<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

鶏なべ

d0043369_2258407.jpg先日ヘッポコ家でごちそうになって以来、もンのすごくはまってます、モランボンのねぎ塩鶏なべ用スープ。
鶏なべだから鶏肉も入れるが、野菜をこれでもかこれでもかと入れて、かなり塩気の効いたストレートスープの面影がなくなるまで野菜の水気で薄めると、本当においしい♪ なべ用のスープって今いろんなのが出てて、買うのは初めてなんだけどおいしいんだねぇ。
秋冬限定とか書いてあるし、買い溜めを本気で検討中…。 
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-02-28 23:42 | MANGIARE | Comments(2)

B型 自分の説明書/Jamais Jamais(文芸社)

d0043369_2382991.jpg世の中の人間がたったの4タイプに分けられるはずないじゃんと頭ではわかっていても、ついつい興味を惹かれてしまうこの手の本。だって口から毒を吐くくせにもろい・ガラス製のハートが表紙、裏表紙には手のごとく使う足、右から左へ・そしてどこかへの耳etc.
実はまだ全部読んでなくて、立ち読み。一気に立ち読みで完読できそうな勢いなんだけど、その前にかなりたくさんの客でにぎわう夕刻の三省堂書店本店でバカ笑いしてしまいそうで、あわてて平台に戻して帰ってきちゃった。密林でさわりだけ読めるから興味のある方はどうぞ。
B型かAB型のお友達と声に出して読みたい!
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-02-26 23:20 | BIBLIOTECA | Comments(4)

焼きたてシフォンケーキ

d0043369_22525143.jpg

シフォンケーキ、焼きました(嘘)
私がピンチの時にはいつもそっとキュートなおしりを支えてくれるYちゃんが、胃カメラのごほうびに目の前で作って持たせてくれました。ベージュのが“キャラメルバナナ”、ブラウンのが“チョコバナナ”、4分割で写真を撮った後はもう少し小さくカットしてラップで包んでフリーザーへ。いくら低カロリーのシフォンでも、今までの私とは違います。大事にちょっとずつ食べるんだぃ。
ちょっぴり不安な胃カメラも気がついたら終わっていて、しかも結果は異常なしだったし、シフォンケーキはとってもおいしいし、幸せな金曜日058.gif
Yちゃん、ありがとぅ。愛してるよ~053.gif
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-02-22 23:08 | MANGIARE | Comments(4)

イリュージョン~悩める(退屈している)救世主の不思議な体験/リチャード・バック(集英社)

d0043369_22184976.jpg身の回りで起こる、ごく個人的で、偶然といってしまえばそれまでの“ちょっと謎めいた”小さな出来事。ある方から「その答えはここにある」と教えてもらったのがこの本。むか~し、手に取ったことはあったけど何で読まなかったんだろう?「かもめのジョナサン」は面白かったし、訳者は村上龍だったのに。


探してみたところ、村上龍訳の文庫版はどこにもなく佐宗鈴夫訳でハードカバーになってた。お風呂で読めないのは難点だけどお買い上げ。が、翌日行ったブックオフで村上版も見つけたからこっちも買ってまずは文庫から読む。手にとってなんで昔読まなかったかがわかった。イラストがあんまり好きじゃなかったんだ…。

3ページ目で“この本は自分に合ってる”と思ってからは一気に2冊とも読みました。あらすじは書かないけど読みやすいのは村上版、ただし村上龍っぽいエッセンスがかなり入っている。佐宗版は言葉の奥を考えながら読まないとドンのメッセージがわかりにくい分、自分自身がリチャードになったような気持ちで読め、“不思議な体験”感が味わえるかな。

自分がいろいろ模索しながら身につけてきた考え方とかがあながち間違ってなかったなとうれしくなりつつ、中高生くらいの悩めるお年頃の時に読んでおけばよかったなとも思ったりもしながら、とりあえず明日の胃カメラが何事もないようにおなかの上で手をかざしてみたりする...
d0043369_22191067.jpg

*FLEETとTRAVEL AIR4000:flickrより
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-02-21 22:54 | BIBLIOTECA | Comments(2)

Spopre

d0043369_23531031.jpgMILANOで楽しくふらふらしていた頃(2001年)は、毎日駅で無料CITYかMETROをゲットしては大して読めもしないくせに喜んでました。それから少しして日本でもあっというまにいろんな無料が至る所で手に入るようになりました。東京メトロのmetropolitanaやmetro min.のように薄くても読みものが豊富なものから、ホットペッパーみたいなクーポン誌、はたまた一見ファッション誌のような見てくれの美容関係の広告誌…etc.いったい何誌出てるんでしょうかね?しかも、紙質もよくてカラーページも多いし。こういう状況になって以来かどうかわからないけど、ひと頃に比べるとHとかaとか明らかに薄くなってるから広告収入にも少なからず影響はあるんだろうなぁ。
そんな大人の事情はさておき、私がおすすめしたいフリーペーパーはこれ、“Spopre”。月1回発行、オールカラー、B4サイズの新聞タイプのスポーツ専門フリーペーパーです。メジャーな顔で呼び寄せて手にとって欲しいフリーペーパーのはずなのに、日本じゃ正直そこまで有名ではない世界のVALEちゃんが表紙(しかも今回が初めてではない)、巻頭特集がMotoGP。いいぞぉ♪
そんなお茶目なフリーペーパーの発行元はショウアップナイターでお馴染みのニッポン放送。メジャーなスポーツだけでなく放送に直接つながらないようなスポーツまで幅広く取り上げて、全く違う媒体にうって出てくるあたりにLFの余裕を感じます。同時にKawasaki,YAMAHA,DUCATIの3社から全面広告とってくるあたりもさすがですが。
web版もありますよん。 
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-02-21 00:48 | DIARIO | Comments(0)

