カテゴリ:2012年SCUDETTOを祝う旅( 4 )

移動!(2012.5.10)

ミラノ・マルペンサ空港に着いたら、その日のうちにトリノへ移動。
以前はマルペンサ~トリノ間はアリタリア航空が、飛行機が廃路になった代わりにプルマン(中長距離バス)を付けてくれていたけど、それも廃止になり現在はSADEM社のプルマンが運行している。

d0043369_1746767.jpg


マルペンサからミラノ・チェントラーレ駅への電車も運行するようになったけど(地図は位置関係の参考までに…)、全行程の約1/3を一度戻ってからもう一度トリノへ向かうのもなんだし…とプルマンで行くことにする。因みにマルペンサからTorino Porta Susaまでは約1時間50分。

バスの予約はネットで簡単にできます。
ホームページの『Prenota online』(オンライン予約)から『Biglietto Torino - Malpensa』(切符:トリノ~マルペンサ)をクリック。
いろいろ説明が書いてあるページの『ACQUISTA ONLINE!』(オンライン購入)ボタンをクリック。
『Partenza』(出発地)から『MALPENSA AEROPORTO』、『Destinazione』(目的地)からTORINOを選び、乗車日を指定して『Cerca』(探す)をクリック。

切り替わった画面から国際線が到着するMALPENSA OVEST (Terminal 1)を見て、乗りたい時刻を探してカートをクリック。(infoを押しても同じ画面に飛ぶ)

乗車するターミナル、降車場所を選んで『prosegui』(次へ)をクリック。
必要な枚数、乗る人の名前、電話番号を入れたら『prosegui』、
内容と値段(20.00euro)を確認して『prosegui』、
カード情報とメールアドレスを入力したら『Prosegui con l'acquisto』(購入して次へ/キャンセルするならAnnulla)をクリック。

少しするとATTENZIONE: IL PRESENTE MESSAGGIO NON COSTITUISCE BIGLIETTO DI VIAGGIO (注意!このメッセージはチケットではない)というメールが届くので、「STAMPA BIGLIETTO(チケットを印刷)」をクリックして印刷する。

d0043369_17485629.jpg


一応STAMPA。。。でプリントする画面に飛ばなかった時のためのアドレスも書いてあるから大丈夫。
乗るときにはこのプリントアウトをチケットとしてドライバーに渡すと、バーコードを読み取って乗せてくれるから、プリントアウトを忘れずに。

因みにこのバスは空きがあれば予約なしでも乗れます。
チケットオフィスは到着ゲートを出て、斜め左に進んだすぐのところにあります。
乗り場は更に左に進んで、カフェの隣りの出口(4番だったような?)を出て道を渡ったところ。SADEMの表示が出ているのでわかるはず。

今回は「え?こんなに早く出てくるの!?」と驚くほどすぐに荷物を受け取れてゲートを17.50に出れたので、トリノ行きのプルマンの時間変更にチャレンジ。予約していた19.35を18.05にすべくチケットオフィスに行くと…「ごめん、満席。キャンセルがあれば乗れるから一応ドライバーに聞いてみて」というお返事。
時間に到着したバスは始発のTerminal2から乗った人で8割方埋まってる。ダメもとで聞いてみたところ、やっぱり満席で断られた~。仕方がないので予約通り19.35までロビーでツイッターしながら時間潰し。

たいていの場合、こういうバスに荷物を積み込むのは自分でやらないとドライバーはまずやってくれないし、終点のバスターミナルならともかく、途中で降車となると路線バスと同じように道端に停車するだけだから、進行方向右側のいい位置に積まないと、荷物を下ろす背中を車がかすめて通ることになる。
さっきのバスは荷物置き場がほぼ満杯だったから、少し早めにいい場所をキープしないと重いスーツケースを積み込むのに苦労しそう…なので、早めに外に出て西日をさんさんと浴びながら乗り場で待つ。

19.35発は18.05発に比べると空いていて、荷物も楽に積めたし、あとは2時間弱寝てればトリノ…のつもりだったけど、忘れてた。イタリアのバスって日本のバスじゃ考えられないほどのスピード出すんだった…。のどかな田園風景しか見えない高速道路を沈みかけの夕陽を追いかけながらバスすっ飛ばす。スリリング過ぎて眠気も吹っ飛ぶ…。それでも20:30にもなってこんなに明るいヨーロッパの夏、さいこー。
d0043369_17552978.jpg


