<   2007年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

I FIORI PRIMAVERILI

d0043369_17584575.jpg後ろの壁が白っぽくてわかりにくいけど、「さくら」
これは切花ですけど、今月上旬に撮りました。
気の早いお花見をしたいなら、代官山交番から中目黒方面へ下りていく坂道の知る人ぞ知る2本の木はもう咲いてます。

d0043369_18271480.jpg近所のお庭のミモザの木もちょうど今頃が満開、ふわっふわの黄色い花が鈴生りだから、こないだの週末にカメラを持ってお散歩に出かけたはいいが、風が強くて全然撮れませんでした。せっかくあちこちチェックしてあるのに…。でも、ミモザの木が風に揺れてるとホントにきれいなんだよね~。よそんちなのに見とれてしまう。
仕方ないからこれも切花。女性の日は来週木曜日ですよ、お忘れなく。



d0043369_18364332.jpgミモザが見た目で春の訪れを教えてくれるなら、香りで教えてくれるのが沈丁花。これは低木だから風が強くても撮れました。
子供の頃から沈丁花の匂いが大好きで、この花の匂いがするともうすぐあたたかくなるなぁ~って思ってました。ちなみに学名はDaphne odora、香りたつダフネってとこ?アポロンに追っかけられて、こんな匂いを振りまきながら逃げたのかしらん。
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-02-28 18:55 | DIARIO | Comments(0)

“2001年MILANOの旅”に

日付をふってみました。
2001年9月21日に日本を出発して、まだ9月29日までしか書いてないことを知りました。
年内完結するかな~~????
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-02-27 22:45 | 2001年MILANOの旅 | Comments(2)

箱根のお月さま。

d0043369_16182957.jpgおいしいおみやげをいただきました。
ぱっと見た感じは普通の温泉まんじゅう、でも皮がもちもちでとってもおいしゅうございました。
小田原・箱根にお店を持つ菜の花さんのお菓子、ほかにもおいしそうなのがいろいろ…♪



*写真はHPから
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-02-25 16:26 | MANGIARE | Comments(4)

BACIO IN ROSSO

大好きだぁっ!
d0043369_21203438.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2007-02-24 21:24 | ITALIA | Comments(2)

Grygera è juventino

d0043369_230353.jpg

来る来るっていわれていてずっと来なかったぐりちゃんがやっと来る~♪
ってことは、とーぜんPAVELがお世話係としてチェコ語協会を結成するでしょ?
ってことは、最近は落ち着いてる“もう引退しちゃおっかなー”症候群はもっと影を潜めるでしょ?
ついでにチェコ語協会に口説かれてロシちゃんも来ないかな~♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-02-22 23:11 | CALCIO | Comments(4)

INVAGO/INVAGO

d0043369_23454212.jpgインターナショナル・ロックバンド(?)INVAGO~インヴァーゴ~のファーストアルバム“INVAGO”が本日ついにリリース!おめでとー! Congratulazioni!!(^0^)/ 
せんせいがヴォーカルをつとめてるからちょっと宣伝、CDを手に入れてから(お金払ったよ!)早10日、すっかりヘヴィロテだから大きく推薦♪
私のお気に入りは“Angels”と“Mi alma”かな。このアルバムには入っていないけど、先日のライヴでやった“One day”という曲も元気の出る1曲。


1. Take me for a ride
2. See you again
3. Still waiting
4. Whatever you are
5. Shame
6. Opposites
7. Angels
8. Calling my name
9. Mi alma

1.2.4.9はこちらで試聴可。
日本の密林世界の密林ツタヤさん、タワーさん他で購入可。

2007.2.21発売
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-02-21 00:00 | MUSICA | Comments(4)

AD OCCHI CHIUSI / Gianrico Carofiglio(文春文庫)

d0043369_2310783.jpg原題はAD OCCHI CHIUSI、邦題は「眼を閉じて」。
南イタリアの海辺の町で、ストーカー傷害事件が起きた。(本書・表4より)
海辺の町とはBARI、そして微笑ましい苗字の著者はBARIの地方検察庁の現役マフィア担当検事。これは面白そう!タラッリでもつまみながら読みたいところをぐっとがまんして、冬の読書場所、お風呂へGO!!!!!!!
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-02-20 23:22 | BIBLIOTECA | Comments(0)

UN PICCOLO ERRORE

積水ハウス→せくすぃはうす
もう、Lちゃんってば o(^-^)o
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-02-20 19:37 | DIARIO | Comments(6)

18SINGLES / U2

d0043369_23422113.jpgベスト盤にしてDVDのおまけつき。
最初はCDのみの通常盤を買うつもりで密林を調べると、DVDは発売時にまだ続いていたツアー「VERTIGO TOUR」のうち2005年SAN SIROでのライブが収録ということを知り、急遽1000円追加してDVDつきをチョイス。
(2006年11月22日発売)



