<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

夏の自転車通勤

d0043369_22475084.jpg

そろそろ汗ばむ季節です。自転車通勤のみなさんは汗だくで職場についた後、どうされているんですか?
私の周りにも職場まで自転車通勤をしている人が何人かいますが、みな自由な仕事の人たちばかりで、着替えをバッグに入れて持っていき、着いたらトイレでタオルや汗ふき用ウェットティッシュで汗をふき、着替えて何事もなかったかのように登場するそうです。
じゃ、スーツを着なくてはならないような職場の人はどうしてるの?真夏だろうがチャリ通勤したい!という方々はどうしているんでしょう?そんな疑問を解消してくれる面白いお店を、先日千代田区内を歩いていてみつけました。
店頭に置かれていたパンフによるとそこでやっているサービスとは…

1 自転車(ロードバイク)預かり
2 シャワーブース&洗髪OKの洗面台
3 メット他小物用からスーツ用まで大きさいろいろのロッカー

急に乗って帰れなくなった時のための留め置き、貸しタオル、ウェアの洗濯、ちょっとした整備など他にもいろいろなサービスがあるそうです。
初回お試しは更衣・シャワー・自転車&荷物預かりのセットで1,000円、他は都度払い、月極などいろいろな料金設定になっていました。

ロードバイク&シャワーというこのお店のアイデア、「あったまいいな~♪」と思います。
さっぱりできる上に、帰りまで愛車の盗難の心配がなくなるのは安心ですよね。本格的な自転車ってパーツひとつでもいいお値段するんでしょう?昔、駅の駐輪場にとめていて、帰ってきたらサドルが盗られていた時の悔しさ、ママチャリごときでもいまだに忘れられないもんね。
お店の場所は千代田区内のオフィス街、古めのビル(=トイレが狭くて着替えが大変)が多いところ。流行るといいね、がんばれ~

*写真はTour of Japan HPより


accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-26 22:55 | DIARIO | Comments(8)

ValentinoRossi46-H22B

ど~ん!
d0043369_1364113.jpg

久しぶりにやっちゃった、清水ダ~イブ!!
彼のピットで使われてるとは思わないけど、世界最速 の男のしるしがついている ネットブック

d0043369_14057.jpg牛柄テープの段ボールを開けると

d0043369_144718.jpgこ~んなわくわくな箱が出てくるよ

d0043369_1442185.jpg 裏だって真っ黒じゃないんだよ

d0043369_1464259.jpg壁紙はもちろん、液晶の枠部分にもナンバー入りさ♪

d0043369_148973.jpgビミョーに角が2か所はみ出すソフトケースも46


Windows7積んでるし、キーボードも打ち易くていい感じ。
不満を言うならせっかくのケースのイラスト(最初の写真)が使ってる人間には見えないということかしら。
ご購入のお礼に第3戦フランスGPのポールポジションを獲ってくれるなんざぁ、愛いやつじゃ♪



accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-23 01:51 | ITALIA | Comments(8)

Ronnie James Dio

d0043369_23561718.jpg
ロニーが16日、虹を越えて行きました。
RAINBOWの歴代ヴォーカリスト、どの人も好きなんだけど、一番好きなアルバムを歌っていた初代のヴォーカリストです。
当時のRAINBOWの重厚なサウンドにぴったりのドラマティックな歌い方をする人でした。
家でいろいろやっていた休日、懐かしいCDを繰り返しかけ続けてました。
天国でCOZYと楽しくやってね。
R.I.P...

accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-20 23:57 | MUSICA | Comments(2)

BARBERO

あこがれの自由が丘のチョコレート屋さんへ行きました。
おねだんがかわいくないことは知っていました。でも、ここではbrioche con gelatoが食べられるって聞いたから!

ブリオッシュ・コン・ジェラートというのは文字通りあのパンのブリオッシュに切り込みを入れ、ジェラートをこれでもかと挟み込んだ食べ物。
日本で売ってるブリオッシュより全然大きなパンで出てくるので、どちらかというとハンバーガー状というかむしろハンブルゲルに匹敵するくらいのボリューミーさを誇ります。

こんなのが出るかd0043369_1855483.jpg

こんなのが出るかd0043369_186295.jpg

こんなのが出るかd0043369_1864923.jpg

…と夢見がちに待つこと数分、出てきたのは手のひらに乗っかりそうなかわいいブリちゃん(溶ける前に速攻食べないと大変なことになるから、写真はなし)。
でも、パンの部分も中身のジェラート(のっちょーら)もおいしかった~♪