バスは高速道路を降りてから、TORINO-Corso G.Cesare/Via Cavagnolo、TORINO-Porta Susa、TORINO-Autostazione Comunaleと止まる。バスを降りてPorta Nuova、中心街方面へ移動する時もPorta Susaで降りてください。
意外と終点のAutostazione Comunaleまで乗る人もいるけど、たいていそこまで自家用車のお迎えが来ている人で、バスターミナル周辺は何もなくてタクシーもつかまえにくいので気をつけましょう。

どこの街でも駅前は治安が…というけど、日没後に現地入りするときはやっぱり駅前が一番便利だと思う。なので1泊目にお世話になったのはPorta Susaの駅前のホテル『Dock Milano』。
今までトリノに泊まる時はPorta Nuova周辺ばかりだったけど、今回は翌日の移動を考慮してPorta Susaを選択。
1889年創業と歴史あるホテルで、部屋はシンプルだったけど清潔で、廊下やエントランスホールはなかなかおしゃれだし、スタッフも親切で居心地の良いホテルでした。

d0043369_18102291.jpg
d0043369_18103478.jpg

d0043369_18104865.jpg
d0043369_18105948.jpg
d0043369_1811415.jpg
d0043369_18111915.jpg


ここでたっぷり眠って翌日から動き回るわけですが、その話を更新するのはいつのことやら…。
[PR]
by s_fiorenzo | 2012-09-30 18:21 | 2012年SCUDETTOを祝う旅 | Comments(2)

出発!(2012.5.10)

旅の中身はこちら

今回の旅はちびちびちびちび貯めたマイルの期限が切れる前に総ツッコミして飛行機に乗るというものでもあった。
なので渡伊スケジュールが決まり次第即ネット予約!…したつもりだったけど時既に遅し、一番少ないマイル負担で乗れるエコノミー席はなくなっていた。
でも『少しだけマイルを買い足せばワンランクアップのエコノミー席は取れるよ』という案内が画面に出たので、案内に導かれるまま買い足し画面に移動してマイルを増やし、導かれるまま予約画面に戻ると必要なマイル以上に増えていて、残席もあるのに『マイルが足りない』表示。
これでは埒があかないとコールセンターへ電話…30分経っても繋がらない。この間に残席までなくなったらどーしてくれる!とぴよぴよしながら電話をかけ続け、ついに繋がったのは更に1時間後。事情を延々切々と説明し、コールバックを待つことさらに1時間以上…。やっと来たお返事は「ご希望通りお取りしました」。
やった~、ありがとーv(=^0^=)v やればできるじゃん!

そうは言っても「ホントに席あるよねー、大丈夫だよねー」と恐る恐るチェックインすると、なんとびっくり「サービスはエコノミー、でもシートはビジネス」とのこと。
正直、マイルで引き換える席なんてエコノミーの中でも最安席で、ワンランクアップと言ってもエコノミーの中でちょっと前に行けるくらいにしか思っていなかったのにまさかの「シートはビジネス」。いや、もうそれだけで十分ですよ。っていうか、長距離便は食事よりシートでしょう!

d0043369_23222298.jpg
さて、いよいよ飛行機に乗り込みます。
案内されたシートはホントにビジネスだった~!椅子、でかっ♪
もう1枚下さいと言いたくなるぺらっぺらの小さな毛布じゃなくて、うっすら綿入りの肌掛けがついてくる~。クッションも大きいからエアクッション膨らまさなくても大丈夫!
d0043369_23222041.jpg


そしてブルガリのポーチに入ったアメニティセットが配られる。中身はブルガリちゃんのリップバームやら、ボディローションやらいろいろ入っているんて、ポーチ本体も色もデザインもシンプルでいてこじゃれた感じ。でも実は私の旅行前に戻ってきたばかりの上司に同じものをもらって、自分に必要な中身だけ持ってきていたから未開封のままお友達にもらってもらったので写真はなしよ。

いよいよお食事の時間。
(シモーネの方の)ぺぺたんに似たパーサーがテーブルを出しておもむろにクロスを敷いてセッティングを始める。そう、なぜかお食事もビジネス仕様。やった~v(=^0^=)v
d0043369_23225655.jpg


カトラリーは赤いリボンがおしゃれだし、バターさえかわいい。
d0043369_23233651.jpg

d0043369_23235282.jpg


メニューはエミリア・ロマーニャ州のお料理だそうで、まず前菜はProsciutto crudo di Parma Dop con Melome Cantalupo/パルマ産生ハムにカンタルーポ産メロン添え
d0043369_23242036.jpg


