カテゴリ:2005 ITALIA( 17 )

2005/06シーズン JUVENTUSホームゲームチケット

d0043369_22272954.jpg

ちゃんと保管しておかなかったのが悔やまれる2005/06シーズンのDerby d'Italiaのチケット。
この頃からチケットが記名制になった…とはいえ手書きww。とってくれたトリノ在住の方が適当な日本人の名前で買って、当日、スタジアムの窓口で名義変更の手続きをするのだけど、この手続きがまたイタリアらしい仕事でなかなか捗らなかったり、イタリアらしい仕事でキックオフに間に合うように入場できたり、電車がなくなってミラノに帰れなくなった学生さんを助けたり…と試合そのものより、その前後にいろんな思い出のある試合でした。

[PR]
by s_fiorenzo | 2013-09-23 22:30 | 2005 ITALIA | Comments(0)

TORINO 8

d0043369_2231924.jpgTORINO滞在中の日用品調達場所がリナシェンテ裏のLidl(Via Carlo Alberto 22,10123 Torino)。
ディスプレイもへったくれも何もない商品陳列のかわりに、とにかく安い!
行った時が週末だったこともあってか、家族やグループで来た客がカート1台じゃ積めませんというくらい食料品からトイレットペーパーまで大量に買い込んでました。
この先、既にかなり重量感を増したスーツケースをひっぱってMILANOへ移動…ということさえなければ、すべてのお土産をここで調達していたことでしょう。7EUROのバローロとかね。
TVスポットも積極的に展開しているわりには、“こんなの一般家庭で使うのか?”と思うような電動工具を目玉商品としたうえで「今度の週末はLidlへ行こう!」みたいなCM。不思議だ…。
帰宅してからHPを調べたら、ミラノのMAMMAの家から2ブロックのところに発見。あ~失敗した~(><) 次回からHAPPY HIPPOを買い占めるのはここに決定。
[PR]
by s_fiorenzo | 2005-12-30 22:26 | 2005 ITALIA | Comments(0)

TORINO 7 (3/10/2005)

トリノといえばユヴェントスにグリッシーニにチョコレート!
JUVEもグリッシーニもたっぷり堪能したので、最後の仕上げにチョコレートを買いに行きます。めざすのはホテルのそばのPASTICCERIA GERTOSIO、2年前にトリノへ来た際お土産&自分用としてクリスマスギフト仕様のチョコレートを大量に買い込み、お配りした先々でもれなく大好評だったのに味をしめて、また今回も行っちゃうよ♪ 一見地味な感じもするお店ですが、創業125年を誇る老舗でございます。
まだ時期が早かったようで通常のギフトしか出ていませんでしたが、「何を詰めてもらおっかな~」ときょろきょろしていると、ショーケースの上に“Torta Sabauda~Nostra specialita`”と書かれたカードがちんまりと立っているのを発見。が、それらしきトルタはどこにも見当たらないので、思い切って「Torta Sabaudaってなんですか?」聞いてみると、おもむろに冷蔵ケースから箱を出し、
d0043369_01458.jpg


あけて見せてくれたのがこちら。
d0043369_23571983.jpg


なんでもサヴォイア王家のレシピによる由緒あるお菓子で、日持ちも12月までOKだと説明されたけど、見せてくれたものはセロファンで包まれていたし、はっきりいってこれじゃチョコレートでコーティングされた中がどうなってるかはわかりません。材料を聞くと、ノッチョーラとバターと小麦粉と砂糖と…etc.
私的には、トリノのチョコレートのおいしい店でノッチョーラと言われた時点で即買いです。小さい方を買うことにし、箱を受け取ってびっくり。7cm四方に高さが2cm位の小さな箱なのに、重さがずっしり。見るとそんな小ささにもかかわらず100gと書いてあります。ちなみに大きい方は400g。
日本へ持ち帰ってカットしてみると中はこう。
d0043369_002053.jpg


食べてみたらば…

…(^0^)

