<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

チケット ゲット♪

ひっさしぶりに電車を乗りついで吉祥寺まで2枚の紙を買うために行ってきました。
d0043369_21374586.jpg

うれすぃなったらうれすぃな♪だって
d0043369_21394333.jpg

生で元基の声が聞けると思うと今から顔がにやけてきちゃう♪
ステージで酔っ払おうが、歌詞を忘れようが、曲順忘れようが元基ならぜ~んぶ許す!!
難波さんほかのメンバーの演奏も超たのしみ♪ わ~い(^0^)/

accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-06-30 21:59 | MUSICA | Comments(2)

LA QUINTA CAMERA~5番目の部屋/オノ ナツメ(小学館)

d0043369_23445784.jpgここんとこ新撰組づいてて“面白いけど血だらけ”状態だったので、ちょいとお口直し。前に書いたローマのリストランテの話と同じ作者の作品。
Bolognaではなかろうかと思われる町でルームシェアをしている4人の男と、残りのひと部屋を間借りする留学生のおはなし。共同生活の現実はいいことばかりではないのは重々承知の上で「こんな暮らしも楽しいかも…」とつい思ってしまう。

それはそうと、そう遠くない将来、また学したいなぁぁぁぁぁ…
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-06-27 23:55 | BIBLIOTECA | Comments(2)

FEDERICO BALZARETTI

トリノ生まれのトロ育ち、JUVEに移籍が決まった時にはこれまでのサポから裏切り者呼ばわり。
一方JUVEではロン毛の金髪が既にいたこともあり偽PAVEL呼ばわり。某月刊誌ではジャニーとも。
でも、がんばった結果が06/07シーズンの急成長。ザンブロの穴を一生懸命埋めたじゃないかぁ。PAVELとALEに鍛えられてちゃんと応えてたじゃないかぁ。代表召集も間近なのにぃ…何で売っちゃうんだよぉぉぉぉ!何が気に入らないんだよぉぉぉぉ!イケメン短命がチームカラーだから?JUVEにしちゃイケてるくらいじゃないの。
この2シーズンの貢献にありがとうなんて、たったそれだけか~?

コベントスのばかぁっ!

フィオサポのみなさん…BALZAとってもいい奴です。ちょっと熱い奴です。どうかかわいがってやってください。



え~ん(><。)
小鉢みたいに返品しません?

[PR]
by s_fiorenzo | 2007-06-21 23:11 | CALCIO | Comments(2)

カスドース

d0043369_0195091.jpgその昔、ポルトガルから伝わったお菓子カスドース。以後予算増える鉄砲伝来は1543年、作っているつたや總本家さんは1502年創業とどちらにもたっぷり歴史があります。
Wikipediaによると「大きめのマッチ箱ほどの直方体に切ったカステラを、まず卵黄にくぐらせた後、熱した糖蜜の中に浮かべて表面の卵黄を固め、最後にグラニュー糖をまぶして仕上げる」そうな。
カステラを作るだけでも大変なのにさらにそれ以上の手間がかかり、また材料の面から言っても庶民の口に入ることはまずなかった高級菓子であったことがうかがいしれます。

d0043369_025353.jpgそんなカスドースちゃん、袋を開けたくらいじゃすぐには食べさせてもらえません。
セロハンの包装をさらにむきむきすると…

d0043369_03037.jpg
ほぉら、鮮やかなたまご色。しっかりしていて、上品な甘さが広がってうっとりしちゃいます。豪華なフレンチトーストともいえます。
濃いコーヒーもよく合うけど、お茶席のお菓子に用いることもあるというのも納得。お抹茶にも合いそう。
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-06-17 00:35 | MANGIARE | Comments(2)

Grazie,SERGIO e ANTONIO

d0043369_23491028.jpg今シーズン限りで引退するのは選手ばかりじゃありません。MERCATOの記事には書かなかったけど、IL MASSOFISIOTERAPISTAという何回か練習しないと舌をかみそうな難解な名前のお仕事についていたSERGIO GIUNTAさんもその一人。選手がピッチで痛んでると一緒に手当てをしていたドクターのANTONIOさんとともに退職します。
転がってる選手のところへだぁぁぁっと走って行ってコールドスプレーをしゅばぁぁぁっとやっているところをTVでご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、実は彼の声、もんのすごぉく渋くていい声してるんですよ。初めてトリノへ行って、BARでYちゃんたちとお茶してたら、すぐ後ろの席からとっても素敵な声が聞こえてくるから振り返って見たらSERGIOさんでびっくりしたっけ…
この写真を撮った時(2005年)には2年ぶりのトリノなのに「君たちは前にも来てたね」と気さくに話してくれ、いつ見かけても選手たちに慕われているのがわかるあたたかいおっちゃんでしたが、va in pensioneってことは憧れの年金生活ですか。洩れはありませんか?いちど私の肩をほぐしてくださいませんか?やりがい保障しますよ。
それはさておき、来シーズンからは中継を見ても見慣れたお二人の顔を見られなくなると思うとさびしいことです。お二人とも長い間、お疲れ様でした。元気でね。In bocca al lupo!!
d0043369_0163050.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2007-06-16 00:17 | CALCIO | Comments(4)