Insalata di frutti di mare freschi su letto di patate/ポテトに乗せたシーフードサラダ
d0043369_23244192.jpg


Timballo di Erbazzone con formaggio Grana Padano Dop/グラナ・パダーノチーズ入りエルバッツィオーネ
d0043369_232517.jpg


Lasagne verdi con ragu`/ミートソース入り緑色のラザーニャ
d0043369_23252627.jpg


こんなに食べてもまだまだ出てくる!メインディッシュはお肉かお魚両方見せてくれて、選ぶとこんな感じに盛り合わせてくれる。もちろん“追いオリーブオイルふぁさ~”も忘れない。
d0043369_23271547.jpg


Filetto di pesce al vapore con erbe fresche/蒸した魚のフィレ、フレッシュハーブ添えとSpinaci al burro con nocciole tostate/ほうれん草のバターソテー、ローストしたヘーゼルナッツ添え
d0043369_23265683.jpg


Finocchio frescho cotto al forno con formaggio Grana Padano Dop/フェンネルのオープン焼き、グラナ・パダーノチーズ風味
d0043369_23275256.jpg


Patata alla vaniglia e formaggio Grana Padano Dop/バニラとグラナ・パダーノチーズ風味のポテト
d0043369_232983.jpg


デザートもケーキかフルーツか選ばせてくれるんだけど、ぺぺたんに両方美味しそうだなぁって言うとあっさり両方盛りつけてくれた。さすがぺぺたんと言いたいところだけど、ここまで全部残さず平らげておいてこいつまだ食うか…と思われたことは間違いない。

Torta Maria Luigia/マリア・ルイージャ妃のケーキとFrutta fresca di stagione/季節のフルーツ
d0043369_23304746.jpg

d0043369_2331251.jpg


食事が終わるとポットでコーヒーや紅茶をサービスに来たのでコーヒーをお願いすると「エスプレッソもあるよ」とぺぺたん。じゃあ!と頼むとこんなかわいいカップで出てきたよ
d0043369_23311882.jpg

d0043369_23314052.jpg


以上、食器は全てリチャード・ジノリ製でした。お料理もとってもおいしく残さずいただきました~。


d0043369_2332928.jpg

延々続くシベリアを眺めたり、眠ったりしているうちに軽食のお時間。
ここでもエミリア・ロマーニャ州の名産が出てくる。

Mortadella/モルタデッラ・ソーセージ、Grana Padano Dop/グラナ・パダーノチーズ、Pere Abate al vapore con Aceto Balsamico di Modena lgp/蒸した洋梨、モデナ産のバルサミコ酢添え、Piadina romagnola ripiena di formaggio/チーズを詰めたピアディーナ(ロマーニャ地方の薄焼きパン)、Tigelle/ティジェッレ(モデナ名物のパン)、Pane all´olio d´oliva e origano/オリーブオイルとオレガノ風味のパン…の盛り合わせと
d0043369_23323024.jpg


Frutta fresca di stagione/季節のフレッシュフルーツ
d0043369_2333617.jpg


これまで何度もA航空を利用して、必要以上に明るかった座席前のモニターが真っ白に光ったまま消せなかったり、配られたヘッドフォンのジャックと穴の形が違っていたり、アームレストが動かなかったり、リクライニングシートが倒れなかったり、飛行中の後半にはトイレが詰まったり…etc.まさに乗ってるうちからイタリア的ないろんな体験を今までさせていただきました(慣れてしまえば嫌いじゃない)。
いや待て、そうは言ってもそれは格安で入手したエコノミーならではの当然の報い……かと思いきや、快適さが売りのビジネスシートでまさかのフットレストの、よりにもよってセンター部分のクッションがなーい!さすが期待を裏切らない。
d0043369_2334423.jpg


ぺぺたんとペアでサービスをしてくれたもう一人が若い頃のデビッド・ボウイ似のかなりおねぇっぽいパーサーさんが、とっても日本語が上手な方でびっくり。上手というより片言なりに言葉遣いがきれいなんですよ。で「あなたはとてもきれいな日本語を話されますね」とお伝えしたところ、ぱぁっと顔が赤くなって「日本を愛していますから」と言って下さるものだから、こっちもなんだかとってもうれしくなってしまった。

