プーピ・アヴァーティ監督特集①:PUPI AVATI RASSEGNA 1

d0043369_21145321.jpg毎日楽しくしてる→ブログネタができる→なのに更新してる時間がない→ネタを忘れる→更新が鈍る…こんな感じの"らびたえ"です。DSにはまってるからではありません。
さて、ザ・ニュースペーパーについては書きたくても書けることがあまりに限られてるから書かないとして、最近観た映画のお話。
イタリアからプーピ・アヴァーティ:Pupi Avatiさんという映画監督が初来日、彼の作品4本を上映するプチ映画祭をやっております。うち2本では監督の舞台挨拶、作品解説を聞けて、握手もしていただきました♪


d0043369_2123721.jpgまず1本目は「IL CUORE ALTROVE:心は彼方に
1920年代のボローニャが舞台。ローマからボローニャの高校に赴任してきた恋愛下手というより35歳にしては世慣れていない、生きるのが下手な主人公NelloがAngelaとは名ばかりのムリめの女に恋をして、女性の父親にも、校長先生にも、観てるワタシにも"あれはやめとけよ~"といわれても好きになったらやめられないとまらない。

うまくいきかけた彼の純愛は結局報われないのだけど、恋に破れてローマに戻り家業を継いだ何年後かに訪れる偶然の再会。これは切なくて優しい、いいシーンでした。あんな目にあってもそれでも彼女が好きなのね…。

d0043369_22193485.jpg主人公を演じたNeri Marcorèが目鼻のおっきい典型的なローマ顔でex先生のNちゃんにそっくりでねぇ。そして、ヒロインのVanessa IncontradaはQuale Amoreでも観てました。かわいいです。

監督のAvatiさんは1938年ボローニャ生まれ。生まれてから30年ボローニャに住み、出会い、別れ、結婚、子供の誕生…etc.人生の重要な出来事の大半をそこで経験した思い出深い故郷だから、人間を描こうとするとボローニャを舞台にしたくなるそうです。
今68歳の監督がまだ子供の頃にお母さんから聞いた話、丘の上の修道院で目の不自由な女性たちが暮らしていて、時々町に住む男性たちが修道院を訪ねて女性たちとおしゃべりをしたりダンスを踊ったりする…という話から、どんな動機で男性たちは修道院を訪ねるんだろうと興味を持ち、そこからこのストーリーを形づくったということです。
そして合唱するとひとり馬鹿でかい声で歌ってしまい周りから浮いてしまうということで人とうまく関われない主人公の人物像を描き、でもそんな人でも誰かに恋をしたり、幸せになりたいと願い、人の幸せを願い、普通の人間の願望があり権利があるということが伝わってくる映画でした。
そして監督の右手は大きくてあたたかくて硬い手でした。



2003年、イタリア
REGIA:Pupi Avati
NELLO : Neri Marcorè
ANGELA : Vanessa Incontrada
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-07-11 22:26 | FILM | Comments(4)
Commented by s.isaia at 2007-07-12 03:50
fiorenzoさん、早速遊びに来ました。ボローニャの映画監督なんですね。観たい!35歳で世慣れしていない生きるのが下手な男・・・自分の生活を見直そうと思います(笑)。
Commented by s_fiorenzo at 2007-07-12 23:54
>Ciao!isaiaさん
十分人生を楽しんでいらっしゃるとお見受けいたしますが…
自分の紹介した本や映画に興味を持っていただけると素直にうれしいですね♪
この監督の作品をあと3本観たので、そのうちUPします。またお付き合いくださいませ。
Commented by interoyoko at 2007-07-13 00:05
Ciao Accoさん
Angelaの立場からもNelloの立場からも観てみたいですね~
まだみてないのに何故か胸がキュンとしてきました?
人とうまく関われない主人公、、、っか、、、
つい最近人とうまく関わるってどういうことなのかなぁ、、
と友達と話をしたばかりです

ブログネタ忘れないで更新して下さいね~
いつも楽しみにしてま-す
Commented by s_fiorenzo at 2007-07-13 22:18
>Ciao!陽子さん
Angelaの気持ちもよくわかるんですけど、ちょっとひどいやつです(笑)
Nelloは次にご紹介する映画でかなりひどいやつになります。
あ、Nelloじゃなくて俳優さんの役のことですけど。

私もお世話になっているブロガーのみなさんから、いつもいろんな刺激を受けています。
みなさん、いつもありがとー!


<< LA SECONDA NOTT... ザ・ニュースペーパーpart7... >>