あ~何で大きい方買わなかったんだろう!ばかばかばか~(><。)
『大奥』だったら「美味でございますぅ~」と叫んでいるところ。
伝統的なお菓子にありがちなびっくりするような甘さもなく、私の大好きな味のシンプルなチョコレートケーキでした。油断したら1個丸ごといけそうだけど、もったいないから2回に分けて完食です。

前回の旅行でGERTOSIOのジャンドゥイオットをお土産にした人には、他のお店のジャンドゥイオットを食べてもらおう!ともう1軒行ったのがCAFFE` TORINO
こちらのジャンドゥイオットはこんな感じ。
d0043369_02534.jpg


d0043369_062597.jpgトリノのシンボルtoroの袋に入れてくれます。上のチョコレートのパッケージの中央にあるシール、実は紙袋の封としてつけてくれるものですが、パッキングの都合上紙袋から出してしまうので、はがしたシールでなんちゃってデコレーションしておきました。

トリノのお土産としてはチョコレートっておいしいし、種類も豊富だから選びやすいけど、重くなるのがちょっと難点。でも次回はTorta Sabauda・大を自分用に持って帰るぞぉ!
[PR]
by s_fiorenzo | 2005-11-23 23:55 | 2005 ITALIA | Comments(4)

TORINO 6 (3/10/2005)

さて、Piazza Castelloまで来たのはいいけど、「あれ、ドゥオモってどこだっけ?」
で、目の前の建物から出てきたおじさまたちに聞いてみました。「すいませーん、ドゥオモってどうやって行けばいいんですか?」
するとおじさまたちは“キミたちは何を言っとるんだ!”という顔をするもんだから、こっちも“そりゃそーだ。トリノのドゥオモってったらつい数年前は大騒ぎだったもんね、調べてから来いよってか”と身構えると、「ドゥオモはあの建物の向こうに見えている屋根だけど、見るならこっちの方がいいよ。すんばらしい建物だし聖骸布のコピーもあるよ」と彼らが出てきた建物を指さすじゃありませんか。
そこまで言うならと入ってみたら、あらすてき♪ 地味な外観とは大違いで、広さはさほどないものの、大理石をふんだんに使ったとっても豪華な教会でした。ボランティアガイドの名札をつけたおじいちゃんがいろいろ説明してくれて、撮影の許可もいただきましたが、暗すぎて小さなデジカメでは残念ながら全く撮れてません。そんなLA REAL CHIESA DI SAN LORENZOの詳細を見たい方はこちら
[PR]
by s_fiorenzo | 2005-11-21 23:39 | 2005 ITALIA | Comments(0)

TORINO 5 (3/10/2005)

いや~贔屓のチームが試合に勝つと、その後のスポーツニュースその他もろもろで何度も勝った試合を見れるわけで、とっても気持ちよく翌朝を迎えられるというものです。
この日はTORINOからMILANOへの移動日。久しぶりに会ったAちゃんと語り足りないし、一緒にランチをしてからMILANOへ動くことにして、とりあえずまたチェントロをぶらぶら。
そうだ!聖骸布のコピーでも見に行こう!!…とPiazza Castelloまで来ると、28回目のスクデット獲得を記念したモニュメント発見!
d0043369_352658.jpg


視線を上にあげると…
d0043369_3142145.jpg


旗を持っているからって、この人、ウルトラのリーダーではなかったはず。だめじゃん、FIGHTERS。
[PR]
by s_fiorenzo | 2005-11-20 03:16 | 2005 ITALIA | Comments(2)

TORINO 4 (2/10/2005) / 6a GIORNATA : Juventus 2 - 0 Inter

いよいよ2005-6シーズン最初のビッグマッチ、ITALIA DERBYことJUVENTUSvsINTERの日がやってきた!が、朝から雨が降ったりやんだりで寒い…ってことは夜のSTADIO DELLE ALPIはもっと寒いってことだよね…。

d0043369_083851.jpg試合は20:30~なのでそれまでは町をふらふらしたり、防寒用にマフラーを買い足したり、腹ごしらえをしたり。
22:30頃に試合が終わって市内に戻ってきたのでは食事するような場所はほとんどないので、PORTA NUOVA構内にあるスーパーのデリでアランチーノと玉子焼きを買ってきて、ホテルの部屋で昼間の試合を見ながら食べるのが恒例行事。ここのアランチーノはinoをつけるのが失礼なくらい大きくて、コンビニおにぎり2個分以上のボリュームは軽くクリア。満腹すぎてジーンズのファスナーが上がらない…