そうこうするうちに無事定刻に到着。マルペンサ空港ではミラノの2チームに迎えられ(サン・シーロ・スタジアムのツアーとミュージアムの広告でした)、「出迎えご苦労。でも待ち人はトリノにいるから」とトリノを目指します。
d0043369_23365941.jpg

d0043369_2337869.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2012-06-03 23:41 | 2012年SCUDETTOを祝う旅 | Comments(4)

JUVENTUS MUSEUM(2012.5.17)

d0043369_2514967.jpg
スクデット獲得、優勝パレードの興奮も冷めやらぬ2012年5月17日14時、ついにJUVENTUS MUSEUMがオープンした。

d0043369_2521232.jpg
場所はスタジアムのすぐそば、ミュージアムだけの見学(12euro)も、スタジアムツアーとミュージアムの両方をセット(18euro)で楽しむこともできる。
スタジアムツアーは先に体験済みだったのでミュージアムの見学だけにしたが、14時のオープンの30分前に到着したにもかかわらず既にかなりの人数が並んでいる。
d0043369_2533071.jpg


周りの人に「この列は切符を買う列?」と聞くと、「今日はチケットはタダだから入場待ってるだけだよ」と口々に答える。LISTICKETのサイトでは17日分から前売りしていたので「ヘンだなぁ、でもラッキー♪」と一緒に並んでいると、そのうち係員が誘導し始めた。
でもよく聞いていると「入場料は大人12euro、ツアーに参加するなら18euro...」と言っている。タダだと言っていた人たちは一斉に「タダじゃないのかー?」とひとりしかいない係員に食ってかかっている。「じゃ、やーめた」と列を抜ける人たちも数組いたが、大部分はこの日のここに来たtifosiなのでおとなしく12euroを用意する。
結局13:30に着いて、チケットを買えたのは14:30を回っていたから早く来て正解だった。見渡した限り東洋人は私以外に誰も見当たらなかったので、おそらくかなり高い確率で『一般人でJUVENTUS MUSEUMに行った初めての日本人』を自称しても許されるような気がする。
AGNELLIさんのお言葉に迎えられてチケットを買い、さあ中へ!
d0043369_2551547.jpg

d0043369_2552772.jpg

d0043369_2554252.jpg

d0043369_2555158.jpg

d0043369_25606.jpg

d0043369_256147.jpg


まずあるのは数々の栄光のトロフィーたち。2つの大耳も、トヨタカップも、開館の4日前にALEが掲げたばかりのカンピオナートのトロフィーもちゃあんとある!
d0043369_257584.jpg

d0043369_2571386.jpg

d0043369_2572197.jpg

d0043369_2573097.jpg

d0043369_1894632.jpg


モニターからは世界各国から集まった歴代の名選手たちのインタビューが流れ
d0043369_2582014.jpg

d0043369_2583043.jpg

d0043369_2584373.jpg


創立から年代毎にクラブの歴史が工夫を凝らして展示してあり、tifosiにとってはまさに狂喜乱舞の世界。
d0043369_2592761.jpg

d0043369_2593578.jpg

d0043369_2594453.jpg

d0043369_2595372.jpg

d0043369_30326.jpg

d0043369_301538.jpg

d0043369_302672.jpg

d0043369_303625.jpg

d0043369_304571.jpg

d0043369_305865.jpg

d0043369_3169.jpg

d0043369_311684.jpg


中でも、300試合以上出場した歴代選手たちのユニフォームが飾られているコーナーは大人気だった。ダントツの出場を誇るのは、やっぱりあの人...。
d0043369_31344.jpg

d0043369_315086.jpg

d0043369_32125.jpg

d0043369_321330.jpg

d0043369_322252.jpg

d0043369_323234.jpg

d0043369_324897.jpg

d0043369_325712.jpg

d0043369_33688.jpg

d0043369_331689.jpg

d0043369_332823.jpg

d0043369_334234.jpg

d0043369_335155.jpg

d0043369_341057.jpg

d0043369_341928.jpg

d0043369_343063.jpg

d0043369_343984.jpg


その他にもいろいろな舞台で表彰された選手たちの貴重な展示品がたっぷり。
館内のあちこちで、大人から子供までさまざまな世代のtifosiが目を輝かせて歓声を上げながら楽しんでいる。
d0043369_375433.jpg

