BOLOGNA 8 (2008.6.16~17)

BOLOGNA6で歩いた道、Via Fariniを途中のPiazza Cavourで右に折れ、しばらく行くとBasilica di San Domenicoに着く。平日の午前中、誰もいません。
d0043369_1141149.jpg


教会前の広場の真ん中や、道端にどん!とあるけどこれってお墓の類じゃないんですか?
d0043369_115019.jpg

中に入ってもだ~れもいません。
d0043369_1152836.jpg


ドミニコ会の創始者、San Domenicoさんの遺骨を納めるために建設されたこの教会。大理石の石棺には見事な彫刻で彼の生涯が刻まれています。後から加えられた彫刻の中にはミケランジェロの作品もあるそうです。
d0043369_116764.jpg


お庭も独り占めです。
d0043369_1164028.jpg


d0043369_1173090.jpg近所に聖ドミニコ学園という学校があるんですが、同じ流れをくむのでしょうか、紋章と校章の配色が同じです。


d0043369_1185715.jpgちなみにモーツァルトが少年時代ボローニャに滞在時、この教会でオルガンを弾いたことがあるそうですが、私が子供の頃、廊下においてあったオルガンで"ちゃるめら"弾いて怒られたのはこちらの教会。大人のミサ中だったらしい…

静かな教会での~んびりした後は、バスに乗って山に向かいます。
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-12-31 02:37 | 2008年CESAREくんの旅 | Comments(2)
Commented by interoyoko at 2008-12-08 03:07
Ciao あっこさん!
柵をしたり管理に目を光らすおじさまもいない、イタリア教会廻り
日本からイタリアを旅すると、まさかっといった芸術作品や遺跡建築物が
ごろんごろんとそこらにころがっている感じですよね。

ちゃるめらメロディーで心を癒された大人がきっとたくさんいたことでしょう、、、ね
Commented by s_fiorenzo at 2008-12-10 00:27
>Ciao!陽子さん
そーです!まさにごろんごろんと放置…
2枚目左の写真、お墓にすわって携帯電話中の男性、一通り見学して出てきた時、まだしゃべってましたよ。
彼にとってはいいベンチなのかも(笑)



<< BOLOGNA 9:Santu... BOLOGNA 7 (2008... >>