U2 18 SINGLES

1. BEAUTIFUL DAY
2. I STILL HAVEN'T FOUND WHAT I'M LOOKING FOR
3. PRIDE(IN THE NAME OF LOVE)
4. WITH OR WITHOUT YOU
5. VERTIGO
6. NEW YEARS DAY
7. MYSTERIOUS WAYS
8. STUCK IN A MOMENTO YOU CAN'T GET OUT OF
9. WHERE THE STREETS HAVE NO NAME
10. SWEETEST THING
11. SUNDAY BLOODY SUNDAY
12. ONE
13. DESIRE
14. WALK ON
15. ELEVATION
16. SOMETIMES YOU CAN'T MAKE IT ON YOUR OWN
17. THE SAINTS ARE COMING (U2&GREEN DAY)
18. WINDOW IN THE SKIES

VERTIGO/05 LIVE FROM MILAN
1. VERTIGO
2. I WILL FOLLOW
3. ELEVATION
4. I STILL HAVEN'T FOUND WHAT I'M LOOKING FOR
5. ALL I WANT IS YOU
6. CITY OF BLINDING LIGHTS
7. SOMETIMES YOU CAN'T MAKE IT ON YOUR OWN
8. MISS SARAJEVO
9. ORIGINAL OF THE SPECIES
10. WITH OR WITHOUT YOU
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-02-17 00:11 | MUSICA | Comments(0)

シーズン到来!

今年の花粉は少なめらしい。それはそれでアレルギーを持つ身には喜ばしいことだが、量に関係なく反応は出るのでやはり対策は必要。
ハウスダストや温度差にも反応するから、通年で突然くしゃみを連発したり、鼻の子るんるんになってしまうのはもうあきらめているけれど、それでもこれからの季節は注意が必要。本当に必要。スギ花粉の“超当たり年”だった一昨年、ひっどい目にあったことでしっかり学習済み。
ただでさえ混むから足が遠のきがちな冬~春にかけての耳鼻科医院、近所の開業医は受付嬢はこの上なく丁寧だが肝心の医者がとてつもなく感じ悪くて大嫌い。次に近い所は総合病院なのでもっと混んでいるし割増料金がかかる。もともとかかっていたW先生は電車に乗って行かなきゃならない…とここ何年かは症状のひどい時だけドラッグストアで薬を買ってやりすごしていた。で、どんな目にあったかって?それは…

その1:突然、片耳が聞こえなくなった
朝起きると右だけ聞こえが悪い。昼ごろには“頭の中でトライアングルが響き続けてる状態”で、ついに左しか聞こえなくなった。あわててW先生のところに駆け込むと「鼻がつまり続けているから内圧が変わって、右の鼓膜が内側にへこんでますね~。鼻から空気を通してみて、それで元に戻ればOKです」
…要するにこれですか。
d0043369_22343890.jpg

d0043369_22411832.jpg先生が取り出したのは細~い金属のパイプ。
←こんなので「ぱふっ」を想像していた私はびっくり。で、そのパイプを鼻に結構深く入れるからあまりの痛さに涙は出てくるし、正面で施術中のW先生をけりそうになっちゃいましたね。診察室の中で待っている次の番の子供には「あのおねーちゃん、ないてる~」とか言われてるし。おまえだって自分の番で泣いたくせに。
痛い治療の甲斐か、“これ以上痛い治療はごめんだ!”の気合いのおかげか、夜には聴力も回復し事なきを得て「もらった薬もちゃんと毎日飲もう!点鼻薬も目薬もちゃんと使おう!」と良い患者になったのに、次なる悲劇(?)がワタシを襲う…

その2:白目がぷよぷよに…
d0043369_2395659.jpg目が反応しちゃうとかゆいんですよ、それはもうはんぱじゃなく。目薬をさしても、目を洗ってもダメなときはダメ。「やっちゃいけない」とわかっていてもついこすっちゃうと、ますますかゆくなってもうタイヘン。起きている時は必死でがまんできても、寝ている時は無意識でやってしまっている。目を閉じてるはずなのに…。
ある朝、ふと気づいた。どうも目に違和感がある。時々目の中で何かが視界を邪魔してる。
よ~く鏡を見てみると、白目の中にぷよぷよの水泡がぁっ!それも左右に、複数に。
「“針でつぶします”なんていわれたらどーしよー!」と躊躇はしたが、目の中に水泡入れとくわけにはいかないしとあわてて眼科へ。
「あ~、アレルギーあるでしょ?目、こすったでしょ?この季節多いんだよね、今日あなたで5人目」
何層もの膜と水分でできている眼球に対して、強くこすることで圧力が変にかかって、膜と膜の間に水分が滲みだすそうだ。で、針でつぶすこともなく2種類の目薬で2日で完治。

アレルギー性鼻炎って、怖いでしょ?マスクしてもマスクから出た顔とか頭の地肌も花粉がつくとかゆくなるし、上の生活必需品セットに加えてダテめがねも使ってるけど1日つけてるとフレームの上のところに粉末がたまってるんだよぉ(T^T) メイクしても鼻周りだけすぐすっぴんになってるし。
マスクするのは好きじゃないけど、電車でマスクの人と目が合うと「お互い、がんばりましょーね」と目と目でエールを交わしたくなるのよねー
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-02-15 23:17 | DIARIO | Comments(8)