「ほっ」と。キャンペーン

出発当日(2016.9.27)

ものすごく楽しみにしていた旅行だけど、この時点では台風に向かって無理に飛ぶくらいならこの際キャンセルでも…くらいのヘタレモードでした。
朝5時、旅行代理店のカウンターでチケットを受け取りつつ「ホントに飛ぶんですか?」
すると、「午後の便は全便欠航になったんですけど、午前便は飛びます」
あ~揺れるんだろうなぁ…でも、いつぞやの台風の中、マイクロバスに羽つけたみたいな小型機で宮崎から長崎へ飛んだ時の恐怖に比べればましかなぁ…と不安を抱えたまま搭乗します。

晴れてはいるけどひどく霧がたち込めた朝の羽田、しばらく止まってるなと思ったら飛行機って渋滞するのね…。前に1機いて、後ろに7機つながってたw
d0043369_11292441.jpg


上がってしまうと東京上空は雲が多めだったけど、御前崎あたりばっちり見える快適なフライト。
d0043369_11301513.jpg

d0043369_11302698.jpg


が、快適なのはここまでで、風が強かったのか予定より30分近く早く台北上空に到達し、これから着陸態勢に入るというアナウンスが入り、ここからが試練の始まり…
空港のそばの川も見えた、どこかはわからないけど台湾に来たんだなと思わせる街並みも見えた、揺れる、揺れる、すとんと落ちる、また揺れる、うぅぅ酔いそう…あれ?上昇してる?旋回してる??
うわぁ、降りれなかったんだ…どーすんだ?
あ、また下降し始めた…あー揺れる、揺れる、きもちわるい、機内食がっつり食べなくてよかった、あちこちで紙袋をガサガサしてる音がする、いやな臭いもする、見たらダメだ見たらダメだ、もらいリバースしてしまう、そうだ目を閉じよう、あわよくば眠れるかもしれない、あーGがかかる、きもちわるい、早く地上に立ちたい、この気持ち、そう「ゼロ・グラビティ」のラストだ…あれ?Gのかかり方が変わった?
うわぁ、また降りれなかったんだ…orz
その後、この流れをもう1度繰り返し、今度は上昇時間が長いな…と思ってるうちに機長からのアナウンスが。ん?いま香港って言った?ほんこ~ん??

というわけで、どピーカンに晴れた香港国際空港に無事着陸いたしました…。
どうにか地上にはいるけれど、機内待機2時間(おなかすいたよ)、ロビーでホテルへの護送バスを待つこと1時間(はらへった)、運ばれること30分、や~っととりあえずの待機場所のホテルへ連れて行ってもらえました(つかれた)。
d0043369_11402027.jpg

何か食べさせときゃ文句ないでしょと言わんばかりにまずホテル内のビュッフェレストランへ案内され、次いで「22時にホテルを出発して空港に向かう予定だからあまり遠くへは行くな」とのお達しを受け、グループごとに用意された部屋に入る…。

ひと息ついて、ホテルのアーケードに繰り出してみたものの、両替もしていないし、そもそも香港へ来るつもりもなかったから香港ドルがいくらなのかもわからないし、自分たちのいる場所が香港のどの辺りでどんなとこなのかもわからない。一通りアーケードを冷やかして外に出た途端、35℃の暑さと湿気に辟易としてすぐに部屋に逆戻り、昼寝をしたり、旅行の直前に観に行って劇的勝利を収めた川崎vs横浜Mの録画放送に喜びをかみしめたり…。

22時にホテル出発とすると、飛行機の出発は夜中の1時くらいで、そうすると台北に着くのは2時とか3時…そんな時間に飛ばして着いてからどーすんの?といぶかしく思いつつ先刻のレストランで夕食を取り、部屋で出発の用意をしていると、いつの間にかドアの下から差し込まれたらしき紙が床に…。時刻はもうすぐ21時半、メモには「3時半にロビー集合に変更」…やっぱりなorz。

結局シャワーを浴び仮眠をとって、寝ぼけ眼のまま空港へ運ばれ、夜明けの香港を飛び立つ。
d0043369_11461097.jpg

d0043369_11462381.jpg

d0043369_11463882.jpg

d0043369_11452651.jpg

昨日の朝も見たような気がする景色を見ながら台北の地に降り立ったのは朝8時。
羽田を出てから25時間、おかしいな台湾まで3時間ちょいで着くって聞いてたのにな~
[PR]
by s_fiorenzo | 2016-10-25 13:05 | 2016年TAIPEIの旅 | Comments(0)


<< 旅行2日目にして台北初日① (... 2016 TAIPEIの旅:出発前夜 >>