Il risultato del controllo medico

先日1年半ぶりに受けた人間ドックの結果が戻ってきたのはいいけど、予想外の2項目に引っ掛かってしまいました。
ひとつは「胃の内視鏡検査を受けなさい」。これは不安っちゃ不安だけど調べてみて結果が出るまでは心配しててもしょうがないし、初内視鏡も覚悟して臨むしかないじゃない。ま、具合悪くなっても病院だから何とかなるでしょー。
もうひとつが「コレステロール下げなさい」。こっちは生活に気をつけて3ヵ月後にもう一度血液検査しましょうというスタンスなんですけど、ぶっちゃけこっちの方が大変そう。

なぜか。

私に会ったことのある方々はご承知の通り、全くコレステローラーには見えないんですよ。そう、BMI18のかくれでぶ(爆)。
ドクターは「ダイエットしなくていいから食生活気をつけて」とおっしゃるけど、酒は飲めない、煙草はやめた、脂っこいものは嫌い…あと何を気をつければいいの?って、あ!思い当たるのはお菓子と卵と乳製品だ。それでもいくら自分に甘い私とはいえ、常軌を逸した食べ方はしてないつもりなんだけど…。ぶっちゃけ遺伝です、母からの。ってことは、このまま油断していると動脈硬化も怖いけど将来的には母のような体型に?それはまずいだろ~!持ってる服が全部無駄になる!!
そう考えたら俄然やる気になりました。絶対クリアしてやるから見てろよぉ!

そうは言っても無理はしないし、できません。お友達とのごはん会は何よりの楽しみなので、お願いだから今までどおり誘って下さい。
とりあえず自分で食べてるものをわかっておこうと別ブログを作ったはいいけど、2つのブログを管理するのは向いてないのであっけなく閉鎖しました(笑)やほーびゅーてぃーの中にダイエット用ダイアリーがあったので、日々の記録はそっちを使うことにしました。
ちなみに使い始めた初日は53点、2日目54点で「目標高すぎ」といわれてます。さて、どうなることやら…
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-02-20 00:29 | Comments(4)

はじめての*ッ**

まさかこれを自分の手に取り、自分の手でカゴに入れ、自分のお金で買う日が来ようとは思いもしませんでした…
大抵のものは苦手でも我慢して食べられる私、でもパクチーとこれだけは可能な限り除けてきました。そして、とある理由でこれも食べた方がよいのでは…ということになったものの、手に取るまでは勇気が要りました。売り場にて、私の前に手に取ったしにょ~らに思わず聞きそうになった「ホントににおいませんか015.gif?」。
この言葉をぐっと飲み込んだのは「多少はにおうわよ037.gif」という返事をもらったら、きっと伸ばしかけた手を引っ込めてしまっただろうから。

d0043369_2315291.jpg


夕食の用意の最後に、さらに勇気を出して1パック開けてみました。あぁ、自分の手で納豆のパックを開ける日がこようとは…あぁ、糸ひいてる…器にあけて…あぁ、ねばねばしてる…なんかみんなごねごね混ぜて食べてたような気がするな…まぜまぜ…あぁ、さらに糸ひいてる…
…あれ?この段階でもまだほとんどにおいしてないかも023.gif
まぜまぜ…出来た。試しにひとくち…025.gif…これ、大丈夫かも…。

d0043369_0164037.jpg結論。食べながらにおいのありかをわざわざ考えなければにおいにも気付きません。1パック全部食べられました。超簡単に1品増えるのでこれからも登場するかも031.gif
それにしてもこの歳28にもなって食べられるものが増えるとは思わなくてちょっと感激012.gif





*写真はミツカンさん,プティルゥさんHPより
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-02-17 00:02 | MANGIARE | Comments(11)

PARMA 2(2001.10.6)

さてさて、CentraleでNちゃんと待ち合わせてPARMAへ向かう。
①朝MILANOを出て、PARMAに着いたらまずホテルに行って試合のチケットを受け取り、荷物を置かせてもらう
②スタジアムに行って夕方PARMA入りする友達の分のチケットを買う
③腹ごしらえ&PARMA観光
④ITALIAvsUNGHERIA観戦
…というのがこの日の予定。電車がPIPPOの故郷PIACENZAに止まっても「明日来るからね!」と寄り道なんかしませんよ。