そしてチョコ屋に行って手ぶらで帰れるはずもなく、買ってしまいました。
ど~ん!
d0043369_189102.jpg

小さなグリッシーニを2種類のチョコでコーティングしたGrissini Ricoperti、40g(10本入ってた)で1英世は決してかわいくないけれど、たまにはいいよね~♪
d0043369_1810990.jpg


本店まで行って全種類お買い上げなんて素敵ね~♪


accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-20 18:14 | ITALIA | Comments(8)

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門/カレン・キングストン 著, 田村明子 訳(小学館文庫)

d0043369_13261284.jpgずいぶん前にKちゃんがおすすめの本として取り上げていた本。
中国発祥の風水という考え方を欧米の方がどう捉えるのかにも興味があって気にはなっていたのですが、なかなか手に取る機会がなかった本です。
ところが先日、図書館へ取り寄せた本を受け取りに行った際、カウンター脇の「今日返却された本」ワゴンにこの本が乗っているのを発見し、これも何かの縁かなと借りてみました。

ものすご~く簡単にいうと家を9分割して、そこにある不要なものを処分してきれいにすることで、そのエリアが司る運気をあげるという考え方の風水の本。ビミョーなセンスのインテリアグッズを置く必要もない簡単な方法なので、これなら私にもできそう。…かもしれない。
さっそく9分割してみようと長方形の我が家を歩幅で測ってみると、長辺でもたった15歩で短辺に至ってはわずか10歩。悲しくなってきた。
気を取り直して、分割図に当てはめてみると…やばい!一番とっちらかってるのは金運エリアではないか!!しかもあんなにイタリアイタリア言ってるくせに、旅行エリアも大変なことになってる。
…ということで、少しずつお片付けモードに入ります。

ちなみにWikiによると伊語で風水はfeng shui、男性名詞です。

おまけ
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-20 13:31 | BIBLIOTECA | Comments(6)

L'UOMO CHE VERRA`/やがて来たる者

d0043369_18533998.jpg
主人公のマルティーナは8歳の少女、Bolognaの南約25kmの山村Monte Sole(モンテ・ソーレ)で暮らす貧しい農家のひとり娘だが、生後間もない弟が亡くなって以来、そのショックで言葉を失ってしまった。
しかし1943年冬、再び母が妊娠し、マルティーナは新しい家族の誕生を待ちわびる。次第に戦争が激化していくなか、1944年9月28日から29日にかけての夜、待望の弟が産声を上げる。
家族の会話、地元の人たちの会話部分はイタリア語字幕入り。

第2次世界大戦=日独伊三国同盟とイメージしがちなので少し整理しておきたい。
同盟は「大日本帝国」「ナチス・ドイツ」「イタリア王国」の間で締結され、「La vita e` bella」をはじめ当時を描いた数々の映画にもみられるように、ドイツ軍はイタリア国内に進駐している。
連合軍がシチリアに上陸し、1943年、連合国に降伏したイタリア王国は同盟を破棄、逆に反ファシストの路線をとり、ドイツに宣戦することになる。当時の統治者ムッソリーニは党内の反ファシスト勢力により幽閉されるが、ドイツに救出され、ドイツの傀儡政府であるイタリア社会共和国(RSI、別名サロ共和国)のリーダーにまつりあげられる。
つまり、1943年以降のイタリアでの第2次大戦はナチス・ドイツ、RSIvs連合国、イタリア王国、パルチザン(民間人による非正規軍)という内戦に近いような状態といえる。

ドイツ側が防衛線を築き、連合国側が突破しては戦場が北上するという戦況は少々強引ではあるが映画でいうと『マレーナ(シチリア)』→『セントアンナの奇跡(フィレンツェ)』→『やがて来たる者』という流れである。
“1944年6月4日イタリア首都ローマが陥落したが、ドイツ軍はイタリア中部に「ヴィテルボ線」「トラジメーノ線」「アルノ線」「ゴシック線」という4重の防衛線を敷き直し抵抗を続けた。しかし、アルノ線まで連合軍の突破を許し、8月11日フィレンツェが陥落した。だが、連合軍はノルマンディー上陸作戦のため一時攻撃を中止し、9月以降ゴシック線で両軍のにらみ合いが続いた。(Wikiより抜粋)” とWiki上ではたった3行で表記されたこの時期の、中部イタリア最後の防衛線「ゴシック線」付近の村が物語の舞台である。
そしてマルティーナの弟が生まれ夜が明けた1944年9月29日から10月5日まで、この土地ではパルチザン狩りを名目に『Strage di Marzabotto(マルツァボットの大虐殺』と呼ばれる虐殺がナチスによって行われ、一般市民約1800人が亡くなっている。この事件については井上ひさしさんが著書『ボローニャ紀行』の中で取り上げており、虐殺を生き残ったパルチザン兵士にインタビューを行っている。

