<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Miscast vol.3~Fumiaki Nishiyama presents@SHOWBOAT(2009.10.24)

d0043369_15535240.jpg

頼れる兄貴:西山史晃さんが主催するイベント “秋のフミまつりMISCAST” もついにVol3、今年は高円寺のSHOW BOAT。土曜日+高円寺=お子様ランチで腹ごしらえして長丁場に臨みます。

ENYAの “Caribbean Blue” に乗ってコワモテの最初に演奏するメンバー登場。
このまえ竜サンに会ったのは約3年前なんだけど、相変わらず全然変わってないというより若返ってるような気がするのはなぜ?

ROGUE時代の曲、KNiFe時代の曲、ソロとして作っている曲…と新旧織り交ぜて進行する中、奥野敦士さんが詞を書いた新曲 “シュミレーションゲーム” を披露してくれた。奥野さんっぽい詞にうれしくなる。
後半にラップのDaisakuくんが登場。ラップが入る曲といえばあの曲…の予想通り “LOSE ONSELF” が始まるのだけど、もともと好きな曲というのを差し引いても想像以上にかっこよくて、これがこの日いちばんよかったかも!

アンコールは新バンドKISSAMAの3人で “夜をぶっ飛ばせ”。歌い足りなくて(?)楽屋で叫んでいた宮原さん、4日に期待してますよ♪
全22曲の長丁場でしたが、長さを感じるより楽しさのほうがいっぱいの “秋のフミまつり” でした。

で、ライヴの翌週、“やっぱりSHIP OF COMPLEXはストリングスの音が入るとよかったよね~”…なんて思い出しながら、多分しまりのない顔をしてバスに乗ってました。混んでいて全く気づかなかったけど、同じバスからそのStの音を出していた人が降りてきてどびっくり。


【Miscast vol.3~Fumiaki Nishiyama presents】
 Vo,B:西山史晃
 Vo,G:宮原学本田毅榊原秀樹、吉田遊介
 D:深澤“竜”靖明、村田一弘、小田原豊
 Key:潮崎裕己
 Rap:Daisaku
 Vo:KAO

1. Cheap Trick(KNiFe)
2. SEASIDE STREET(ROGUE)
3. 7・7・7(KNiFe)
4. Ship of complex(ROGUE)
5. Moon Light Savage(KNiFe)
6. PA'LETTES(KNiFe)
7. WONDERFUL TONIGHT(vo 宮原学)
8. You gotta move it!(solo)
9. Love(solo)
10. シミュレーションゲーム(solo)
11. ここでキスして(vo KAO)
12. キセキ(vo KAO)
13. I Love N.Y(KNiFe)
14. 恋のハートアタッカー(KNiFe)
15. LOSE ONESELF(feat.daisaku)(ROGUE)
16. Miscast man(feat.daisaku)(KNiFe)
17. 太陽の季節(vo榊原秀樹)(カリキュラマシーン
18. ARE YOU HAPPY?(vo榊原秀樹)(カリキュラマシーン)
19. Nori(solo)
20. この地球上に(solo)
21. R&R is dead(solo)

EN 夜をぶっ飛ばせ(solo)by KISSAMA
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-31 16:05 | MUSICA | Comments(0)

おとなのお子様ランチ

今年はなんだか高円寺のライヴハウス:SHOWBOATに行く機会が多いのだけど、ライヴのお楽しみのほかにもうひとつお楽しみができました。
春先に偶然オープン直後に入って以来、ライヴ前に時間を作れるなら絶対行きたいお店です。初めて行った時は残念ながらそんなにおなかが減っていなかったのでサンドウィッチを頼み、丁寧に作ってあることがわかる味、の~んびりできる空間、豊富なメニューetc. にいっぺんで好きになっちゃったんだけど、中でもいちばん魅力的なのはこれ。
d0043369_0281935.jpg

こどもをダシに使わなくてもお子様ランチが食べられる~♪しかも、かなりのボリューム。もちろんお子様ランチといえばお約束はそびえるチキンライス山頂にたなびく旗とおまけ。おまけは選べるちっちゃい缶バッジ、そして旗は…
d0043369_0323639.jpg
ちゃんとうしろあたままで作ってある凝りっぷり(笑)

一緒に写っているドライカレーもおいしかったし、食事メニュー、デザートメニュー、お酒も含めたドリンクメニューも充実していて、タバコも吸えるしペットもOK、あらゆる人が楽しめるようがんばってます。
ただオーダーしてから作ってくれるので時間がかかります。なのに「その分、長居できてラッキー♪」という気持ちになる心地よい雰囲気のお店です。だから週末のライヴの時しか寄れないのがホントに残念。

