<   2011年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

TESSERA:会員証

紙ものをつっこんだ引出しを片づけていたら、忘れかけてた商品券5,000円分と一緒に懐かしいものが出てきた。
d0043369_1646181.jpg
どんな会員特典があったかは全く覚えておらず、確か年会費払ったのに1年間何もなかったから問い合わせをしたらもう1年延長してもらったが、やっぱり何も起こらなかったような気がする。
そうこうするうちに自然消滅し、入会したのがこっち
d0043369_16492558.jpg
こちらは年に数回手作り会報が届いたり、食事会があったり、継続するとJUVEグッズもらえたり…と普通にファンクラブっぽかったな。
そういえば参加しなかったけど某選手にちょっとだけ会える観戦ツアーなんてのもあったっけ。こっちはいつの間にか退会してしまった。

もう1つ見つけたのがこれ
d0043369_1775193.jpg
J昇格を機に入り、ゴンちゃん放出とともに退会。特典として、スタジアムにネームプレート出てたのに一度も行くことなかったなぁ。国立開催の時は、何度かユニ持って試合も観に行ったけどね~。
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-06-27 17:20 | CALCIO | Comments(0)

らびたえ不動産 第4弾

誰が買うんだ?的物件のみをご紹介する “らびたえ不動産” シリーズ、久しぶりの第4弾です。
今回の物件は某駅から徒歩7分、閑静な住宅街の中の1軒です。
d0043369_21545750.jpg

このベージュのシルエットの中にはカウンターバー、エアホッケー台を置いても余裕のプレイルームを備えた地下、サンルーム付きで和室の大きさから推測すると30畳以上はありそうなリビングルームが含まれます。2Fには、別途ユニットバスもついたお部屋もあるから居候もOK。
そして中庭を臨む茶室と、前庭には優雅なプール!車も軽~く3台は置けちゃいます。
じゃ、間取り図でも見て、さらに夢を広げてもらいましょう。
d0043369_226816.jpg

敷地約570㎡、建物面積約523㎡、築22年の豪華8LDK。さて気になるお値段は?





…なんと318,000,000円!さんおくいっせんはっぴゃくまんえんって何円?
とか言いながらネタを温めてるうちに、ど~んと2千万もお勉強した新価格が発表されて298,000,000円に!
さ、買うなら今だ!あとはBIGの当たり券さえあれば…
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-06-26 22:15 | IMMOBILE | Comments(4)

ぐりぐりくん/五味 太郎著(絵本館)

d0043369_23344926.jpg

絵本のプロYちゃんがぜひ私に読んでほしいと見せてくれたのが「ぐりぐりくん」。
Yちゃんに五味太郎さんを好きなことは言っていなかったはずなのにさすがはプロ、日頃の私を見て私好みの本を持ってきてくれたみたい。うれしや。

そぉ~っとやって来た謎の生き物ぐりぐりくんにぐりぐりされると、気持ちが落ち着いたり、やる気が出たり、踏ん切りがついたり…大人にも子供にも効果てきめんです。
こども向けの絵本だけど、だからこそ大人にもシンプルに響いてくるし、小さなきっかけで物事は進むし、たいていの場合ぐりぐりくんは自分の気持ちの中で眠っているんだけなんだよね。

この本を読んで、私のとこにもぐりぐりくん来てくれたらいいのにぃ…と念じていたら、どうやら来てくれたみたい。ちょっといいことがあったぞ♪
Yちゃん、ありがとね。今度、現物買いに行くから取り置きしておいて。
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-06-24 23:39 | BIBLIOTECA | Comments(2)

LETTERS TO JULIET/ジュリエットからの手紙

d0043369_2228044.jpg

自分の中の映画セレクトの条件として、現代もの、特に恋愛映画はDVDで十分という線引きがあるのでいつもならパスのところだが、主人公の彼氏役としてガエルくんが出ているし、舞台がイタリアなので1000円払って劇場で鑑賞。

詳しいストーリーは公式ページを見ていただくとして、要するにロンドンから来たクレアばーちゃん(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)が50年前すっぽかした駆け落ちの相手にもう一度会いたくて、孫チャーリー(クリストファー・イーガン)と雑誌記者志望の若いアメリカ人女性ソフィ(アマンダ・サイフリッド)と一緒にトスカーナを旅するお話。

行く先々で探し当てる初恋の人ロレンツォは人違いばかりなのだが、そのじーちゃんたちに「もしあなたが探してる人に会えなかったら、もう一度僕のところで戻ってきて欲しい」と言わしめるクレアばーちゃんは、女性だったら誰もがこういうおばあちゃんになりたいと思うようなかわいらしさを失わない素敵な人。
ロレンツォ探しを諦めて帰る途中の最後の立ち寄り先で、探していた本物のロレンツォ(フランコ・ネロ)が白馬の王子様よろしく馬に跨って颯爽と登場したり、クレアもロレンツォも昔と変わっていないどころかより魅力的になっていて、しかもそれぞれの連れとは死別していてすぐによりが戻ったりと「そんな好都合な…」と思わず突っ込みたくなる展開だが、まぁロマンチックな初恋物語のしめが略奪愛じゃシャレにならないということですね、はい。
そうはいってもクレア役のVanessa Redgraveとロレンツォ役のFranco Neroは、実は60年代にカップルだったが、その後別々の人生を重ねたのち、ついに2006年に結婚…と映画を地で行くというか、まるで映画の元ネタみたいなお二人なのでこんなドルチェなストーリーもよしとしましょう。
d0043369_22292023.jpg



