<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プリモディーネ@駒澤大学

中目黒のKちゃんとこに続いて2軒目の“ペコちゃんcaffe`”の飲めるBAR見っけ!
d0043369_010011.jpg

ドルチェは“モンブラン” じゃないよ、“モンテビアンコ” だよ♪
冷蔵ケースの中で干からびたりしてないよ、オーダーしてからにゅにゅいっと栗クリームを絞ってくれるんだよ~♪

東京に増えて欲しいのはBARとPIAZZA。
最寄り駅にこういうお店があったらカンペキなのになぁ~。
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-10-29 00:24 | MANGIARE | Comments(4)

松是@関内STORMY MONDAY(2008.10.22)

d0043369_21564197.jpgまだ10月だっていうのに、もう今年最後のまぁ~つこるぇい!で超絶ギタリストの腕筋 超絶テク炸裂セッションを堪能してきました。
観に行く度にバンドの完成度が上がっていくのはもちろん、同じ曲をやっても毎回違ってて、何度行っても飽きることなく大満足の松是ちゃん。さすがはプロ中のプロの集まりです。

いつも凄すぎる演奏と楽しすぎるMCのライヴですが、先日急逝された塩次伸二さんをブルースで追悼する悲しい時間もありました。
ストマンに向かう電車の中で、みくしにいとこがこの方のことを書いているのを読みながら来たところだったので、余計うるっときてしまった…。

“ヘビメタは欲張り”(←当たってる!)が合言葉のこの日のライヴ、楽しい時間はあっという間に過ぎるものでして、今年最後の松是ちゃんもあっという間におしまい。来年の(遠い!)1月までおあずけ、しかも松是の松こと松川さんが単身赴任するんで年明けに数回ライヴをやったら帰国するまで活動休止だなんて…。そんなぁ……。唯一のお楽しみなのにぃ………。はぁぁぁぁ…………。

そうだ、松川さん帰ってくるまで残りの4人で“是”ってどうです?
とか、ゲスト入れて毎回バンド名変えるのは?
リッチーが来たら“ブラ是”、でっかいギタリストが来たら“かが是”…

だめだめ、やっぱりあの5人だから松是なんです。
あ~、来年が待ち遠しい!早く来い来いお正月♪
あ、でも来たら残りライヴが少なくなっちゃう!
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-10-23 22:33 | MUSICA | Comments(2)

ONE/リチャード・バック(集英社文庫)

d0043369_0423083.jpgリチャード・バックの“飛行三部作” 第三弾。
人生半ばを過ぎた年頃のカップルが飛行中にパラレルワールドに迷い込み、さまざまな世界で生きる自分自身あるいは自分自身に相当する別の人物に出会う。自分の選択の積み重ねが自分の人生を作り、何がONEなのかが読み進めるにつれてわかってくるのだが…。
正直言って一度読んだだけでは次々に現れるパラレルワールドと人物の設定に気をとられてか、いくつもの深いメッセージが見えかけていているのにそれを掴みきれないもどかしさがある。繰り返し読むことで鍛えられそうな1冊。

「星の王子さま」のサン・テグジュペリといい、リチャード・バックといい、飛行機乗りの書く本って独特の世界観があるような気がするのはなぜだろう。しかも両者とも好きな作家だし。自身で飛行機を操縦して空に上がり、俯瞰でモノを見てまた降りてくるというのは何か違う感じ方をするのかもしれない。他に飛行家で小説家って方います?
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-10-22 01:02 | BIBLIOTECA | Comments(4)

瀬田玉川神社例大祭

d0043369_22564114.jpg

柄にもなく初詣に行って、あまりの人気っぷりに「待つの寒いし帰ろう」と後にした瀬田玉川神社に行ってきました。坂道の中腹にある入り口から、さらに急な階段を二つ上ります。
d0043369_2303721.jpg

今日はお祭り♪ 最近の神社にはこんな看板があるんですね。あたりには魅力的な屋台がずらり、いい匂いも漂ってるし、仕方ないか。
d0043369_2315724.jpg

近所に住んでるくせに始めて足を踏み入れる境内には、立派なステージも別棟で建っています。
d0043369_2344739.jpg

d0043369_2383260.jpg


ちゃんとお参りをしたあとは、瀬田囃子に舌鼓で参加。
屋台は食べ物も遊びもおなじみのものが一通り揃っていて、じゃがバターがとってもおいしかったです。バター(マーガリン)の他に、おじさんの手作りのキムチと唐辛子味噌が並べてあって、好きなだけ盛っていいシステム。じゃがいもも冷凍品ではなく、生をせいろで蒸して作る今どきちゃんとしたものでした。来年もまた買うね。
懐かしい“型抜き” にも挑戦したけど半分くらいであえなく失敗。子供の頃、結構得意だったんだけどなぁ…残念。
d0043369_23102273.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2008-10-19 23:23 | DIARIO | Comments(6)

