IO CANTO / LAURA PAUSINI

d0043369_2314289.jpg最初、このアルバムが全曲カバーアルバムだということを知りませんでした。emiliaさんがオープニングナンバーの"Io Canto"を紹介しているのを見て、「あ、新譜出たんだ~。Cちゃんがイタリアに行くって言ってたから買い物頼んじゃおっと」とお願いして入手しました。こちらは同時に買ってきてもらったNEKみたいに収録時間が短くてがっかりとか、おまけにつけてくれたCHECCO ZALONEみたいに悲しい歌詞にがっかりってことはありません。


1曲目の"Io Canto"を「emiliaさんのおすすめ通り、さわやかなパワーが沸いてくるような曲だなぁ」と聴いて…
2曲目の"Due"…「あれ?この曲どっかで聴いたことがあるというか、よく聴いてたし。リテイクかな」…オリジナルのRAFのアルバムを持っていることを思い出したのはごく最近。

4曲目…「え?これって??」ここでやっと真剣にクレジットを読み始めました。「ありゃ、この曲、チロ・フェッラーラの曲じゃないんだ…」何年か前にUN SOGNO PER IL GASLINIという子供の病院のためのキャンペーンの一環で、この曲をJUVEの選手たちが"WE ARE THE WORLD"さながらにみんなで歌ったことがありまして、各選手がひじょ~にてんぱった様子で歌入れしている中、チロだけが全く臆することなく堂々と歌い上げていたもんだから、てっきり"チロがこのプロジェクトのために書き下ろしてチームの若い衆に歌わせた曲"だと勝手に思い込んでいたんですね:P

ちゃんとクレジットを読むと、カバーにありがちな懐かしめの曲を集めただけではなくEROS ROMAZZOTTIやTIZIANO FERROといった比較的最近のアーティストの曲も取り入れて、しかもTIZIANO本人まで参加させちゃってるところなんかはさすがトップアーティストの貫禄か。いずれにせよ、これだけの歌唱力で歌が歌えたら気持ちいいだろーな~

1. IO CANTO (Riccardo Cocciante)
2. DUE (Raf)
3. SCRIVII (Nino Buonocore)
4. IL MIO CANTO LIVERO con Juanes (Lucio Battisti)
5. DESTINAZIONE PARADISO (Gianluca Grignani)
6. STELLA GEMELLA (Eros Ramazzotti)
7. COME IL SOLE ALL'IMPROVVISO con Johnny Halliday (Zucchero)
8. CINQUE GIORNI (Michele Zarrillo)
9. LA MIA BANDA SUONA IL ROCK (Ivano Fossati)
10. SPACCACUORE (Samuele Bersani)
11. ANIMA FRAGILE (Vasco Rossi)
12. NON ME LO SO SPIEGARE con Tiziano Ferro (Tiziano Ferro)
13. NEI GIARDINI CHE NESSUNO SA (Renato Zero)
14. IN UNA STANZA QUASI ROSA (Biagio Antonacci)
15. QUANDO (Pino Daniele)
16. STRADA FACENDO (Claudio Baglioni)
[PR]
by s_fiorenzo | 2007-04-22 23:15 | MUSICA | Comments(4)
Commented by emilia2005 at 2007-04-23 03:21
ラウラの声のカバー・ヴァージョンのほうが
断然好き♪^^ 声の艶といい伸びといい気持ちがいいですよね!
最近ますます美しさに磨きがかかっているラウラ
恋なのか?
Commented by s_fiorenzo at 2007-04-24 23:02
>Ciao!emiliaさん
emiliaさんもそう思います?
以前よりも見た目も声もつやっぽくなってますよね!
やっぱ恋かぁ…
Commented by interoyoko at 2007-04-24 23:45
やっほ~Ciao Ciao あっこさん
私も手に入れたくなってしまいました!
それに私も同感よ、ラウラの声は気持ち良く美しい
やっぱり恋よね。。。。
Commented by s_fiorenzo at 2007-04-25 00:09
>Ciao!yokoさん
以前のラウラは聴いていても、何ていうか「優等生っぽいうまさ」ですぐ飽きていたんです。
このアルバムは結構お気に入りでよく聴いています♪


<< 久しぶりのデート 人気薄 >>