PARMA駅から5分も歩くと目的のSAVOY HOTEL到着。
フロントに座るおばあちゃんが傍らのおじいちゃんにいろいろ指示を出していて一見怖そうな感じだが、入ってきた私たちに気付くとにっこり「Buongiorno」。
「今日予約している○○と△△ですけど、荷物置かせてもらえ…」言い終わらないうちに、てきぱきとチェックイン手続きをして(さてはこのご婦人が大女将?)、じーちゃん(大旦那?)に部屋まで案内させる。午前中に着いたのにラッキーぃ♪
d0043369_2234216.jpg

お願いしていた試合のチケットも希望通りのトリブーナ、しかも前の方でかなり幸先いい予感♪
荷物を置いて身軽になったところで、前売券を持っていない友達の分の当日券を調達にスタジアムへ向かいます。フロントに下りてさっきの大女将に「スタジアムに行きたいんですけど、バスはどこから…」
すると大女将“この子たち(大女将に比べるとね)は何言ってんだろうね~”と言わんばかりにフロントにある市内の地図を示して「この道をず~っと歩きなさい。20分くらいで着くから」
言われたまま私たちはてくてく歩きましたよ。大女将に教えてもらった道Viale Mentanaは車通りはそこそこあるけど小じゃれた住宅街を両サイドに見ながら行く並木道で、なかなか雰囲気のある通りでした。「同じ住宅でもMILANOとはまた感じが違うんだね~」「黄色の外壁って結構きれいだね~」などときょろきょろしながらてれてれ歩いてるから20分じゃ着かなかったけど。
そして大きなロータリーを渡ると、Stadio Ennio Tardiniだぁっ!
d0043369_2345039.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2008-02-15 23:48 | 2001年MILANOの旅 | Comments(2)

PARMA 1(2001.10.6)

d0043369_2314064.jpg学校に通い始めて2度目の週末はどうしてもこのタイミングで行きたくて日本から準備していた生ハムの街PARMAへ。学校のイベント「PAVIA遠足」も魅力的だけど、こっちの方が大事。

8月31日深夜、サッカー本で調べたSAVOY HOTEL PARMAが夏季休業を終え営業再開する9月1日を狙って、東京からたどたどしいイタ語のFAXを送る。

「10月6日シングルひと部屋予約したいです。それから、エンニオ・タルディーニであるイタリア対ハンガリーのチケットを1枚買っておいて欲しいのですが手数料は必要ですか?できればメインスタンドがいいです。もしクルバしか買えなくてもアッズーリの応援をしたいです。お返事待ってます。」

そう、お目当ては生ハムではなく2002年ワールドカップの予選です。代表戦はリーグ戦ほど人気がない、特に北イタリアでやる試合は人が入らない…とは聞いていても、エンニオ・タルディーニはキャパが28000人くらいだし、予選も最終戦だから念には念を入れってやつです。これを逃したら"イタリアでアッズーリ応援"という野望が潰えちゃうもんね。
3日位で「部屋は取りました。チケットはまだ発売されていませんが、発売されたらすぐに買っておきますからご心配なく。手数料もいりません。お待ちしてます」とやさしいお返事FAXが届きました。予約の段階で感触がいいと、お楽しみ度もアップするような気がする♪ サービス業の方々にはいつもこうあってほしいものです。

ミラノに来てから学校で仲良くなったインザギスタにしてミラニスタのNちゃんが「ホテルとか自分で追加するから一緒に行こ!」と参加表明。彼女の部屋、チケットの追加もすんなり解決、いざPARMAへGo!



*2001年のお話です。現在も同ホテルがチケットに関するサービス等を行っているかどうかは不明ですのでご注意ください。
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-02-09 23:16 | 2001年MILANOの旅 | Comments(2)

Sin

初めてのイタ語クラスで一緒だったMちゃん、Sちゃんと久しぶりにごはん♪
その時の先生Nちゃんとの相性が良かったおかげで、私たちはずっとそれぞれに何らかの形でイタ語を続けイタばかとして生活している。今ではNちゃんを含めた4人は"仲良しいとこ"のような関係。そんな私たちの集まりだから、Nちゃんが親友で私たちとも旧知のPちゃんVちゃんとともに働くSinへ。
シンプルに見えるのになんでこんなにおいしいの~のアンティパストに始まり、食べてしまうのがもったいないくらいきれいでおいしいデザートに終わるまで、飲む食べる喋るの繰り返し。気がつけば素敵なお料理を写真に残すなんてことはデザートになるまで誰も気付かず、Sちゃんに至っては終バスがなくなってることにも気付かないまま楽しく夜は更けていったのでした。
d0043369_17445989.jpg

手前:ヘーゼルナッツのセミフレッドの上とピスタチオのパンナコッタ
左:はちみつ風味のチョコレートに黒胡椒がアクセントになったムースのようなお菓子
右:無花果のフィリングを詰めたパイ菓子とバラ風味のジェラート
思い出しながら書いていたらおなかがすいてきた!
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-02-06 17:54 | ITALIA | Comments(2)