映画の前半部分では、貧しいながらも大家族が助け合って戦時下とはいえ日常生活をおくる様子が丁寧に描かれている。ドイツ兵が食べ物を奪うに近い形で貰いに来たり、パルチザンが捕まえたドイツ兵を林の中で射殺するといった平穏時にはない異常な事態を織り込んで緊張感を与えながら、当時のこの地方では、こんな風景の中、こういう家で、こういう暮らしをしていたのだろうなと映画の世界にスムーズに入っていける。
虐殺を描いた後半は、いとも簡単に次々と無抵抗の人々を殺せる「人間の怖さ」がわざわざ残虐な映像を使わずに淡々と描かれ、逆に戦争の狂気を感じさせる。
マルティーナにとってL'uomo che verrà:やがて来たる者は生まれてくる弟だったのか、ドイツ兵なのか、あるいは肉親をすべて殺されて生き残った幼すぎる姉弟に救いの手をさしのべる者なのだろうか。声をあげることもできないまま、ドイツ兵による虐殺もパルチザンによる殺害も目の当たりにしてしまったマルティーナが、か細い声を取り戻し、弟に子守唄を歌って聞かせるラストシーンが切なすぎる。上映後Diritti監督の「語り継いでいかなければならないことでもあるが、今でも世界中で同じようなことが起きている」という言葉が印象的だった。
今年のイタリア映画祭で8本観たうちのシメがこの作品で、重たい映画だったが映像にも内容にも大満足、日本でも買い手がついたようなので、公開されたらもう一度見たいと思っている。

L'UOMO CHE VERRA`
Martina:Greta Zuccheri Montanari
Lena(母):Maya Sansa
Armando(父):Claudio Casadio
Beniamina(叔母):Alba Rohrwacher

Regia:Giorgio Diritti
2009,Italia


accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-13 19:21 | FILM | Comments(6)

LO SPAZIO BIANCO/まっさらな光のもとで

d0043369_1815881.jpg
主演はMANUALE D'AMORE/イタリア的、恋愛マニュアルで夫の食べ方の汚さを嘆く主婦になり、LA SCONOSCIUTA/題名のない子守唄では弁護士だったMargherita Buy。

期せずして妊娠したマリア、シングルマザーとして生きていくことを決意するが、娘は6カ月の早産で生まれ、保育器の中で眠る彼女を見守るだけの日々が始まる。
生まれてもすぐに死ぬか、生きても障害が残るのか、あるいはそのまま生きるのか医師にもわからないという状態で生まれた娘は、妊娠中と同じ環境に設定された保育器の中で眠り続ける。生まれてくるのを待ち、保育器での「擬似妊娠」が終わるのを待ち、呼吸装置を外して自発呼吸が出来て初めて母親になれるのかなれないのかがわかる、ただただ待つだけの日々。
白一色の部屋がカーテンでいくつにも仕切られ、各々に保育器の赤ちゃんと親、保育器につながれた機械の音だけが響く「Lo spazio bianco(白い空間)」。待つこと以外何もすることなく流れていくだけの時間、思うように過ごせない時間それもlo spazio biancoといえるかもしれない。
夜間中学でイタリア語を教えるマリアの生徒たちはみな人生の真ん中を過ぎたそこそこいい大人たち。働き、子供を育て上げ、中には母国では医者なのになんて外国人もいるが、生活のために学業に費やせなかったlo spazio biancoが無駄ではないこと、あとになってからでも学び、努力することで取り戻せることを逆に教師であるマリアに教えているようにも思える。

前日に観た「La doppia ora」で主人公の同僚役でいわゆる二番手としてポジティブな役柄を演じたAntonia Truppoがこの作品でも二番手でポジなママ友として登場する。同じく本カレRiccardo役のGaetano BrunoがMariaとできちゃう小児科医に。