が、若者カップルの方は納得いかない!
最初はいけ好かなかったチャーリーも話してみればなかなかいい奴で魅力的なのはわかるけど、なんでヴィクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)をふっちゃうんだよー!ガエルくんだぞ!!チャーリーはカメラ映りによってはきれいになったカッサーノだぞ。
d0043369_2230155.jpg


…じゃなくて、お互いにべったりじゃなくて離れていても根っこのところがつながっていて、それぞれが自分が一生懸命やりたいことに打ち込んでこそ人生じゃないかと常々思っているのだけど、そういうのってだめですか。そうですか。
でこが広くなってもガエルくんなのにぃ…。


Sophie:Amanda Seyfried
Victor:Gael Garcia Bernal
Claire:Vanessa Redgrave
Lorenzo Bartolini:Franco Nero
Charlie:Christopher Egan

Director:Gary Winick
2010, America/Italia
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-06-18 22:37 | FILM | Comments(0)

かもめの玉子

d0043369_1827130.jpg
おいしくいただいて応援シリーズ♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-06-17 18:28 | MANGIARE | Comments(0)

今年もやるよ!【ちょい追記】

d0043369_0185038.jpg
去年試しに作ってみた『黒糖ブランデー梅酒』がことのほかおいしかったので、今年もやっちゃう。
今年は南高梅1kg+氷砂糖500g+ブランデー1.8lで仕込んだよ。
おいしくできるといいなぁ~056.gif

【追記】
で、仕込んだ翌日にどんな塩梅かな~としまい込んだ瓶を見てみると、せっかく梅と交互になるように入れた氷砂糖は全部下に沈んでました。
入れる人は1kgくらい入れるところを半量の500gしか入れてないから当たり前なんだけど。

そうそう、材料を全部用意したところでウイスキーでやる派、はちみつでやる派をお友達内で発見。詳しく聞いて来年試すか、もう1個保存瓶買ってきて今年試すかを思案中。
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-06-17 10:18 | CUCINARE | Comments(2)

つゆラム

d0043369_23282863.jpg
どうやってモヒカンを付けてるのか気になってラムーメタル撮影の翌日にもう一度行ってみたら、衣装チェンジしてました。
カエルちゃんの表情がかわいいです♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-06-15 23:31 | DIARIO | Comments(4)

ヘビーメタルラム!

d0043369_23171758.jpg
重量鉄骨建築、略して重鉄、訳してHEAVY METAL!
ラムくん、趣味合うじゃん♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-06-14 23:22 | DIARIO | Comments(7)

KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME “We Are Down But Never Give Up!!”(2011.6.12)

d0043369_0473492.jpg

大好きだったBOΦWYの曲を氷室さんが歌うだなんて!
しかもサポートがいつものメンバーということは大好きなギタリストとベーシストが参加するということだし!!
こんなフルコースのごちそうを逃すわけにはいかない!!! とがんばったところ2日目のチケットが取れました。
下は赤ちゃんから上はおばーちゃんまで幅広い層のお客さんで超満員の東京ドームのアリーナ席、笑っちゃうくらい後ろの席でしたが全25曲、歌って叫んで跳ねてきました。LAST GIGSの時には怒りにも似た気持ちを持ってドームを後にしたのですが、今日は清々しさとプラスアルファ(これはひみつ)の気持ちを持って帰ってきました。
いちばん好きな『CLOUDY HEART』が聴けなかったのは残念だったけど、それはオリジナルメンバー4人が集まった時のお楽しみにしておきます。氷室さんにとっても、ミュージシャンチームにとっても、いろいろなプレッシャーがそりゃあもう計り知れなかったことと思いますが、本当にすばらしい夜でした。ありがとう、そしてお疲れさまでした。


1.DREAMIN’
2.RUNAWAY TRAIN
3.BLUE VACATION
4.ROUGE OF GRAY
5.ハイウェイに乗る前に
6.BABY ACTION
7.JUSTY
8.Welcome To The Twilight
9.BAD FEELING
10.16
11.LONGER THAN FOREVER  
12.MEMORY
13.B・E・L・I・E・V・E
14.季節が君だけを変える
15.B-BLUE
16.MARIONETTE
17.PLASTIC BOMB
18.DOWN TOWN SHUFFLE
19.BEAT SWEET
20.RENDEZ-VOUS
21.ONLY YOU
22.IMAGE DOWN

【EN】
1.ON MY BEAT
2.ホンキー・トンキー・クレイジー
3.NO.NEW YORK 

Vocal:氷室京介
Guitar:本田毅
Guitar:DAITA
Bass:西山史晃
Drums:永井利光
Keybords:大島俊一
Manipulator:Tessey

d0043369_23555315.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2011-06-13 00:55 | MUSICA | Comments(2)

UNA PICCOLA COLLABORAZIONE

d0043369_17433286.jpg
ささやかだけど、楽しんだり、おいしく食べたりした時も何か協力できると嬉しいよね。
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-06-11 17:47 | MANGIARE | Comments(0)