スウェーデンのおにーちゃんたちの話だと、今年はスタジアムのセキュリティがものすごく厳しくなっていて、身分証明書が必要だし、入場に時間がかかるから早めに行った方がいいとのこと。だもんでスタジアムにパスポートなんて持っていくのは不安だけど一応バッグの底板にダブルクリップで留めて、TORINO在住のAちゃん(Interista)と合流して18時にはスタジアムに到着しました。
今回はチケットをTORINO在住の別の方にお願いして取っていただいていたのだけど、何とびっくり今年から「記名式」になっているそうで、チケットの片隅にはボールペンで手書きの名前が。購入の段階ではフルネームがわからなかったので、3枚のうち2枚には架空の日本人の名前が書かれているのです。
まず知らんぷりして入場ゲートに並ぶとパスポートの提示を求められ、「ホテルに置いてきた」は却下され、チケットの名義が違うなら名義を書き換えるための窓口に並べと言われます。
その頃には雨はかなり強く降っており、またゲートからスタジアムの入口まではかなり距離があるにもかかわらず、「入場する前に傘は車に置いてこい」「車に置けないならここにある箱に入れて、帰りに持っていけ」と言われます。スタジアムに来る客みんなが車で来ているわけじゃなし、しかもただの箱に入れて帰りに自分の傘を持って帰れる保障もなし。あほか。

あきらめて名義書換の窓口に行くと既に長蛇の列。しかも待てど暮せど一向に列は進まず、よ~く見てるとひとりの客に30分近く時間がかかってるありさま。こんなペースじゃキックオフに間に合いませんって!
そのうち列を作る人たちも怒り始め、携帯で「今窓口に並んでるんだけど、ひとり1時間かかってて進まないんだよ!俺の後ろにも1km人が並んでるんだ!!」って話してる人がいたけど、似たようなセリフを4年前ボローニャの当日券売り場でも聞いたぞ。この国では長蛇の列のことを「俺の後ろに1km並ぶ」というのか?

いくら待てども列は進まず埒があかないので、奥の手を使って関係者入口から入れることになった私たち。ここではパスポートチェックも荷物チェックも傘の没収もありません。いろんな意味で、やっぱりイタリア。この段階でキックオフ30分前の20:00すぎ。
途中さっきの入場ゲートを通ったら、ここも物凄い長さの不動の列が出来ており、仮にこの段階で名義書換が終わっていたとしても、その後この列に並んでいたらキックオフには絶対に間に合うわけがない状態。いったいどうなってるんだDELLE ALPI?これでJUVEが負けたら絶対許さん!

d0043369_0105448.jpgでもね試合のほうはカンペキでしたの♪2-0で完勝。私が観に行くとJUVEが負ける説も濡れ衣であることが判明。
前半ラストでインテルのDFマテ男のきっついファウルでズラが負傷退場というアクシデントがあったものの、その後マテ男のファウルは当分の間、各テレビ局、新聞各紙につるし上げられましたとさ。

ごっ機嫌のふたりとがっかりのひとりは市内に戻るバスに乗ります。ばばシャツ+長袖のカットソー+パーカー+中綿入りジャケット+マフラーでも寒かったのに、後ろに座っている日本人らしき男の子ふたり組はTシャツ姿。「若者は元気だね~」と思いながらも、私たちは約1時間のバスの旅、おしゃべりに興じます。
もうすぐPORTA NUOVAに着くね…って頃に、私たちの前にひとりで座っていた日本人の女の子が話しかけてきました。
「あの~地元の方ですよね。後ろの男の子たち、ミラノに帰れなくなっちゃったんで助けてあげてもらえませんか?」
地元の方はひとりですけど、困っている人には基本的に協力しますけど、DELLE ALPIのナイトゲームは最後まで見てたらミラノへの終電は絶対乗れませんから!
聞けば福岡から来た大学生2人組で、キックオフにも間に合わなくて後半しか見れなかったうえ、雨でびしょ濡れのTシャツ以外着替えも持ってないというかわいそすぎる状況。幸いPORTA NUOVAの辺りは安いホテル多いし、あたりをつけて入った1件目のホテルでAちゃんが交渉した結果、彼らの希望通りの価格帯で部屋が取れ、めでたしめでたし。
私たちはBARでCONTRO CAMPOを見ながら暖をとり、今回の旅のメインイベントは終了するのでした。

