<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ショパン 炎のバラード/ロベルト・コトロネーオ著、河島英昭訳(集英社)

d0043369_171215100.jpg原題はPRESTO CON FUOCO(Roberto Cotroneo)

内容(「BOOK」データベースより)
時は20世紀末、スイス山中に隠棲する老ピアニストが死を前にして自らの生涯を回想する…巨匠ベネデッティ・ミケランジェリを思わせる天才ピアニスト「私」は、1978年、パリで、亡命ロシア人の追跡をうけ、ショパンが死の直前に書き遺した謎の楽譜を託される。
それは「バラード第四番作品52」の未発表フィナーレ『プレスト・コン・フオーコ』。秘められた恋人に捧げられていた。
楽譜はショパンの死後、数奇な運命を辿って流転、革命と反革命のパリからナチス支配下のベルリン、スターリン体制下のモスクワ、さらにはサンティアゴへ―歴史の奔流に弄ばれめぐりめぐって今は「私」の手にあって、手稿譜の解明とともにショパンの秘恋が暴かれていく…。カンピエッロ賞受賞作。


手に取った本がどんなにいろいろな意味で自分に合わない本でも、全部読まないと本当に合わないという判定をしていいのかわからないから、読みながら腹立たしくなろうといやな気分になろうとよっぽどのことがないと本を途中でやめることは滅多にない。なのに2010年の読書の最後を飾るはずだった『ショパン 炎のバラード』、これは残念ながら久々に完読できなかった。

ウンベルト・エーコ激賞、訳は河島英昭さんと聞いたら文章にも内容にも大きな期待をもってのぞんだのだけど…。実在したピアニスト、アルトゥーロ・ベネデッティ=ミケランジェリ(Arturo Benedetti Michelangeli)をモデルとした主人公「私」がショパンのバラード第4番の自筆稿を巡る諸々を回想して語るらしいのだが、恥ずかしながらそのピアニストのことを知らない身には「私」がどんな人物なのかさっぱりわからなくて感情移入できないうえ、「私」の語り口が難しくてなかなか物語に入りこめない。
それでも少しずつ読み進もうとがんばってはみたものの遂に時間切れ。図書館で次の人の予約が入っていたから返却期限が来てしまった。
ショパンやミケランジェリについてあらかじめ知識のある音楽ファンにはきっと面白い内容なのだと思う。ま、このままでは悔しいのでいつか機会があったら再読に挑戦するつもり。
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-01-30 17:21 | BIBLIOTECA | Comments(0)

HOW TO TRAIN YOUR DRAGON:ヒックとドラゴン1 伝説の怪物

d0043369_2227572.jpg2010年の終わり、遂に1巻を借りる順番が回ってきた。

族長の息子なのに平凡どころか全然さえない主人公ヒック。そんなヒックが一人前のバイキングになるための実習の一環で自分用のドラゴンを捕まえに行くが、途中でおやくそくのハプニングが起こり、せっかくつかまえた自分のドラゴンは親友に譲る羽目になる。ドラゴン捕獲に失敗した者として追放されるよりはと、危険を顧みずもう一度ドラゴンを捕まえに戻る。
暗闇の中で「そこにいる気がした」ところへ手を伸ばすと確かにドラゴンがいて、背負ったかごに入れて連れ帰るが、あとで取り出してみると小さな「ヘイボンドラゴン」でしかも歯も生えていない。だからついた名前がトゥースレス。
ヒックは他の子供たちに馬鹿にされ、トゥースレスは他のドラゴンたちに馬鹿にされる。そんなふたりが手を取り合うかというとそう簡単にはいかない。でもまたおやくそくの事件が起こり、「人間の言うことなんかだれがきくもんか」と思っていたトゥースレスの心に自分でも不思議な感情が生まれて…

映画が気に入って読み始めた原作シリーズ、ストーリーは映画とは全く違えども、どちらも違和感なく楽しめる珍しいケースでした。
どのストーリーも少年が冒険を通して成長するさまが描かれている児童小説なんだけど、いきものとして生きていくうえで大切なことがさりげなく語られているだよね。それも押しつけがましかったり、上から目線じゃなく、「うんうん、そうだよね」と思わせる感じで。ひととおり図書館で借りて読んだが、そうこうしているうちに待望の7巻も出版されたし、これは買い揃えて読み返しそうな勢いかも。


2.HOW TO BE A PIRATE:ヒックとドラゴン2 深海の秘宝
3.HOW TO SPEAK DRAGONESE:ヒックとドラゴン3 天牢の女海賊
4.HOW TO CHEAT A DRAGON'S CURSE:ヒックとドラゴン4 氷海の呪い
5.HOW TO TWIST A DRAGON'S TALE:ヒックとドラゴン5 灼熱の予言
6.A HERO'S GUIDE TO DEADLY DRAGONS : ヒックとドラゴン6 迷宮の図書館
7.HOW TO RIDE A DRAGON'S STORM:復讐の航海
8.HOW TO BREAK A DRAGON'S HEART
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-01-29 22:43 | BIBLIOTECA | Comments(0)