店長さんの奮闘ぶりを知りたい人はこちら
お店の様子を知りたいひとはこちら


【Baby King Kitchen】(09.10現在)
杉並区高円寺北3-2-15(03-5356-9960)
 (2Fだけどひもを引っ張るとスタッフが助けてくれるからベビーカーも大丈夫)
12:00~25:00 不定休
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-31 01:03 | MANGIARE | Comments(2)

いのちの代償/川嶋康男(ポプラ文庫)

d0043369_194520.jpg表紙の写真に目を留め手にとって、題材の重さに1日悩んだ結果買った1冊。
「凍れるいのち」の改題、再構成。

1962年暮れ、北海道大雪山系旭岳にて北海道学芸大学(現・北海道教育大学)函館分校山岳部11人のパーティーが遭難、10人が亡くなり、4年生のリーダーただひとりが生還した。
遠足以外で山に登ったことはないが、本格的な登山が容易でないことくらいの想像はつく。ましてやどれだけ万全を期して準備したとしてもそれを越える危機に遭遇したら、今から40年以上も前の装備だったら、20代前半の学生だったら、自分がどこにいるのかもわからない中でひとりまたひとりと仲間が倒れ最後のひとりになってしまったら…。
最善を尽くし、助けを求めるために前に進み、生還したことで大きな代償を負うことになっても、それでも1度の人生で11人分の人生を生き抜くと覚悟を決め、その決意を貫くリーダー。
彼だけでなく、パーティーの仲間、家族、そして凍傷の治療中の彼に代わって雪の中で眠る仲間を捜索する無二の親友の生と死が交錯し、最初に手にとった時に思った以上にヘビーな内容で、毎日、少しずつしか読み進めませんでした。
でも読んでよかったです。人は強いけれど儚く、また儚いけれども強いということを再認識します。
Aちゃんにこの本のことを説明したら「読むことが修行みたいな本だね…」と。ああ、そういう風にも言えるね。
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-23 01:13 | BIBLIOTECA | Comments(2)

原是@thumbs up(2009.10.19)

d0043369_1446579.jpg
いや、もう、
070.gifすっご~く楽しかった070.gif!!

My favorite musicianのギター部門、ドラム部門の国内第1位が揃い踏みで、それだけでもうわくわくだったんですが、改めて惚れ直したというか、もう一生ついていきます!
ファースト・ライヴにして解散ライヴ、来年再結成ライヴやるんだって037.gif
いつもならドラムセットがあろうはずのステージ中央の奥の台にはギターが並び、ドラムは下手にセッティング。なぜならドラマーはそうるさん、あの台には乗り切らないでしょ~。で、上手にベースの原さん、センターには原田さんと是永さん。フロントに分け目が逆なだけで同じヘアスタイルをした妖艶系ギタリストがふたり。是永さんがシャツを脱いでたら衣装までお揃いになるところだった…。

おなじみFunk-o-maticで始まったステージは1曲目からROCK全開。楽し~い♪
「リハーサルが無駄だった」とご本人たちが言うように、アイコンタクトでどんどん展開するテクの嵐、大人のセッションの醍醐味を満喫しました。
特にすごかったのはアンコールでやったLed Boots。再結成の時にはぜひもう1度やってほしいです。
本当に行ってよかった~と幸せ気分を抱きしめて帰り道についたライヴ、メンバーはこちらの4人。
 Vo.G 原田 喧太
 G 是永 巧一
 B 原 健
 D そうる 透


そうそう、ドラム部門海外第1位はTommy Leeということで。
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-20 15:45 | MUSICA | Comments(8)

瀬田玉川神社例大祭2009

d0043369_23525383.jpg

きょうびのおみこしはライトアップ機能付き。
縁日のじゃがバターがおいしい瀬田玉川神社、明日もおまつり♪

私が通った高校は都立高校なのに学校におみこしがあって、文化祭の時に町内を回っていた。
担ぎ手は有志の生徒だったけど、いでたちから何から相当本気だった。あれは何だったんだろ?