Maria:Margherita Buy
Giovanni Berti(医師):Gaetano Bruno
Fabrizio:Giovanni Ludeno
Mina:Antonia Truppo
Pietro:Guido Caprino
Gaetano:Salvatore Cantalupo
Magistrata:Maria Pajato

Regia:Francesca Comencini
2009, Italia



accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-09 18:33 | FILM | Comments(0)

LA DOPPIA ORA/重なりあう時

d0043369_15541271.jpg
ホテルで清掃係として働くスロベニア移民のSoniaと、元警察官で今はガードマンのGuido。
スピードデートなる一種のカップリングパーティーで知り合った二人は付き合い始めるが…。

ラブストーリーであり、サスペンスであり、夢であり、現実でありの複雑なストーリー展開。結末に納得がいくいかないはあるかもしれないけれど、最終的にはすべての辻褄が合うよううまいことできています。
d0043369_1554537.jpg

主役のGuidoは「Vincere/勝利を」でMussoliniだったFilippo Timiが演じていて、Mussoliniは声を張るシーンが多くて気にしていなかったけど、抑えたトーンでしゃべるGuido役だといい声してるんですよ~。一方で「Vincere」ではヒロインIdaの義兄でとってもいい人の役だったFausto Russo Alesiが下心丸出しのおやじとして出てくるんですけどね。
LA SCONOSCIUTA/題名のない子守唄」で謎の女を演じたKsenia Rappoportがこの作品でも秘密めいた主人公Soniaを演じています。
監督によると、作品の原案ではイタリア人女性だったこの役にどうしてもKseniaをキャスティングしたくて設定を変えたというほれ込みっぷりに応えた見事な謎の女っぷり。表の顔と裏の顔がどちらも本当の顔に見え、どちらが本物のなのか自分でもわからなくなりそうな危うい感じを出すのが実にうまいと思います。
コメディタッチで明るく描いて峰不二子みたいになったのも観てみたい。

Sonia:Ksenia Rappoport   
Guido:Filippo Timi
Margherita:Antonia Truppo   
Riccardo:Gaetano Bruno
Bruno:Fausto Russo alesi   
Dante:Michele Di Mauro
Vice direttore albergo:Lorenzo Gioielli   
Rossa speed date:Lidia Vitale

Regia:Giuseppe Capotondi
2009,Italia

accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-08 15:58 | FILM | Comments(0)

6年目!

忘れそうなので今書いておきます。
早いものであと1時間で「らびたえ」6年目に突入です。
丸5年で960件めの戯言です。
こっそりやっているのに5万人以上の方に来ていただきました。
読むだけの方、コメントを残してくださる方、何かの拍子で辺境ブログに迷い込んでしまった方、
みなさんどうもありがとうございます。
これからもこんな調子でとりとめもなく続けていきますので、お付き合いくださると喜びます。

6年目も愛してね~♪


accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-06 23:00 | DIARIO | Comments(6)

EX:元カノ/カレ

d0043369_22354033.jpg
今カノの元カレに脅迫された男がパトロール中の警官に泣きつくと、警官の相棒が当の元カレだったり、怪我を負った元カレ警官が病院に運び込まれると…etc. 元カップルや現在進行形のカップル、登場人物同士に何らかのつながりがあり、それがまた笑える。
涙が出るほど笑い転げ、その中に切ない涙が混じって映画が終わった後、波乱万丈の登場人物たちは多分しあわせになっていき、おそらく少ししたらまた同じような犬も喰わないケンカを繰り返すのだろうと予感させる。そしてそのドタバタを観てもう一度笑いたい、そんな楽しい映画。名作といわれるような作品で主役を張れそうな俳優たちが真剣に喜劇を演じているからよけいに面白い。

Sergio:Claudio Bisio
Caterina:Nancy Brilli
Giulia:Cristiana Capotondi   
Monique:Cécile Cassel
Paolo:Fabio De luigi   
Davide:Alessandro Gassman
Elisa:Claudia Gerini   
Don Lorenzo:Flavio Insinna
Luca:Silvio Orlando   
Valentina:Martina Pinto
Michela:Elena Sofia Ricci   
Filippo:Vincenzo Salemme
Loredana:Carla Signoris   
Corrado:Gian Marco Tognazzi
Roberta:Giorgia Würth   
Marc:Malik Zidi

Regia:Fausto Brizzi
2009, Italia   

accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-05-06 22:43 | FILM | Comments(2)