d0043369_38616.jpg

d0043369_381513.jpg

d0043369_382834.jpg

d0043369_384257.jpg

d0043369_385498.jpg

d0043369_391055.jpg

d0043369_392242.jpg
d0043369_393244.jpg

d0043369_394929.jpg

d0043369_310123.jpg

d0043369_3101094.jpg

d0043369_3102868.jpg

d0043369_3103733.jpg

d0043369_3104738.jpg

d0043369_3105685.jpg

d0043369_3111040.jpg

d0043369_3112059.jpg

d0043369_3113671.jpg

d0043369_3114732.jpg

d0043369_311567.jpg

d0043369_312884.jpg

d0043369_3121725.jpg

d0043369_3122823.jpg

d0043369_3124127.jpg

d0043369_3125130.jpg

d0043369_313810.jpg

d0043369_3131779.jpg

d0043369_3133114.jpg

d0043369_3134093.jpg

d0043369_3135019.jpg

d0043369_314518.jpg

d0043369_3141465.jpg

d0043369_3142446.jpg

d0043369_3144315.jpg

d0043369_3145432.jpg

d0043369_3151078.jpg

d0043369_3152575.jpg


そして改めてスクデットの感動を噛み締めてすべての展示を見終えたら、円形の小さな部屋へと案内される。
人工芝を敷いたその部屋は、360°スクリーンで囲まれていて、短い時間ではあるがピッチに降り注いでくる歓声に鼓舞される選手の感覚を体感させてくれる。「あぁ、私たちの声はこういう風にピッチに届くんだ…。そして選手はこんな風にピッチを走るんだ」と感動してうるうるしてしまった。
真っ暗なピッチにスタンドからのフラッシュが輝いて…
d0043369_315373.jpg


オープニングだけ撮ってみました。あとは見るのに忙しくて...



これでミュージアムのご案内はおしまい。
長らくお付き合いありがとうございましたm(__)m。
d0043369_3155212.jpg


チケットはいずれもミュージアムのみ、スタジアムツアー付きともにLISTICKETで前売りしているので、特にスタジアムツアーに参加したい旅行者はは前売り券を予約しておく方がタイムロスが少なくてよいと思います。ある程度の人数で時間を区切って動くので、満員だと入れませんからね。ただしイタリアによくあるケースですが、前売りの方が手数料がかかるため若干(数euro)高くなります。
スタジアムツアーはまた別の機会にご紹介しますが、こちらも絶対おすすめ!JUVENTINIなら何が何でも行ったほうがいい!!
私もまたトリノへ行ったらもう一回行く!!!


ところで、今回できたてほやほやのミュージアムということで、私なりにかなりがんばって写真も撮ってきたうち使えるものは全て使ってUPしたつもりです。
よろしければご感想をお聞かせくださると非常に喜びます。
[PR]
by s_fiorenzo | 2012-05-26 18:25 | 2012年SCUDETTOを祝う旅 | Comments(6)

2012年イタリアの旅

5/10~22までTORINO~MILANO~ROMAと行ってきました。
が、2008年の旅行がブログに全部載せられたのはついこないだのこと。今度の旅行レポがいつ完成するかは予定は未定なのですが、とりあえず目次的なものだけ作ってみました。

5/10(木)まさかのビジネスクラスで渡伊、そしてトリノへ
5/11(金)王宮行ったりお気に入りのレストラン行ったりトリノのチェントロをうろうろ
5/12(土)まさかのJUVENTUS STUDIUM TOUR遅刻
5/13(日)まさかのあの人に遭遇~2011/12シーズン最終節 JUVENTUSvsATALANTA観戦まさかのクルヴァ2列目~優勝パレード
5/14(月)まさかのスペルガ空振りからのあの人たちに遭遇
5/15(火)スペルガまさかのまた空振りからのヴェナリーア宮へ
5/16(水)まさかの三度目の正直のスペルガ
5/17(木)JUVENTUS MUSEUMまさかの開館初日に突撃からミラノへ移動
5/18(金)サン・シーロ行ったりおうちに帰ったり
5/19(土)新特急ITALOに乗ってローマへ
5/20(日)チケットもないのにまさかを期待してオリンピコへ行ったり、旧友と再会してBARで決勝を観戦
5/21(月)ちょっぴりグレードの高いエコノミークラスで帰国

…とまあこんな感じで遊んできたわけですが、書いた項目は色を変えるとか、リンク張るとか何か方法を考えるふりしながら思いつきで展開します予定です。気長にお待ちください。
[PR]
by s_fiorenzo | 2012-05-24 23:27 | 2012年SCUDETTOを祝う旅 | Comments(4)