今年はお祭り装束のくまもこっそり参加。
d0043369_17492044.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-17 23:58 | DIARIO | Comments(4)

PATATE E PEPERONI

書斎オーディオルームに加えてこっそり台所を増築してます。
子供の頃から本棚に参考書を並べただけで賢い子になった気がしてた性分の名残か、作りもしないのに料理本を買っては眺めて料理上手になったような気がしてるわけですが、一応たまには作ったりもするし、あとは雑誌やチラシに載っているような散乱しがちなレシピの整理も兼ねて並べてます。
実際に作ってみたものは元のレシピとの相違点やメモを残すようにしてみました。ホントは『レシピをスキャンしたら料理が出てくるレンジ』なんかあったらうれしいんだけど。

d0043369_23311752.jpgこないだ作ったのはこれ。
PATATE E PEPERONI:じゃがいもとパプリカという何のひねりもない名前のカラブリア地方の家庭料理だそうです。じゃがいもとパプリカを多めのオイルとパプリカの水分で蒸し炒めにしたもので、唐辛子がばっちり効いているのに野菜の甘みといい感じにからまって、ついつい後を引くキケンな食べ物です。
一応“つけあわせ”扱いのメニューですが、じゅうぶんメインをはれるボリュームもあるし、お酒を飲む人もぜったい好きな味だと思う。
作り方はこちらから、小ぶりの男爵5個、オイル大さじ3~4、塩ひとつまみに変更してます。温泉卵や半熟目玉焼きを乗っけてもおいしいかもね♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-17 23:41 | CUCINARE | Comments(2)

白くま と ぱんだ

d0043369_024525.jpgこんにちは、ちびくまです035.gif
あっこちゃんが こないだより おっきい しろくまさんを つれてきました。
こんどの しろくまさんは つめたいです。


d0043369_0281611.jpgうわぁ~~、あいすだぁっ053.gif


べつのひには ぱんださんも つれてきてくれました。
d0043369_0323659.jpg

かすたーどの しゅーくりーむに ほわいとちょこかけて、ふつーの ちょこで おかおが かいてあるんだよ。
Boon's CREAM PUFFってゆー おみせで かったんだって。
げんてー なんだって。…あっこちゃんって げんてーってゆーのに よわいよね037.gif
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-17 00:38 | TB365 | Comments(2)

干しいちじくとオレンジのパン&天然酵母のライサワーブレッド

d0043369_0134161.jpg
7月のパン教室のお題は “干しいちじくとオレンジのパン” と “天然酵母のライサワーブレッド”。
全工程をひとりでやるようになってからは、基本的にはひとつの生地を途中で分けて2種類のものを作ってます。これはライ麦粉が混ざっているから白くなくて、味もほのかに酸味があります。
いつもだと小麦粉にドライイーストや天然酵母を混ぜてこねてるけど、今回のはあらかじめライ麦粉、例の白い粉からできたヨーグルト、天然酵母で “発酵種” を作っておき、それを小麦粉他に混ぜて使います。
途中で生地を二つに分けて、一方はドライフルーツのいちじくとオレンジピールを混ぜ、丸く成形してライ麦粉を振って焼きます。
もう一方はきざんだくるみを混ぜた生地をなまこにして、まぶしてあるのはひまわりの種です。
d0043369_0252916.jpg
一見先生が作ったのと変わらないように見えますが、なまこの方はくるみが均一に混ざってなかったり、丸い方はまぶした粉でごまかされているけど表面がでこぼこで、クープ(割れ目)の入れ方もいまいち…とつっこみどころはいっぱいある。でも気がつかないふりをしよ~っと。
こういう硬めで粉の味をかみしめるパンって好きだな♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-16 00:31 | PANE | Comments(0)

食べたいほど愛しいイタリア/Alessandro Giovanni Gerevini(新潮文庫)

d0043369_0242197.jpg「ボクが教えるほんとのイタリア」の加筆・改題。
よしもとばななをイタリアに紹介したGereviniさんによる、クレモナの都市伝説やら、重症のヌテッラ依存症がどんな行動をもたらすかなど思わずぷふっと笑ってしまう軽いお話、役に立つお話のつまった短編エッセイがきれいな日本語でつづられています。
“その結果”がツボにはいっちゃう伊人をここにも発見…と思ったら、先日、隣の教室で教えてはった。ホントに発見(笑)
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-15 00:29 | BIBLIOTECA | Comments(2)

ミニチョコ食パン

トマトパンの家での復習版は “味はいいけど見た目いまいち” っていう得意のパターンだったので、成形の練習に丸パンを焼こうとこねこね。
「そうだ、チョコチップを入れよう♪」と、思いつきだけで1次発酵前にチョコチップをふんだんに投入。それが失敗の始まり。

発酵すると生地の温度はチョコレートの融点28℃を超えるってことをすっかり忘れていました。1次発酵が終わった時点でマーブル状態。気を取り直して生地を小分けしてみるが、とても丸めようという気は起こらないべとべとの代物。う~ん…
「そうだ、ケースに入れて焼いて食パンにしてしまおう♪」

パウンド型2個に入れて焼いた結果がこちら。迷走パン作りは続きます。
d0043369_2334833.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-13 23:34 | PANE | Comments(2)