フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの小書斎 ・ストゥディオーロ展

先月イタリア文化会館で行われていた展覧会。
美術に全く興味のなかった学生時代だったけど、教科書で見た覚えがあるこの横顔がFederico da Montefeltroさんと妻のBattista Sforzaさん。描いたのは有名なPiero Della Francescaさん。
d0043369_2242282.jpg

このフェデリーコさん、ウルビーノ公国を治める君主であり、高名な傭兵隊長でもある一方、熱心に芸術や文学を保護した文武両道の人物。そんな彼がGUBBIOのドゥカーレ宮殿に持っていた小書斎を、現代の職人たちが実物大で作った複製がこちら。(写真はイタリア文化会館HPより)
d0043369_22582023.jpg

小さな部屋の壁面が見事な寄木細工で出来ています。いくら「小」とはいえ、宮殿内の書斎ならもう少し大きくてもいいのに…と思わなくもないけど、庶民のワタクシにはこんな読書部屋欲しいねぇ…と思ってしまう程よい広さの居心地のいいすてきなお部屋でした。
細工の見事さもさることながら、本物が本来の場所にないなら(NYメトロポリタン美術館にあります)自分たちで作ってしまえ~という地元の人たちの心意気がすてきです。

ちなみにフェデリーコさんの跡継ぎ息子Guidobaldo da Montefeltroさんは、チェーザレくんの物語にも出てきます。彼も父上と同じく傭兵隊長だったようですが、ボルジアさんちには味方だったのに攻められたりと、踏んだり蹴ったりの目にあわせられます。
[PR]
by s_fiorenzo | 2008-05-06 23:31 | ITALIA | Comments(2)
Commented at 2008-05-07 06:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s_fiorenzo at 2008-05-08 13:31
>Ciao!鍵コメさん
ご親切なメッセージ、ありがとうございます。
その節(?)はよろしくお願いします。


<< VILLAGGIO ITALI... 豆ごはん >>