FAENZA (2008.6.12)

FERRARAでとばし過ぎた反省をふまえて、この日の遠足は近場のFAENZA:ファエンツァ、陶器の里。
BOLOGNAからICで25分(こと細かに止まるタイプのRでも56分)、約50km、3.10euroの旅。あれ?もしかしてFERRARAよりちょっと遠いかも?
そうそう、州内50km以内の移動ならシンプルな販売機やtabacchiでも買える近距離の均一券で行けます。
d0043369_03858100.jpg


陶器に興味のある人くらいしか知らないであろうこの街にも実はチェーザレつながりがあり、民衆の信望厚かった少年領主Astorre Manfredi:アストール・マンフレディを中心に、チェーザレ軍の侵攻に執拗に対抗したという歴史を持ちます。
陶器博物館くらいしかガイドブックには出ていないけれど、マンフレディ家の名残なんかさくっと探して、ランチ食べて余力があったらもう少し足を伸ばしてみようかなというのがこの日の計画。
足を伸ばす先の候補はお世話になってるトラットリアで教えてもらったBRISIGHERRA:ブリジゲッラ、もしくはチェーザレつながりでCaterina Sforzaさんが治めたFORLI:フォルリ&サーキットでおなじみのIMOLA:イモラ。数々のコワい逸話をもつ“女傑”カテリーナさんだけど、またの名を“イタリア最高の女”って興味あるじゃない。

さて、駅を出て街路樹の通りViale Baccariniを街の目玉、Museo Internazionale Delle Ceramiche:国際陶器博物館めざして歩いて行きます。ここまで途中すれ違った人は2人だけ。博物館に入ると見学を終えた小学生の団体がちょうど帰るところで、客は私ひとり。またもや貸し切り状態かも。
ここでは、いわゆる土器の時代から赤絵・黒絵の時代を過ぎ、色を使えるようになり、絵柄の技術が発達し現代の作品にいたるまで膨大な量の陶器、陶器、また陶器とあらゆる時代と国の陶器の歴史に関する展示を見ることが出来ます。
8月3日(日)まで東京国立近代美術館で開催中の「カルロ・ザウリ展 イタリア現代陶芸の巨匠」、このカルロ・ザウリさんの作品もあります。
d0043369_0462537.jpg
*写真は博物館の外観と中庭

個人的に面白かったのは州別に展示したコーナーでした。同じ時代の作品が、同じ題材でも絵柄のデザインや色の使い方が地方によってそれぞれ異なっているのは興味深いものでした。
ここのガイドさんたちは、さりげなく放置しておいてくれます。というか、新聞とか本とか“時間つぶし対策グッズ”を各自持ち込んでますから。で、客が来ると逆に軽くびっくりしてくれるくらい。

色とりどりの陶器たちを見ながら、思考モードが「このお皿にはパスタ、このお皿には肉…」となってきた頃にはひととおり見終わったので博物館見学は終了。
いや、見応えもあれば歩き応えもある博物館でした。じっくり見られて楽しかった♪

博物館を出る頃には雨も止んで、逆にどピーカン。Cattedrale:カテドラルのあたりが一番大きな広場だし…と歩き出します。さすがは陶器の街、通り名の表示も建物の装飾も陶器です。
d0043369_0484142.jpg


d0043369_0492140.jpg



d0043369_0501320.jpgCattedraleに着きました。12時回ってるので当然閉まってました、残念。

d0043369_0504423.jpgCattedraleが面する広場Piazza Liberta`:リベルタ広場のバロック様式の噴水と時計塔

d0043369_0523987.jpg
Piazza Liberta`につながるように広がる広場がPiazza Popolo:ポポロ広場。そこに建つPalazzo Del Municipio:市庁舎の中庭に入るとTeatro Comunale Masini:マジーニ劇場。近くにインフォメーションの事務所を見つけたけど長~い昼休み中。

写真を撮りながら御食事処を探すのですが見当たらず、なんだか前日のFERRARAに続いて食いっぱぐれの悪い予感…。炎天下に空腹で歩くとどうなるかはお勉強済みなので、近くのバールに入ってパニーノをほおばる。
食べながらこのあとの行動をどうするか考えるのだけど…
陶器のお店も見たいしCattedraleの中にも入りたいけど、このままこの街で長い昼休みがあけるのを待つのも手持ち無沙汰すぎる。
あるいは駅へ戻って、次の電車で他の街へ移動して(電車の待ち時間含め約1~1.5時間)、駅から街まで入って(10~30分)、街歩きしてカフェすすって(2~3時間)、また駅戻って電車待ってBOLOGNA戻って…といろいろ考えているうちに出た結論は
「そうだ、BOLOGNAへ帰ろう!」。

