<   2006年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

Il mio passaporto non c'è...

ネタ切れの時は昔の話。2001年9~10月、ミラノ滞在時のお話。

ステイ先滞在3日目の火曜日、家に戻ると誰もいないのに道路側、中庭側を問わずすべての窓が開いていて、カーテンがそよそよ…。一瞬身構えちゃいましたよ。アパートの入口はオートロック&どんなにそぉっとドアを開けても必ず出てくる管理人さんが常駐、玄関の鍵もオートロック、しかも寝る時には「これってシェルターか何かですか?」みたいな縦横のつっかえ棒で固定する厳重な内鍵までかけちゃうくせに、窓は不在時でも全開でいいんですか~?ここってイタリアじゃないんですか~?しかも日本で言うところの2Fだし、入るの簡単じゃないの?

それ以来、机の引き出しに投げ込んでいたパスポートと帰りの航空券を、ランドリーバッグに入れ、それを小旅行用のバッグに入れ、そのバッグをスーツケースに入れて鍵をかけてクローゼットへしまいました。ま、どろぼーさんがスーツケースごと持っていったらおしまいだけど、お家の中にはもっと小さくて魅力的な品々があるから大丈夫!とひと安心。ところが物のしまい場所や置き場所を忘れることにかけては天下一品、リス並みのかわいい脳みそを誇るワタクシ、2日後にまたやってしまいました…。

金曜日からは滞在中の一番の大イベント、トリノへ行って日本から来る友達と合流、そのままJUVENTUSまつり~!が控えていたので、当然木曜の夜は荷造りです。荷造り苦手の私にしては思いがけずさくさくと準備完了、
「そうそう国内旅行って言ったってパスポート持って行かなくちゃ!だって私は外国人♪」
と基本的にして大事なことを思い出したのはよかった。パスポートは航空券と一緒にしまったことも思い出した。が、肝心のしまい場所が思い出せなかった…あほ。
確かここだと思って開けたスーツケースは空、それがパニックの始まり。机の引き出し、タンスの引き出し、クローゼットの引き出し、服のポケット、本の間、ベッドの下…8畳ほどの部屋をこれでもかと探しまくること2時間、これ以上探しても埒が明かないとあきらめて寝ることにしたけれど、「これだけの部屋をこんなに探してもないってことはやっぱり…あぁ明日は旅行はムリだ…けーさつ行って、領事館行って、アリタリア行って…チケット代いくら払えばいいのかな…せめて土曜日の試合は行けるかな…」と悶々として眠ったんだか眠ってないんだかの状態で気がついたらまだ6時過ぎ。
ベッドに入ってからまだ3時間かそこらだったが改めて眠ることもできず、ふとんの中であーでもないこーでもない…とごそごそしていると、頭の中の片隅に小さな豆電球がぴかり~ん!
荷造りが済んだバッグをひっくり返すといちばん底にはランドリーバッグが。ほぉら、見っけ!!
スーツケースから旅行バッグを出して、そのまま洗濯物が発生するまでは使わないからとランドリーバッグの上に次々と荷物を入れて荷造りを完了、その後でパスポートのことを思い出したから「まだ荷物に入れてない」と思い込んでいたんですね~、おばかちゃんですね~。
こうしてトリノ珍道中は無事に始まるのですが、そのお話はまた別の機会に…。

おまけ
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-11-29 23:20 | 2001年MILANOの旅 | Comments(0)

JUVENTUS 0-1 LECCE /13a giornata

ぢみだ…ただでさえ地味な今年のチームが怪我人と出場停止でますます地味だ…。
ベンチの7人のうち3人がプリマヴェーラから借りて来た小僧だし。
LECCEの監督ってZEMANさんじゃん。あぁ、また会見でヘンなこと言われないように、今日は勝ちたいなぁ~

