<   2007年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

塩野七生ファンミーティング(2007.3.25@東京)

というタイトルではなかったが、「ローマ人の物語」完結を記念した御礼参り、チケット無料。
塩野さんご自身は講演会というのはあまり好きでないからやりたくないが、15年にもわたってシリーズ刊行できたのは買ってくれる読者のおかげ。だからお礼を言う機会を設けたかったそうだ。冒頭塩野さんが10分の予定のところを2~30分語り、聴衆から集めた質問票に対して答えるという形をとった会で、意外なエピソードを知る良い機会だった。思い出せる範囲で印象に残った話を書いてみると…

なぜローマ史かを書いたか。
作家が書く歴史は人物に特化した歴史であり、自分が読みたいと思うローマ史、ローマ通史を書いた作家がいなかったから。

なぜ1年1冊、15年で完結を宣言して刊行したのか。
ローマ人シリーズを書き始めたのが55歳、15年後は70歳。15年で上げないと生きていないかもしれないと冗談めかしておっしゃっていたが、当日配布された資料とトータルすると「体力的なこともよりも、疲れることで物書きとして筆力の衰える」ことが怖かったと。素人考えでは、書き続けることで筆力はスキルアップするものだと思っていた。

書き続けているうちにスランプにならないのか。
書けない時も逆にのっている時も1日5時間と決めた執筆時間はキープする。そして、時々すべきことの真逆のことをする。つまり、書く=お金を稼ぐ⇔お金を使う。彼女の場合はアルマーニのスーツを買ってお出かけ、コンドッティ通りの宝飾店で売っていた指輪を傍らに置いて執筆etc.だそうだが、ケタは違っても“自分にごほうび”理論はここでも実証された。
仕事のとっかかりに前日書いた部分を読み返して直しを入れることから始めるので、のっている時も無理に長時間書かないで出だしの2~3行だけを書いておけば翌日そのまま好調をキープできるそうだ。いい時も悪い時も無理をしないで続けることが大切なのね。

そして、なぜお礼なのか。
当初彼女自身も出版社も3万部位売れるだろうと考えていた。定期的な原稿料がなく、印税収入に頼る“書き下ろし”では、「ローマ人」を書く他にも仕事をこなさなければ取材費も出せないし、生活が成り立たない。だが好評だった(06.11月の時点で第1巻のハードカバーだけで29万9千部)おかげでどうしても断れない仕事以外は他の仕事をすべて断って、「ローマ人」のことだけに頭も時間も費やすことができた。これは作家としては理想的なことで、この環境を作ってくれたのは他でもなく本を買ってくれた読者である。だからお礼を言いたいと。そんなこと言われちゃったら、続きも買って読まなくっちゃと思うじゃないの。文庫だけど。

そのほかにも正しい理論武装の仕方(?)だとかいろいろな話題を話術でなく言葉で楽しませてもらった会だった。さすがは言葉のプロ。共感できる、できないにかかわらず、やっぱり頭のいい人の話は面白いなぁ~と実感。この日のお礼にこれからもあなたの本を買いますから、御礼参り&休養の今年があけたら、ちゃんと仕事をしてください。

d0043369_16335391.jpg


*写真は新潮社HPから
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-03-31 16:28 | ITALIA | Comments(2)

ピアノの森 1~13 / 一色まこと(講談社)

d0043369_2315974.jpg大好きな漫画家のひとり、一色まことさんの作品。紆余曲折を経て、週刊モーニングで連載中。
この作品の存在はずっと前から知っていて、でも読んだら絶対単行本を全巻揃えたくなるだけでなく週刊誌のほうも毎週買ってしまいそうだとわかっているので敢えて読んでいなかったが、ガマンできなくて遂に読んでしまった…しかも13冊一気に…あぁ、ばきっしま。
案の上、ストーリーの展開も登場人物もぴたーっっとキモチにはまっちゃって、きっと近日中に全巻お買い上げのことでしょう。しかも、今日はモーニングの発売日だ!(チェックしたら今週号には掲載されてませんでしたが)
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-03-29 23:22 | BIBLIOTECA | Comments(2)