HOW TO BE A PIRATE:ヒックとドラゴン2 深海の秘宝

d0043369_22503237.jpg現在6巻まで出ているシリーズの3巻から図書館で借り続け、やっと2巻の順番が来たのは昨年12月のこと。
アルビンという自称 “貧乏だけど正直なお百姓さん” が、ヒックのすむ島に流れ着いた。みんながアルビンの語る境遇に同情し、彼の言葉に従って一緒にいにしえの大海賊ゴーストリーが隠したという秘宝を探しに行こうとするが、トゥースレスだけは「あのひときらい、なんかあやしい」と嫌って、アルビンのかぶとの中にぷりっと落し物をする始末。
乱暴者ぞろいのバイキングといっても基本的には善人なので、たちの悪い極悪人は一族から追放されて “流れ者” と呼ばれる存在となり、今では流れ者たちが一つの島に集まって暮らしているのだが、アルビンはその流れ者一族のリーダーだった。
ゴーストリーは宝の山を手に入れたことで仲の良かった一族の関係がおかしくなったことを悔やみ、後世の者が同じ過ちを繰り返さないよう願って何重にもトラップをめぐらせているし、本性を出したアルビンとゴーストリーの置き土産の怪物に襲われたヒック、絶体絶命のピ~ンチ!
平凡で落ちこぼれバイキングのヒックが後に偉大な族長となる心構えを学び、また後に何度も対決することになるアルビンが登場するのが今回のおはなしでした。
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-01-28 22:51 | BIBLIOTECA | Comments(0)

渡辺剛新年会セッション@GRAPE FRUIT MOON(2011.1.19)

d0043369_0133882.jpg
2011年のライヴ初め~。 “バンマス渡辺さんが諸先輩に鍛えられる、でも心の支えに後輩ひとり入れちゃう” セッションの新年会。メンバーは前回と同じ嶋田吉隆さん(ds)、中島オバヲさん(per)、是永巧一さん(g)、渡辺剛さん(kb)、二家本亮介さん(b) (年齢順)に加えてsaxの山本公樹さんが参加、順番は是永さんと渡辺さんの間かな?さらに観に来てた岡雄三さん(b)がゲスト参加。ここ数回、松是ちゃんに行けなくて悔しい思いをしてる分を個人的に取り返す。

シールドが短いにもかかわらず弾きまくる妖艶ギタリストに負けず、サックスの山本さんが色っぽくてかっこいいのだわ~。2人が寄った瞬間に照明がパープルになった時はぷぷぷ♪と笑ってしまったけど。
“THE KIDS” をギターなしで演ってる画像を見つけたけど、同じ曲をやってもえろさが違うのはやっぱり誰かさんの… ;P
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-01-20 00:32 | MUSICA | Comments(8)

VOW WOW “ヴァウの総て All about VOW” 第二幕~渡英後@SHIBUYA-AX(2010.12.26)

d0043369_034241.jpg
2日目。
“渡英後” ということは4枚目のアルバム『V』、『VIBe』、『MOUNTAIN TOP』が中心ということになる。
このオリジナル6枚目にして最後の『MOUNTAIN TOP』が私にとってはクセモノで、どうしても再生回数が他に比べると少なくなるアルバムである。
内容は決して嫌いじゃないし、お気に入りの曲も収録されている。が、CDを聴こうとケースを開けるとスリーブに印刷された武道館での最後のライヴの告知が目に入ってしまい、久しぶりに帰ってきた大好きなバンドのライヴを楽しみながらも、新しい曲がこなれきっていないだけではない、何か言い表しにくい「違和感」を同時に抱えて帰った日のこと、そのせいで解散を知った時にも驚きより先にやっぱりと思ってしまったこと…そんなことを思い出してしまうからだ。でもこの日のライヴで、そんな思いは払拭されることになる。

さて、渡英後ということで “God Save The Queen” の流れる中、メンバー登場。初日には1曲目の終わりくらいで “降りてきた” 元基も、2日目は最初っから人見元基だった。
特に “Mountain Top” ~ “I've Throwin It All Away” がすごくて、歌を表現するってこういうことなんだというお手本のような、魂のこもったすごいものを見せつけられてしまった。
本人も「いい曲ですねぇ…入っちゃった…」と涙目でぼそっと言っちゃうくらいの。

この人たちに限って「よくある再結成」的な再結成なんて見せるわけがないのは十分わかって臨んでいるライヴだったが、こっちが思っている以上に長年の空白を進化で埋め倒して余りある、素晴らしい2日間だった。
「We're VOW WOW!!」
この言葉だけで十分です。本当にこの人たちのファンでよかった。今年もまた会えるといいな。


1. Somewhere In The Night
2. Tell Me

3. Helter Skelter

4. Mountain Top
5. I've Thrown It All Away

6. Don't Leave Me Now

7. Vo. Solo :A Song For You
8. Key. Solo:Arabesque~Born To Die~War Man~SOLO

9. Turn On The Night

10. G. Solo:Ave Maria

11. You Got It Made
12. Go Insane

13. Cry No More

14. Don't Tell Me Lies
15. Nightless City
16. You're The One For Me
17. Premonition
18. Hurricane

En.1
Shot In The Dark

En.2
Rock Me Now
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-01-19 00:12 | MUSICA | Comments(2)