スタジアムのセキュリティー強化という名の混乱はDELLE ALPIだけでなく他のスタジアムでも起こっているそうで、クルバのウルトラが抗議のために応援ボイコットしたりするケースもあるそうです。次回行くまでには何とかして欲しいわ~。
とりあえず現地観戦の際はスタジアムへはお早めに。
[PR]
by s_fiorenzo | 2005-11-06 00:06 | 2005 ITALIA | Comments(4)

TORINO 3 (1/10/2005)

d0043369_2313435.jpgビッグゲームの前ともなると、イタリア国内だけでなく、私たちのように一生懸命お金を貯めて海外からTORINOまでやって来るファンもいます。
ホテルのバールでそんな人たちとおしゃべりするのもまた楽しいひととき。まぁ正直に言えば英語に堪能なゆみちゃんと、会話がイタリア語になると参加するうなづきACCOちゃんというのが正しい姿ですが。

今回知り合ったのは、
ベルギーのどこかの町のJUVENTUS CLUBの皆さん
スウェーデンから来たおにーちゃん二人組
ユーゴビッチが好きなオランダ人のおねーさん
イタリア人にしては珍しく頭の先からつま先までいろんなブランドでかためた少年
カウンター席で悠然と微笑む謎のマダム…etc
もともと同じチームのファン同士ということもあってか、みんな優しくていい人たちでした♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2005-10-30 23:11 | 2005 ITALIA | Comments(4)

TORINO 2 (1/10/2005)


d0043369_154067.jpgホテルの窓をあけると屋根の向こうにMole Antonellianaが。
遠くの方にはBasilica di Spergaも見えるぞ~♪










d0043369_174435.jpgトリノはまだまだ日曜休業の店が多いので、本日・土曜日はお買い物DAY。まず向かうのはJUVENTUS STORE!(そこに辿り着くまでに何軒寄り道したことか…) 狙いは日本で買ったらあほちゃうかというような値段がつきそうな“おばかグッズ”系。貯金箱とソックスと携帯ストラップとライターとぷにぷにシールをお買い上げ。

JUVENTUS STORE
: Via GalibardiとVia XX Settembreの角






d0043369_1131212.jpgさらにろくに読めもしないくせに本なども買ってみる。手前の「VALENTINO ROSSI」は優勝したこともあってかかなりの種類の本が出ている中で、かわいいやんちゃ坊主の頃から今に至るまでの写真が豊富なので買い。あとの2冊は「IL SEGRETO DI ALEX」に「BARZELLETTE SULLA JUVENTUS」ってタイトルからして楽しそうでしょ?少~しずつでも読破してやるぅ!








d0043369_1152690.jpgそしてお昼はDA MAUROへ。ここに来たらなにはなくともブルスケッタ♪あっちゃこっちゃでブルスケッタを食べる機会はたくさんあるけれど、ここのはビミョ~に違うんだよねぇ(うっとり)。やばい、こんな時間におなかすいてきた…
今回はJUVEの選手もTOROの選手も見かけなかったけれど、食事を終えて帰る道すがらゆみちゃんが「あ、また鴨がいる」と言うもんだから、またまたついポー川から逃げ出した鴨がねぎでも背負ってその辺を歩いているのかと思ってきょろきょろしてたら、道で転んで泣いている子供を助け起こしている父CAMORANESIでした。TORINOってこれだから好き♪
そうこうするうちに夕方近くなり、ホテルの入口にはJUVEファンが集まり始め、いよいよJUVENTUSまつりが始まる…

DA MAURO : Via Maria Vittoria 21 (TEL011-8170604) 
[PR]
by s_fiorenzo | 2005-10-26 01:04 | 2005 ITALIA | Comments(4)