IL MASSAGGIO TAILANDESE

「腰痛いな~」をかばっているうちに「全身痛いな~」になってしまい、久しぶりにマッサージを施術してもらいに行った。
自覚症状がなくても首・肩を中心に慢性的なコリを持っている身としては毎月でも毎週でも毎日でもマッサージには行きたいところだが、お財布と相談するとはっきりいってお贅沢な行為。しかも相性のいい人に当たらないと“人件費+技術=施術料金”が成立しないからやっかいだ。そんなことならその時間分、睡眠時間を増やした方がましというもの。
が、今回は湿布を貼っても、たっぷり寝ても、ストレッチをしてもどうにもならないので、久しぶりの“自分にごほうび♪”。 どうせ行くなら“蛍光灯&ビニール張りのベッド”よりは小洒落たところへ行きたいのがオトメ心。というわけで、近所のロイクロ&スパでタイ式マッサージに挑戦!

d0043369_23233869.jpgいい香りがほんのりと漂う薄明かりの部屋で押す~もむ~伸ばすをたっぷり1時間、私にはめちゃくちゃ心地良い時間でしたが、施術してくださる女性;Iさんにはかなりの重労働じゃないんですか?Iさんのお話では「2人でするヨガといわれているくらいなので大丈夫」とのことですが、そんな彼女に「鉄板が入っているみたい」と言わしめた凝り固まった体が相手じゃやり甲斐になったのかじゃってらんないわだったのかはビミョー。d0043369_23273822.jpg施術後、ほげ~っとした状態でそのままベッドで朝まで寝かせてくれたらさらに満足度UP!だったろうが、それでも人件費+技術=施術料金の公式がきれいに成り立ち大満足。
また気持ちよ~くほぐしてもらうお金を稼ぐために一生懸命働くのだーっ!って、何かヘン?

*写真はロイクロ・ジャパンHPから
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-03-28 23:34 | DIARIO | Comments(2)

ISTITUTO ITALIANO DI CULTURA

d0043369_0554545.jpg

3部咲きの千鳥が淵を抜けて学校にたどり着くと、そこにも桜の木。
この木もいつか千鳥が淵の桜みたいに大きくなるかな…
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-03-27 00:56 | ITALIA | Comments(2)

敷地内大渋滞

今月30日にグランドオープンを迎える東京ミッドタウン、そう、防衛庁跡地の再開発エリアです。そこの中のある所にお届け物に伺いました。

10:00に届けるつもりで入り口に着いたのが9:45、納品終了したのが11:20…。実はその段階で、私たちの車はまだ駐車待ちの列にいて納品口には辿り着いていなかったのでした~!1台分進むのに10分以上かかるありさまで、途中であきらめて引き返す車も続々。でも、まだ一般客が入っていないこの時期、並んでいる車はすべて何らかの仕事で来ている車ばかり。待ちくたびれたし、そうそう待ってもいられない私たちは、運転のMちゃんを車列に残して私が車を降りてお届け物を運ぶことにしました。

幸い車から目指す建物の入り口までは100m位だったけれど、「セキュリティーのかかったドアをいくつ通ったでしょう?」みたいな迷路のようなフロアを歩いて1個目を届け、車に戻ったのが20分後。その間、私たちの車は3台分しか進んでいませんでした…。2個目を届け終えてもまだ車は駐車待ち。誘導の方に事情をお話しして、出口までスルーさせていただいて無事完了。
やれやれ、敷地に入ってからこんなに時間がかかる納品は初めてだぁ…。時間の約束がなくてよかったね~、2人で行っててよかったね~と胸をなでおろしたのでした。

これからミッドタウンに遊び以外の用事のある方、スタッフの方はみなさんとっても感じよくて親切にして下さるけど、渋滞は要注意ですよ~。
グランドオープンの日に仕事入りませんよーに!
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-03-20 23:34 | DIARIO | Comments(2)