炒めたまねぎ

俗に言う“あめ色になるまで炒めた玉ねぎ”、これを入れると洋物おかずがびっくりするほどおいしくなるというか、実力以上の味にしてくれます。
冷凍したり、パッケージされたのも売ってますが、やはり市販のものはそれなりにいいお値段してるし、「TVで簡単にできそうな方法やってたよ~」とMちゃんから聞いたんでホントに簡単かどうか試してみました~035.gif

d0043369_22311354.jpg材料は玉ねぎ3個に対してオリーブオイル大さじ3、材料費約90円(光熱費含まず)。



d0043369_22334215.jpg“薄切りにした玉ねぎに油をもみこむ” という工程は、
“最初にフライパンに油をいれておいて、切ったそばからその中に入れて油をからめる” に簡略化します。



d0043369_22364497.jpg3個分の玉ねぎスライスはこんな量です。
直径27cmのフライパンに対してこのくらいなので、4個まではいけそう。
これを強火にかけて5分、なるべく混ぜずに炒めます。


d0043369_22413693.jpg5分たちました。意外に焦げません。
中火にしてさらに10分炒めますが、様子を見ながら時々混ぜる程度です。
ヒマなので、玉ねぎ番をしながらアイス食べてました。


d0043369_2245108.jpg10分後(中火にしてから5分後)です。
アイス食べ終わりました。


d0043369_224636100.jpg15分後(中火にしてから10分後)の様子です。
ちょっと油断した跡が見られますが、ここからは焦がさないように混ぜながらさらに5分炒めます。火は中火のままキープです。




d0043369_225388.jpg
炒め始めてから20分、こんな少しになっちゃいましたが完成です。
ホントに20分で出来ました。
“6等分(1/2個分ずつ)にとりわけ、ラップに包み、冷凍保存袋に入れて冷凍” とありますが、冷めたところで一気にジッパー付パックに入れて、薄~く平らにして冷凍。凍ったところで適当に割りながら使えばいいかな~っと。

カレーに入れたりいろいろ使えますが、一番かんたんで笑っちゃうくらいおいしさのアップ加減がわかるのは
1.大さじ1くらいの量の玉ねぎをカップに入れる
2.熱湯150ccくらいをかけ、混ぜて解凍
3.コンソメ系カップスープの粉を1人前入れる
4.よく混ぜて解凍で温度が下がった分を取り戻すべく、好みの温度までレンジで加熱


玉ねぎ3個を切って、炒めるの中盤くらいまでは涙と花水の応酬ですが、ホントにカンタンでした。
安上がりだし、また作ろっと。
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-10-17 23:09 | CUCINARE | Comments(2)

モロッコの夜

d0043369_1575464.jpg相当前から気になっていたあのお店に、ご近所のお友達につきあってもらいました。
ル・マグレブ、モロッコ料理のお店です。モロッコ→クスクス?→どうやって食べるん?? 案ずるより食べるが易し、さぁ行ってみよう!


d0043369_15111522.jpgいろいろな布を使って装飾された店内で、興味のわくまま食べまくり♪
前菜の盛り合わせ:やわらかいタコのトマト&ガーリック煮込み、ナスのディップ、ラタトゥイユ&ピタパンを平らげたあと、こんな格好のブログネタの日に写真を撮り忘れるブロガー2人。
あわてて携帯を取り出しモロッコ風サラダ(上段・中)をかろうじて撮るも、次に写真を撮ったのは食後のモロッコ・コーヒー…。 
*他のお料理の写真はHPから

d0043369_15212769.jpg

写真のお料理は上段左からお肉や野菜のたっぷり入ったトマト風味のハリラスープ。ホンのちょっぴりピリ辛です。
真ん中がモロッコ風サラダ盛り合わせ。カレー風味のポテトや、ラタトゥイユ風のナスなどが乗ってます。
右はカバブの盛合わせ。牛挽肉、ラム(ぜんぜんにおわない!おいしい!!)、チキンの3本を2回繰り返す(笑)。豆板醤のような辛いソースが別に添えられていて、それをつけてもまた美味。
下段左は牛挽肉をライスペーパーで包んで揚げた餃子のような春巻きのようなブレワット
真ん中があこがれのクスクス。お店のHPによると“小麦粉の粉を蒸し、その上に牛肉や
鶏肉と野菜を煮込んだソースをかけて食べるモロッコを代表する料理” とある。クスクスがパスタなのは知っていたけど蒸してるんだ~。野菜・白身魚・野菜と肉の3種類のうち、私たちが食べたのは野菜と肉のロイヤルクスクス。激うま!
そして右がムハルサコーヒー。カップッチーノみたいです。
そのほかにブレワットの3倍くらいの大きさで、挽肉と卵を包んで揚げたものも食べました。さくっとナイフを入れると中から黄身がとろ~り♪
全体的にスパイスが効いているけど、クセがあるわけでなし、辛いわけでなし、たぶん日本人の味覚に合わせてくれていることと思うけど、私には好きな味だったなぁ…。

でね、メニューのはじっこに気になる言葉があったんですよ。
“水タバコ 1000円”



d0043369_1692232.jpg好奇心の塊みたいな私たちが試さないわけがない!さっそくみんなで廻しのみ。
甘いフレーバー(多分りんご味)の後に残るさわやかな香り。副流煙も臭くないし、のども痛くならない。
これはハマリそう…。

d0043369_15585933.jpg
お店で出てきた左のパイプのほかに、店内にはいろんな形のパイプがありました(手前は鍋です)。おうちに1台欲しいな~♪ お店でも小さいのを売っていたけど、ネットで見たら結構扱っているところあるし…っていけない、いけない、タバコやめたんだった。ここのお店に来た時だけにしよう ;P
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-10-13 16:05 | MANGIARE | Comments(12)