TORINO 1 (30/9/2005)

VENEZIAを出発した記事から8日も経ったのは5時間以上かかる移動時間を表現したかったから(大嘘)。

TRENITALIAにおかれましては定刻どおりに電車が運行するということは、わざわざ駅到着前の車内アナウンスや、ホームの行く先表示板で「In orario」だと強調するほどすごいことらしい。そんな思い上がりは長続きするわけもなく、TORINO近郊まで来てから電車は減速&停止&のろのろ運転を繰り返し、結局終点TORINO PORTA NUOVAに着いたのは40分遅れ。当然ひとっ言のワビ入れもなし。まぁ日本の電車みたいに遅れが出た翌日の夜になってもまだ「昨日は遅れてごめんなさい」って言い続けてるのもどうかと思うけど。

この日のTORINOでの予定は、晩ご飯&洗濯、以上!なので早速食事に出かけます。
あ~写真がぜんぜんおいしそうでなくって悲しいわ。行ったのはHOTEL DUE MONDIに併設されているDUE MONDIというレストラン。こうして思い出しながら書いてるとよだれが出そう…。前のオーナーがJUVEの遠征に同行するシェフだった縁で今でもJUVEの選手たちがよく来るそうで、お店の中には選手の写真がいっぱい。でも「選手に会えるかも♪」という下心が満たされなくとも、舌と胃袋は大満足のおいしいお店です。たこのサラダ、も1度食べた~~~い!
d0043369_21172057.jpg


DUE MONDI:Via San Pio V 3/d
TEL 011-6692056
お店の入口は、ホテルの正面入口を通り越して角を曲がったところ。

おまけ
食事を終えて帰る道すがらゆみちゃんが「あ、鴨がいる」と言うもんだから、ついポー川から逃げ出した鴨がねぎでも背負ってその辺を歩いているのかと思ってきょろきょろしてたら、別のレストランで食事してるCAMORANESI様御一行でした。TORINOってこれだから好き♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2005-10-24 21:18 | 2005 ITALIA | Comments(0)

VENEZIA 6 (30/9/2005)


d0043369_164110.jpg何があったのかはわからなかったけれど、CARABINIERI(国防省の警察)の「パトボート」が続々集結。この写真を撮った後も、さらに何艘かやって来ました。車のいないVENEZIAではパトカーもモーターボートなのね。そういえば病院の前には「救急ボート」が係留してあったっけ。
「消防ボート」も見たけど、運河から離れた中に入った場所で火事とかあったらどうするんだろう???



さて、この日はVENEZIAを発ち、次の目的地TORINOへ向かいます。VENEZIA滞在中は傘のお世話になることはなかったけど曇りがちで、最後の日にやっとどピーカンに晴れました。ヴァポレットから見たSan Marco方面です。
d0043369_185023.jpg

そしてCANALE DELLA GIUDECCAの水面はこんな感じにきらきら☆
d0043369_111185.jpg


TORINOまではInterCityを利用して約5時間。遠くなっていく町の写真を撮ったり、コンパートメントを独占できたのはPADOVAまでの約30分だけ。この後MILANO CENTRALEまでは通路の補助席まで満席。
PADOVAを出発したあたりで見知らぬおばちゃんが黙ってゆみちゃんと私の席だけにちゃっちいキーホルダーを置いて立ち去った。これ決してTRENITALIAから旅行者へのサービスなんかじゃありません。ちゃんと「かわいそうな私たちのために2euroで買っとくれ」というメモ付きで、しかも2euroなんて高過ぎるクオリティ。
後で料金回収に来るに決まってるけど、何て言って返そうかな~と思案していると、同室のおじさんが「外に置いておけばいいんだよ」と言ってくれたのでそうすることに。案の定しばらくすると、一通り配り終えたのか集金に来たおばちゃん、コンパートメントの外に置かれたキーホルダーをまた無言で回収して行きました。検札の間をぬって無賃乗車で商売に来てるんだろうなぁ…。
d0043369_1103858.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2005-10-16 01:11 | 2005 ITALIA | Comments(6)