MILANO 2 (2008.6.10)

d0043369_21521239.jpgしっかり朝ごはんのあとは、まず駅へ行き、ちょっと緊張しながら自動券売機にチャレンジ。目標は14:05時発のInter Cityに座席予約のオプション3euroをつけて計22euro。だってスーツケース引っ張りながら空席探すのいやだもん。
順調に購入画面を進めていき、お目当ての切符を申し込み、お金を入れ(カードを入れるのはちょっと怖かった…)、切符とおつりを待つ。
チャリンと音がしてもなかなかおつりが出てこない…(もしかして出ないの?)。
もう一度お金の音がしてやっと必要以上に細かくされたおつりが出てきた(ほっ)。
チケットを取り出し、電車の時刻と座席を確認して完了。気分は「はじめてのおつかい」♪

d0043369_21525913.jpg地下に降りて、今度はATM10回券・carnet(カルネ)を購入(9.2euro)。厚い束だったカルネもこんなにおしゃれな磁気カードになりました。使用記録は裏面に印字されます。

“さっそく使ってみよ~っと!” と、せっかくのいい天気だしDuomoの工事がどこまで進んだか確認に行く。Piazza Duomoに鳩の豆売りだけでなくミサンガ売りが大勢いてびっくり。そういえば地下鉄の駅も今までいなかった所にまで物売りが増えてたなぁ。
久しぶりに見るDuomoはやっぱり豪華できれい。
d0043369_21561096.jpg
ここに来ると“またMilanoへ戻って来れたんだなぁ…”と思うと同時に、初めてここへ来た時のコーフンがよみがえります。それと思い出す「ロミオの青い空」(笑)。

Milanoでの私のトイレ、La Rinascenteにもご挨拶。これまでデパートといっても「スーパーに毛が生えた」くらいに思っていたのに、いつのまにやら入っているテナントが高級ブランド揃いでこれまたびっくり。トイレもきれいになっていて驚きました。便座もついてりゃ紙もあります。
そうそう!トイレネタばかりで恐縮ですが、Centraleのトイレが70centの有料トイレになってました。入り口に両替機があるけど紙幣は使えません。ユーロ玉を持っていないとアウトです。以前より多少きれいにはなってますが有料のくせに水が流れない個室もあるし、紙も便座もありゃしません(怒)。

Duomo~Galleria Vittorio Emanuele II…とお約束のコースをお散歩。
interoyokoさんおすすめのすてきなお店“Vigano”で目を喜ばせ、一瞬、ゴールドのピアスに心動かされたが1euro=170円という哀しすぎるレートを思い出してぐっと我慢する。旅行はまだ始まったばかり。
Viganoの隣の小さな本屋さん。1775年創業(!)というの老舗の店頭を彩るポップなペインティング。もしかして、これもプロジェクトの一環ですか?
d0043369_2222660.jpg


Galleriaをそれて、一応新しい赤黒ポイントにも寄ってぴっぽグッズがないかチェックしてみたが、ここでも財布は開かず。
d0043369_2251136.jpg
Nuovo Milan Point:Via Ragazzi del '99

LUINIのあつあつ揚げパンを食べたい気持ちをぐっとこらえて 、赤い地下鉄に乗ってLIMAで降り、懐かしいLinguadueに寄ってからお昼ごはん。現イタ語クラスメイトのNくんが“Milanoへ行ったら絶対寄る!”とすすめてくれた“SALERNITANO”で“SALERNITANOに行ったら必ず食べる!”とすすめてくれたボンゴレが今日のランチ。
d0043369_22183784.jpg

からすみがたっぷり乗っていて、程よく塩気が効いた海の味。おいしかったよぉ~♪
パンと一緒に出てきた薄焼きのフォカッチャもおいしくて、大満足の大満腹。
PIZZERIA RISTORANTE SALERNITANO:Via Vitruvio 8/Via Tadino,Milano

さ、ホテルで荷物を受け取ってBOLOGNAへ動きます。
予約したInter Cityは既にホームに入線していました。対面座席の車両、コンパートメントの車両など統一性のない連結の電車に沿ってずっと歩いて行くと、ありました。予約した9号車は2等車だけどエアコン完備の新型車両。やっぱり3euro多く払ってよかった♪
時間通りに電車は動き出し、すべてが順調に思われたとき想定外の出来事が…