SERIE B L'ULTIMA GIORNATA : JUVENTUS 2-3 SPEZIA

セリエBで過ごす最初で最後のはずの06-07シーズンの最終戦、ホームで迎えるSPEZIA。負けたらCへ自動降格、勝てば首の皮1枚でプレーオフに望みをかけられるというスーペル本気モードのSPEZIAに対し、迎えるJUVEはツートップこそアレ・トレとはいえ、プリマベーラの小僧多用の子ベントスで応戦。でもね、ここがアピールチャンス!の小僧たちと、ホームでの最終戦をきっちり勝って有終の美を飾ってね!というファンはやっぱり本気モードのなのよ。
d0043369_2324764.jpg
ミランテの好セーブのたびに「よっしゃぁ!」と喜んでいたけれど、子ベントスの健闘空しく…というよりSPEZIAの気合勝ちで2-3で終了。得点するたびに狂喜するSPEZIAの選手たちとティフォージの姿を見ると3点目が入ったときには「これで負けてもいいや」と長年JUVEの試合を見てきて初めてちらっと思ってしまった。生放送をTVで観ていたからチェックはしていなかったけれど、超地元密着型FM:ASTRO RADIOじゃえらいことになっていたんだろうな~。
d0043369_23112125.jpg小僧ばっかりのチームだと、アレ・トレはもちろんのことバルザでさえ、ものすごく貫禄たっぷりに見えてお得だったね。
試合終了後には異例の表彰式まであって残留決定のGIGIも来ていてうれしかったけど、これで白黒ユニでは見納めになってしまう選手もいるんだろうな…と思うとちょっと悲しいシーズン終了。PAVEL、引退しないで~!バルザとかダビドとか売らないで~!!マッテオとか今年がんばった若手も売らないで~!!!でもいいCBは買って~!!!!
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-06-14 23:19 | CALCIO | Comments(0)

新撰組血風録 / 司馬遼太郎(角川文庫)

d0043369_21235093.jpgYちゃんおすすめの新撰組シリーズ。沖田総司をはじめとする何人かの隊士を取り上げた短編集で、これは泣かないで淡々と読めます。
2作続けて新撰組を読みましたが、あと1冊借りている沖田総司を読む前に「マカロニほうれん荘」が読みたくなってきたな~
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-06-13 21:49 | BIBLIOTECA | Comments(0)

レオナルド・ダ・ヴィンチ~天才の実像 展

d0043369_22165094.jpgいよいよ来週で終了する、“レオナルド・ダ・ヴィンチ~天才の実像”展@東京国立博物館(上野)。「Annunciazione:受胎告知」がフィレンツェからやって来るなら再会しに行かなきゃと行ったのは実は2ヶ月前(笑)
素敵な絵だけどいつものように「やっぱり本来ある場所で見るのがいいな」を痛感。しかも、立ち止まってじっくり見たり、いろんな角度から見たり、そばにいったり離れて見たりなんてことはほぼ不可能。Annunciazioneは宗教画の定番モチーフとしていろいろな画家が描いているけど、同じフィレンツェのサン・マルコ修道院にあるフラ・アンジェリコの方がもっと好きだなぁ…とここまで書いていて思ったのは「やっぱり本来ある場所で見るのがいいな」が根底にあるから、その作品を所蔵する美術館がその作品のために作った定位置で見るにも増して、教会のフレスコ画とか祭壇におかれた絵や彫刻に魅かれるのかもしれないね。
d0043369_22533819.jpg

展示の目玉の“Annunciazione”を最初に見たら別の建物で、いろいろな手稿や彼が取り組んだ研究の展示を「こういうの、ミラノで小学生の遠足にくっついて解説付きで見たな~」と思い出しながら、人の頭越しにさっと流して見て終了。

d0043369_23183032.jpg続きまして、同じ上野公園内の国立西洋美術館へ“チューリヒ工科大学版画素描館の所蔵作品によるイタリア・ルネサンスの版画~ルネサンス美術を広めたニュー・メディア”展へはしご。こちらは人が少なくて静か~な館内で、ゆっくりじっくり鑑賞してきました。版画といえば小学生のときにやった「彫刻刀&ばれん」しか思い浮かばない私には考えられない、繊細な線やモノクロの濃淡の不思議な世界でした。
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-06-08 23:30 | ITALIA | Comments(8)

大人買い

ちびくまの実家から「季節限定商品のバックナンバー販売中」ってメールが来ちゃったもんだから、ついつい大人買いしちゃった…
d0043369_015546.jpg

季節はずれのハロウィンコスプレもの2点と、夏物&デッキチェア。着替えたら性懲りもなくUPの予定(笑)
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-06-08 00:19 | DIARIO | Comments(2)

カレー・ハイ

Mちゃんが「カレオタからおいしいカレーのお店教えてもらったから行こー!でもね、フツーのサ店みたいなの。」と連れて行ってくれたのが祐天寺のKhana Pinaさん。確かに一見フツーのサ店。
d0043369_23124060.jpg

お店の方も、感じのいいおとーさんとおかーさんがいるだけとどこまでもフツー。
が、出てきたカレー&ナンがおいしいこと!d0043369_23194639.jpg辛いものが苦手な私はマイルド、セミホット、ホットのうち当然マイルドを選んだけど、それでもかなり辛かった(><。) でもただ辛いだけでなくていろんなものを煮込んだんだなぁとわかる深みのある“ちゃんとした味の辛さ”。「ナンが足りなくなるかもしれない…」と思いながらも汗をふきふき食べていると、半分を過ぎたあたりで辛さを感じなくなり、ナンなしでも食べられるように!これはランナーズ・ハイならぬカレー・ハイなのか???
しかも、かなりのボリュームのカレー&ナンを平らげてすっかり満腹なのに、カレーを食べた後にありがちな胃もたれ感がない。これはかなりポイント高しってことで、あの現象がカレー・ハイだったのかどうかを再確認するためにも近日中に再訪問の予定。
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-06-05 23:37 | MANGIARE | Comments(6)