気がつけばBOLOGNAで観光らしい観光してないことを思い出したのと、前日のFERRARAといいこの日のFAENZAといい、あまりにも人に出くわさないことにちょっと戸惑ってることに気がついたのも正直なところ。
そうと決まれば話は早い。駅へ向かおうとCorso Mazziniを歩き出した。
d0043369_054915.jpg
途中で右に曲がれば、さっきの博物館の前を通って駅に出るんだよね~♪
が、曲がるべき道を見落とした...城塞の跡(?)に沿うVia Tolosanoまで来てやっと道を来過ぎたことに気付く始末。ま、いいか。この壁もManfrediさんの名残かもしれないし。

軌道修正しつつ歩いていると、Rotonda Rossiなる建物発見。
d0043369_0544757.jpg


Viale Baccariniに戻ってくると「あっ、カテリーナまつり!!」
d0043369_0561435.jpg


てな感じで、ManfrediさんもCaterinaさんもゆかりのあるもの見れたしってことにして、Cesareとはつかず離れずの仲のBentivoglioさんの街BOLOGNAへ帰るのでした。

d0043369_057983.jpg
…あぁ~書くのに時間かかった、FAENZA編。14,525歩、あるきました。


Museo Internazionale Delle Ceramiche

Viale Domenico Baccarini,19
Orario estivo: 1 aprile - 31 ottobre, dal martedi` alla domenica 9
.30-19.00
Orario invernale: 1 novembre - 31 marzo, dal martedi` al giovedi 9.30-13.30, dal venerdi` alla domenica 9.30-17.30
Ingresso: Euro 6.00
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-12-31 02:31 | 2008年CESAREくんの旅 | Comments(6)
Commented by がっちゃん at 2008-07-24 12:13 x
ところで、惣領冬美のチェーザレの5巻が出ましたよぉ~。
こうやってテーマを決めて巡るたびっていいですね。私も次回はちゃんとそんな目標を決めて旅をしようっと。きっと目にするものの新鮮さが違うでしょうし、また真剣に見るような気がします。
Commented by maccarello at 2008-07-24 21:08
おお、FAENZA!
ここ、一度だけ電車の乗り換えで駅に降りたことあるんですが、陶器で有名な街だったんですか、知らなかった~。。
駅だけ見る限りそんなに大きくなさそうな印象で、ちろっと町も見てみたかったんだけど、時刻表上での電車の繋ぎが30分足らず というイタリアではかなり綱渡り的オラリオだったため断念。
地理的にここがどこら辺なのかもわからず、私の中で、あそこはどこだったんだ? ってなイメージだったのですよね。
今度通ることがあったら街も見てみたいです。:)

ところでがっちゃんのコメントにある惣領冬美のチェーザレ、先日たまたま入ったピストイアの日本の漫画屋さん(?)でイタ語版を見つけました。
おお!と思ったものの、あったのは2巻のみ。。。
中見たらセリフ多そうだし、2巻から読み始めるのもなー と思って断念しました。
っていうか、日本語じゃなきゃ読めないかも。^^;
Commented by s_fiorenzo at 2008-07-24 22:37
>Ciao!がっちゃん
やーーーっと出ましたね。
そしてモーニングの方も今週から連載再開です。まさかあの彼が…!

いや~実はテーマが決まっていそうでタイトルだけなんですよ。
ぜんぜん行き当たりばったりだし、ブログに書こうとして振り返ると見落としてるものばかりです。
だから改めてリベンジに行かないと♪
Commented by s_fiorenzo at 2008-07-24 22:58
>Ciao!maccarelloさん
Trenitaliaには路線図という概念がないんでしょうかね~?
デッキのそばにローカルな路線図があればラッキーぐらいの確率でしか見かけないんですけど…。
A駅とB駅の位置関係とか「地理的にここがどこら辺なのかわからない」状態はよく陥ります。

チェーザレのイタ語版なんて出てるんですね。
彼はイタリアではどういう評価をされている人物なのか興味津々です。
Commented by puhi at 2008-07-25 11:28 x
s_fiorenzoさんに刺激されて「ちょこっと」チェーザレくんの旅を私も画策中です。
彼に関係する所は小さな街が多いですよね。行けたとしても、ほんのちょっとだろうなぁ、きっと。
どこらへんまで行ったのか興味津々です。
惣領チェーザレをAmazonで予約したら、昨日現在でまだ届きません!
こんなことなら店頭でフツーに買えば良かった。
Commented by s_fiorenzo at 2008-07-25 23:42
>Ciao!puhiさん
そうなんです!1度で行こうと思うと何日かかることやら…。
で、今回はエミリア・ロマーニャ州限定です。それでもとても全部は行けてません。
次に行く時はリミニあたりからアドリア海を南下したいです。

最寄り駅の構内に小さな書店が入っているのですが、そこでは「こんなに仕入れて大丈夫?」と思うくらい大量のチェーザレが平積みになってました。
あの本、そんなに人気あるんですかねぇ…。
puhiさんのところにも、早く届くといいですね♪


<< SAN MARINO(2008... 先にまとめてみる >>