ぺんぺん草

d0043369_15524980.jpg

小洒落たマダムの街ニコタマも、駅から20分も歩けばこんなのもあります。
ぺんぺん草=なずなまでは知ってましたが、花の下に付いている三角のが果実で、その形が三味線のばち似ていてお三味を弾く擬音がぺんぺんだからぺんぺん草だということをWikipediaに教えてもらいました。
子供の頃の「この花で遊ぶ時の音は"かしゃかしゃ"なのにどうして"ぺんぺん"なんだろう?」という疑問が今になってやっと解けました。遊ぶ前の準備の段階で失敗して引きちぎっちゃった分は「ちっちゃいハート」として集めていたっけ。うーん、お金のかからない子供♪
さらにWikipediaによると、学名がCapsella(ナズナ属)のbursa-pastoris、イタ語にするとborsa pastore→羊飼いのかばん。ひとつのフォルムも見る人によっていろんな物に見えるのね。
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-03-18 16:09 | DIARIO | Comments(4)

禁断のお取り寄せ

あ~ついにやってしまった…

全国各地、世界各地にはいろんなおいしいものがあるじゃない。大概の物がネットで買える便利なご時勢だけど、地方のものは①その土地で買う、②人からいただく、③物産展とかで巡り会ったら買う…ということにしています。そうでもしないと体の**%を占める体脂肪の98%をお菓子で形成しているわたしの体が、とんでもないことになっちゃうからね。きっと。

でもね、禁を破って注文しちゃった…これ
d0043369_23572546.jpg

六花亭さんの詰め合わせ、2800円。
だってマルセイバターサンドとカプチーノパイといちごチョコが入ってて、あの花柄の缶に入ってて、風呂敷までついてるっていうんだもん…。
っていうか、大好きなんだもーんっ!
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-03-17 00:10 | MANGIARE | Comments(2)

RISTORANTE PARADISO/オノ・ナツメ(太田出版)

d0043369_0204717.jpg久しぶりにコミックを買った。初めて読む作者だが、絵も好きな感じだし物語の舞台がイタリアのリストランテってことでイタリアばかとしては読んでみようかと。
"紳士萌え"ではない (だってさ、老眼鏡かけてるよーなお年頃ってことはさ、腹筋割れてなさそうじゃん…ぼそっ) のでそこんとこはおいといて、いいお話でした。
同じくイタリア舞台の別の作品もあるんで、それも今度読んでみたいな。表紙にMちゃんみたいなぼーずが描いてあるし。
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-03-16 00:39 | BIBLIOTECA | Comments(2)

Juventus 1-0 Treviso/28a giornata

あまりにもコベントスすぎた土曜日の怒りもまだ治まらないってのに、もうすぐ28節のキックオフ。
1ポイント差でかろうじて首位はキープしているものの、まじめにやらないとGIGIに家出されちゃうよっ!

前半終了しました。
つまんなくて寝てしまいそう…

とりあえず勝ち♪
でも、得点してからのラスト20分しかおもしろくなかったぞ…
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-03-13 22:53 | CALCIO | Comments(0)

ARRIVEDERCI

d0043369_22384079.jpgKさんに紹介してもらったディーラーさんにさんざん無理を言って、OPELくんがうちの子になったのが7年前の夏。
11才のOPELくん、いろんな事情があってついにお別れの日がやってきました(><。)
お別れの前に、走り慣れた近所をラストドライブ&記念撮影。



d0043369_22434319.jpgこちらは「行っちゃやだ~~!!」と泣いてすがるちびくま。
この写真を撮った数時間後、OPELくんは聞き慣れたエンジンの音を響かせながら、次に乗る車を持ってきてくれたおにいさんと一緒に駐車場を出て行きました。
今まで一度も事故ることもなく、わたしたちをいろんな所へ連れて行ってくれてありがとう。新しいおうちでもかわいがってもらうんだよ。
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-03-10 22:52 | DIARIO | Comments(4)