PT36’ バルザにイエロー(><。)
前半終了 0-0。やばい、寝そう…
ST11' パヴェルまでイエローだぁ…
ST17’ はぁぁぁぁ~
ST19' よっしゃぁ!
ST24' LECCEひとり減った( ̄ー ̄)
ST29' ボジノフ、ドッピエッタ!暫定2位に浮上
ST46' ラファエレくん、2試合連続ゴール!足、長すぎっ
d0043369_15521954.jpg

d0043369_15372810.jpgST49' 途中出場のDe Ceglieもゴール!やりたい放題状態

先制された時はどうなるかと思ったけど、結局4-1で勝利。首位と1ポイント差の2位。
次節も頼むよ、RAGAZZI!
(心なしかイケ面度が上がってきたような…どうした?ユベントス)
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-11-26 15:52 | CALCIO | Comments(2)

フレちゃん

フレちゃんが亡くなってもう15年もたつんだって…。
ということで明日は追悼デーとしてQUEENかけまくりに決定。手始めにこの3枚から。
d0043369_029111.jpg


あ、密林からU2が来るのも明日だ!
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-11-25 00:30 | MUSICA | Comments(4)

Beating Space/西山史晃@大塚RED-Zone

ちょっぴり猫背のいかしたベーシスト、西山史晃サンのライヴに行った。
ROGUE~KNiFe~CAPSULE COLORSといったバンドだけでなく、ひむろっくを始めとする数々のシンガーのサポート、サントラ制作…etc.と華麗なキャリアを誇る彼のソロ・プロジェクト。昔っから不思議に思うんだけど、なんでベース弾きながら歌えるの?しかも跳ねながら。かのSTINGさまもベース&ボーカルだけど、跳ねてない。
1時間弱のステージ、かっこよかったっす。やっぱオトコは40過ぎてもこうありたい。バンドの面々とも気心の知れたゆるい空気を漂わせながらも演奏はガツンと決めるといった、ノリノリだけど安心して観られる楽しいライヴでしたね~。演ってるほうも楽しそうだったし。めっきりコンサートに行く回数が減ってしまって、大きな小屋でやる外タレばかり行くようになってましたが、やっぱライヴハウスで観るライヴが一番楽しいねぇと再確認した土曜日の夜。

【オフィシャルHPからいただいてきたセットリスト】
01. Nori
02. Cheap Trick
03. You gotta move it
04. Miscast Man
05. 眠り込む前に
06. I LOVE N.Y.
07. この地球上に
08. R&R is dead
09. 夜をブッとばせ
10. 恋のハートアタッカー

うたうベーシスト、次のライヴは12/19(火)、Shibuya O-EAST
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-11-21 23:21 | MUSICA | Comments(0)

ALBINOLEFFE 1-1 JUVENTUS /12a giornata

やっぱ西山さんかっこいいなぁ~といい気分でライヴから帰ってきてネット観戦を始めると…
げげっ、負けてる!何で?ええっ、GIGIが赤紙一発退場…そんなぁ…
「Bでプレイしたくない」と鴨がゴネてた時引き合いに出して顰蹙買った説があるALBINOLEFFEが相手で、やな予感してたんだよねー。そうでなくてもFW3人が欠場、GIGI退場で10人、ボジノフ下げたからFWは若干22才のラファエレくんだけじゃないの、参ったな。
こんだけ負の要素が揃った中でゴール決めたら間違いなく大ヒーロースペシャルwithターボだぞ。がんばれ、ラファエレくん!

後半7分:えらいぞ、ラファエレくん!!
d0043369_23524840.jpg

試合終了。引き分けでよしとしましょう。勝ち点21のチームが4つ並んでルとはいえ3位キープ。
来週以降どうすんの…
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-11-19 01:54 | CALCIO | Comments(2)

ストリート・キッズ/ドン・ウィンズロウ(創元推理文庫)

d0043369_13252264.jpg今年の38冊目。
ご生誕祭の一環でAちゃんがプレゼントしてくれ、まんまとまた彼女をにんまりさせてしまいました。これも前から彼女推薦の1冊で、タイトルと著者を携帯にメモってました。そのメモを見返した数日後にいただくなんて!
探偵ものです。ハードボイルド苦手な人でもこれはOKかも。主人公ニールは腕利きですが、容姿は平凡、運転はヘタ、格闘はまるでダメ男。でも人物とストーリーにぐいぐい魅かれちゃう。映画化すればいいのに。
Aちゃん、寝不足にしてくれてありがとう。で、今夜の待ち合わせは19時であってる?
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-11-18 13:45 | BIBLIOTECA | Comments(0)