車掌さんが先頭の10号車から検札を始めました。ちゃんとヴァリデーションもしてあるし、「はい」と自信たっぷりに渡したチケットを調べて鋏をいれた車掌さん、「もう1枚は?」
「?」
鳩豆顔の私に、車掌さんは他のお客さんの持っているチケットを借りて見せながら「あなたの持っているのはその座席の券。ほらもう1枚(乗車券)いるんだけど?」
“がぁぁぁん!” 顔にちびまるこちゃんばりの縦線がさぁっと入ったのがわかった。
“やばい、これは罰金かも。え~ん、お金もってるけどこんなことに払いたくないよぉっ!”
そうでなくてもしどろもどろのイタ語で「販売機で買ったんです。22euro払いました。そんなこと知りませんでした。残してきちゃったってことですかぁ?」
「そうだね。2枚必要なんですよ。」
“くぅ、落ちないな” 「え~、じゃどうすればいいんですかぁ?ちゃんと払ったのにぃ…」“そんな悔しい状況、払えるけど余計払いたくないぞ”
「本当は2枚必要だけど、今日は仕方ありませんね」
“まじ?” 「いいんですか?わぁ、ありがとうございます~。あなたってホントにホントにやさしい人!」 “やった~♪”
てな感じで、今回は見逃していただけました。いや、本当~によかった。

例の販売機が出し渋るのはおつりだけではなく、チケットが出てくるのにも時間がかかるんですよ。あとで別の切符を買う時に気づいたけど、最後の画面に“チケットが何枚でる”という表示出るのを見落としてました。それで座席指定券とおつりだけをとって、少ししてもう1枚肝心の乗車券が出てくるのを待たずに離れてしまったんですね。チケット買っていると寄ってくる「小銭ちょーだい」を警戒しすぎて19euro、3200円のチケット置いてくるなんて悔しすぎる。あほすぎる。あぁぁぁぁ…。その後は“BOLOGNAまで車掌さん代わりませんように。もう1回検札来ませんように。”と念じながらおとなしく運ばれて行きましたとさ。

無事BOLOGNAに着いてホームに降りるとさっきの車掌さんがタバコを吸いに外に出ていたので“気が変わったらどうしよう”と一瞬思ったものの一応お礼を言いに行くと、「次からはよく気をつけなさいよ~。Buon viaggio.」と笑顔で言ってくれました。よかった、お礼言いに行って。
ちなみにES、ICplusなど座席指定必須の電車はチケット1枚です。
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-12-31 02:26 | 2008年CESAREくんの旅 | Comments(6)
Commented by interoyoko at 2008-06-27 23:18 x
あぁ-さすがイタリア、これでこそイタリアって感じの車掌さん
お天気にも恵まれあっこさんはFortunataですね!
どきどき楽しい記事でまるでミラノ旅行している気分になっちゃいました
Commented by s_fiorenzo at 2008-06-28 00:21
>Ciao!陽子さん
浮かれっぷりが伝わってますか?
話のわかる車掌さんで本当に助かりました。
あ、話がわかるというよりも「これ以上わけのわからんイタリア語しゃべられても困る」と思われたのかも…。

Commented by isaogermany at 2008-07-01 04:37
のっけから大充実のイタリア旅行ですね。
からすみのボンゴレ美味そう!! 今度イタリア行く時は、FiorenzoさんやEmiliaさんにお勧め店を紹介してもらうっと。
Commented by s_fiorenzo at 2008-07-01 22:51
>Ciao!isaoさん
emiliaさんのお勧めはホントにお勧めだけど、私は基本的に"どこで何食べてもおいしい!"と思ってしまうタイプなのであんまり信用できないかも(笑)
充実というより「一人でも珍道中」はまだまだ続きますよ~
Commented by maccarello at 2008-07-02 15:59
イタリアの券売機、出てくるのおっそーーーいですよね。
中にイタリア人が入ってるんじゃないかと思うくらい。
私もいつも、お釣り出てこないんじゃないか、チケット出てこないんじゃないか
とどきどきしちゃいます。
だからって窓口でぼられた事もあるので(←ナポリ)窓口も信用できないし。
でもよかったですねー。チケット無しの罰金って相当高いらしいですもんね。
あーよかったよかった。
と、どきどきしながら読んじゃいました。
続きも楽しみにしてまーす。:)
Commented by s_fiorenzo at 2008-07-03 00:04
>Ciao!maccarelloさん
そっかぁ、中にイタリア人が入っているなら納得!
前にチケット無しで連行される人を見たことあるんで、罰金で済むなら…と一瞬覚悟したんですけど、ゆるぅい人でホントによかったです。
ぼちぼち書いていくんでまたお付き合いください。


<< BOLOGNA 1: Hote... MILANO1:Mini Ho... >>