえば嫌いじゃない)。
いや待て、そうは言ってもそれは格安で入手したエコノミーならではの当然の報い……かと思いきや、快適さが売りのビジネスシートでまさかのフットレストの、よりにもよってセンター部分のクッションがなーい!さすが期待を裏切らない。
d0043369_2334423.jpg


ぺぺたんとペアでサービスをしてくれたもう一人が若い頃のデビッド・ボウイ似のかなりおねぇっぽいパーサーさんが、とっても日本語が上手な方でびっくり。上手というより片言なりに言葉遣いがきれいなんですよ。で「あなたはとてもきれいな日本語を話されますね」とお伝えしたところ、ぱぁっと顔が赤くなって「日本を愛していますから」と言って下さるものだから、こっちもなんだかとってもうれしくなってしまった。

そうこうするうちに無事定刻に到着。マルペンサ空港ではミラノの2チームに迎えられ(サン・シーロ・スタジアムのツアーとミュージアムの広告でした)、「出迎えご苦労。でも待ち人はトリノにいるから」とトリノを目指します。
d0043369_23365941.jpg

d0043369_2337869.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2012-06-03 23:41 | 2012年SCUDETTOを祝う旅 | Comments(4)