BOLOGNA 7 (2008.6.16~17)

2つの塔を背中に、街の北東へ伸びるVia Zamboniへ入る。この先にボローニャ大学があるせいか道幅の割りに人通りが多くて、しかも建物が大きくてほとんど写真が撮れなかった。
Piazza Rossiniという由緒正しい名前の、ほとんど駐車場状態の広場に建つChiesa di S.Giacomo Maggiore。
d0043369_22552382.jpg
ぐぐってたら密集っぷりのわかりやすい写真を見つけた。

大学はこの通りの先にあるPalazzo Poggiを中心に点在しており、あちこちの歴史ある建物が校舎として使われている。このPalazzo Campeggiもそのひとつのようだ。こういう所で勉強するととてつもなく頭が良くなるような気がするのは気のせい?
d0043369_2256376.jpg


Piazza Verdiまで来て、Teatro Comunaleの外観だけ見たところでこの先に進んでも大学内の博物館の開館時間も終わっていることに気付き引き返すことにする。
d0043369_230095.jpgと、道の真ん中にぴかぴか光るヘンなもの発見!車止めの手前までやってきたドライバーが後方の細長い機械に何かをすると道路を塞ぐ2つの車止めが下がってマンホール状になり、車は通過。するとまたマンホール状だったのが上がってきて車止めになるという代物。これって他の街にもあるのでしょうか?そして、解決方法はお金?
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-12-31 02:37 | 2008年CESAREくんの旅 | Comments(2)
Commented by interoyoko at 2008-12-11 02:03
私が見かけたのは、イタリア北部、フランスリオン、南仏などのチェントロストリコ近辺です。
時間帯によって、車の通行規制をする目的のように私は理解しています。 
住民や仕事場がある人はパス?テッセラ Tessera を細長機械に入れると鉄柱が下がる仕組みのよう。
仕事で荷物があったりして、どうしても車で入りたい場合は
近くにお巡りさんが居れば説明すれば下げてくださった、という経験があります。
解決方法はお金というより、その地区の管轄に申し込んで手に入れた
「通行手形」のよう、、、、な気がします。
Commented by s_fiorenzo at 2008-12-12 22:33
>Ciao!陽子さん
そりゃそうですよね~、お金のわけないか(笑)
ワルイ人が勝手にどんどん設置しちゃいますね。

通行規制というと鉄製で折りたたみ式の軽いゲート(夕方の商店街とかで見かける奴です!)のイメージが強いので、よく聞く「旧市街は車進入禁止」などの規制をどうやってコントロールしているのかと思いました。
こんな頑丈なのに道を塞がれたら、tessera忘れたら大変ですね!


<< BOLOGNA 8 (2008... BOLOGNA 6 (2008... >>