オシムの言葉- フィールドの向こうに人生が見える/木村元彦(集英社インターナショナル)

d0043369_2011153.jpg今年も早37冊。
チェコのブリュックナーさん、ウクライナの故ロバノフスキーさん、イタリアのマッツォーネさん…日頃から「サッカー選手は顔が命」なんてふざけたことを公言しておりますが、監督はなぜかじさまが好き。昨年暮れに出たこの本も気になっていて、文庫になるのを待ってた状態。著者の木村元彦さんといえば「悪者見参」「誇り」。当然この本もつながってくるでしょう。だから余計に読みたかったの。
でもね、この本たいていのお店でスポーツコーナーではなくビジネス書コーナーで売ってます。しかも平台で。「組織論」の本として。
ある日LAVORO2のオフィスに行くとボスが言いました。
「企業研修の資料で使うので、ラインを引いてあるところを抜き出して入力しておいてください」
流行り物に弱いボスのこと、案の定ですね。これで堂々と仕事として読める。ラッキー♪この日を待っていた。
前2作同様、どっしり来ます。使えそうなとこだけ抜いて、「リーダーとは…」とか「組織とは…」なんて研修やってたら「センセイ、ボランチってなんですかぁ?」って質問してやるぅ。
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-11-17 20:59 | BIBLIOTECA | Comments(2)

(^0^)V

先月ネット上で結果を知ったCILS、それで終わりかと思ったらちゃんと合格証書(?)が別途届きました。良かった、カンチガイじゃなかった…かなりうれしいぞ!
d0043369_22113168.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2006-11-16 22:12 | ITALIA | Comments(8)

新しいおともだち

d0043369_2159415.jpg
付き合い方がよくわかってない…(^^;)
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-11-16 22:00 | MUSICA | Comments(2)

NAPOLI INCONTRA ROMA / ELENA BONELLI

d0043369_233219.jpgげーじつの秋ですから、前日とはうってかわってカンツォーネのコンサートに行ってまいりました。こちらもホールで聴くのは初めて。前日よりは聞き覚えのある曲もありましたが、でもヒロシのテーマはなしね。
ELENA BONELLIさん、きれいなおねーさんでした。女優としても活動しているそうで、ピアノ、エレアコ、カラオケという変則編成をバックに、曲によってころっころ顔の表情と歌の表情が変わって、何て言うんでしょ、1曲ずつそれぞれのヒロインを演じている感じ。見ごたえありました。
アンコールも何曲もやってくださり、最後は「INNO DI MAMELI」を3番までたっぷり聴かせてくださいました。2002年の日韓ワールドカップの際のイタリア国歌は彼女が歌っていたそうです。来年以降、日本のオーケストラとの共演を企画中だとのことでしたので、実現の際にはそこんとこをプロモーションに強調するのも新しいファン層を開拓するのによろしいかと。で、コンサートにレプリカユニを着たアッズーリファンが集まると。(写真はイタリア文化会館HPより)

【Program(アンコール除く)】
'O PAESE D'O SOLE
'O SURDATO 'NNAMMURATO
TORNA A SURRIENTO
MALAFEMMENA
LA RUMBA DE' SCUGNIZZI
QUANTO SEI BELLA ROMA
BARCAROLO ROMANO
TANTO PE 'CANTA'
LE STREGHE
LA VITA E' VITA
NANNI. GITA A LI CASTELLI
O' SOLE MIO
REGINELLA
FUNICULI' FUNICULA'
TAMMURIATA NERA
[PR]
by s_fiorenzo | 2006-11-15 23:11 | MUSICA | Comments(0)