VOW WOW “ヴァウの総て All about VOW” 第一幕~渡英前@SHIBUYA-AX(2010.12.25)

d0043369_07953.jpg
ちょうど1年前、この会場で “解散ライヴ” を行ったVOW WOWの “2日限りの再結成” ライヴ。
初日を「第一幕~渡英前」、2日目を「第二幕~渡英後」として、それぞれの時代の代表曲をやるというもの。チケットはもちろん完売、チケットを持っている人でさえ開場前から長蛇の列。
d0043369_08226.jpg


前回同様のお嬢さんがナレーションする「オリジナル前説」が否応でも期待感をあおる中、一番の懸念事項は去年のように着席していなければいけないのかということだったが、今回は最初からスタンディングOKのお許しが出た。
ほぼ定刻に客電が落ち、Vo:人見元基、G:山本恭司、Key:厚見玲衣、Ds:新美俊宏、そしてサポートのB:Gregg Lee(タキオンで玲衣さんと一緒だったそうです)というメンバーがステージに登場。恭司さんと玲衣さんはばっちりキメキメのステージ衣装、新美さん・元基さん・Greggさんはラフな姿というかこちらもいつものステージ衣装な感じ。あ、もちろん手にはいつものように白ワインステージドリンクのビンもね。

MCによると「Vの代表曲は渡英前のアルバムからが多いから、今日来た人はツウ。渡英後のもやるけど」らしい。
キーボードソロの中で “White Christmas” からソロにアレンジした “Mask Of Flesh” と流れたので、バンドでこの曲はやらないのかと少々がっかりしたが、それ以外にはなんの文句もございません。
詳しいこと書かなくてもセットリストを見れば、わかる人ならわかるよね!というまさにVのすべてがぎっしり入った1日目でした。

1.Hurricane
2.Doncha Wanna Cum(Hangar15)

3.Rock Your Cradle
4.Love Walks

5.Stay Close Tonight

6.Vocal Solo:Cry Me A River
7.Key Solo:White Cristmas~Masque of Flesh(Masquerade)

8.Signs Of The Times
9.Guitar Solo~Amaging Grace~Silent Night
10.Siren Song

11.Don't Tell Me Lies
12.Snow Flakes~Pains Of Love
13.Nightless City
14.You're The One For Me
15.Shock Waves

En.1
1.Go Insane
2.Shot In The Dark

En.2
1.Too Late To Turn Back
2.Rock Me Now
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-01-16 00:14 | MUSICA | Comments(2)

Rosso-Rossi

rosso(形容詞):赤い
rossi:男性名詞複数形を形容する時の形。ただし、大文字で始まるときは世界最強のライダー
d0043369_13533837.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2011-01-11 13:58 | ITALIA | Comments(4)

浅草羽子板市

約1ヶ月前の浅草寺本堂前から見たスカイツリーです。こんな狭いとこに、うまいこと建てるもんですね。
d0043369_21314536.jpg



その日、浅草寺境内では羽子板市が行われておりました。(毎年12月17~19日開催)
d0043369_21361180.jpg



歌舞伎を題材にしたモチーフが大部分の羽子板の中で、世相を反映した変わり羽子板というのもあります。
d0043369_21433473.jpg



定番モチーフでも世相を反映しちゃってるのもあります。
d0043369_2146425.jpg



元々は江戸の伝統工芸である押絵羽子板、その職人さんの多くが浅草で仕事をしていらっしゃいましたが、現在では大半が春日部・岩槻周辺に移転し、浅草で羽子板の制作をしているのは1件になってしまったそうです。それがTVで取り上げられたこともあるこちらの原島羽子板店さん
d0043369_2291379.jpg



どちらのお店でも羽子板を買ったお客さんは威勢のよく三本締めで送り出してもらえるのですが、こちらではその他に羽子板に添えられるように縁起の良い歌舞伎文字で名札を書いていただけます。
d0043369_22203828.jpg



そういえば、こちらのご主人も歌舞伎役者っぽく、しゅっとしてらっしゃると思いませんか?
…って、ホントに役者さんなんですよ~ ;P
d0043369_22213473.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2011-01-10 22:25 | DIARIO | Comments(2)

お店決まりました

ドッグウッドプラザ新しいSCのテナントが大体明らかになってるんだけど、梅蘭が入るのはうれしいな。時々あの焼きそばが無性に食べたくなるんだよね。
家電量販店とミスドはないのかしら~?シネコンはホントに出来るの?ついでにライヴハウス作っちゃえば?
ま、ここが3月にオープンしたら当分はえらい混雑なんでしょうな。落ち着いたら見にいこ。
d0043369_22212627.jpg
*写真はYahooより
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-01-08 22:22 | ECCETERA | Comments(0)

個展その後

先月行った個展でお願いしたTシャツが届いたから見て~♪
d0043369_14412026.jpg
元の切り絵はこれ。写真をクリックすると、精巧さといけめんっぷりがよりわかります。
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-01-08 14:51 | CALCIO | Comments(2)