MONZA(2008.6.19)

前日の夕方、ハイテンションな旅行中にまさかのテンションダウンに一瞬見舞われたが、気を取り直して最後の日はまずMONZA:モンツァへ。サーキットで有名なあの街ですよ。

Milano Centraleから、もしくは緑線で2駅のMilano Porta Garibaldiから20分弱と近い。この時はGaribaldiから行ったのだが、それまで何回か使った印象で自分の中のGaribaldi駅はくっら~いというか怪しいというか胡散臭いというか正直なところ良いイメージはなかった。が…
d0043369_092384.jpg
私の知ってる駅と違う…!あまりに明るくてきれいすぎて迷ってしまい、うっかりエスカレーターでオフィスエリアに入り込んでしまって、職員の方に つまみ出された 助けてもらったくらい。

ホントにあっという間にMONZA駅に到着。駅前にはヘンな建物が…。
d0043369_0114100.jpg
d0043369_0111453.jpg
d0043369_0112459.jpg


Centroへ向かって歩いていくとChiesa di Santa Maria in Stradaの鐘楼が見えてきた。
d0043369_0122199.jpg
13世紀半ばに造られた教会で、テラコッタ製のファサードが重厚でありシックでありちょっと素敵。説明書きの中で間口は狭そうに見せてるけど、施設は広いんですよとアピールしている。
d0043369_018543.jpg
d0043369_019105.jpg
d0043369_0191830.jpg


メルカートを冷やかしつつ
d0043369_0195320.jpg

街の(こんな狭い道だけど)目抜き通りを歩いていくと、
d0043369_020156.jpg

遠くに見えてくるのはARENGARIO:アレンガーリョ。
13世紀の市場兼役場的な役割の建物で、現在は展覧会やイベントに使用されている。
d0043369_0203835.jpg


修復中のMonumento ai caduti di Monza:戦没者記念碑
d0043369_021094.jpg


そしてDuomoと鐘楼。
d0043369_0221396.jpg
ものすごく立派だけど、角度を変えると前だけ特に立派。
d0043369_025941.jpg
d0043369_0255140.jpg
d0043369_0483538.jpg
Duomoは13~14世紀に建てられたものだが、鐘楼は後付け(17世紀)だから趣が違っている。

Chiesa di San Pietro Martire、何回か改修を繰り返しているが元は13世紀の教会。教会前の広場にはMose` Bianchi:モーゼ・ビアンキ(19世紀後半~20世紀にかけて活躍したMonza出身の画家)の像がある。
d0043369_0264155.jpg
d0043369_0265082.jpg


MONZAといえばサーキット。街の北に広がる大きな公園の北側にあるのだが、少し遠そう。とりあえず公園内の比較的南にあるLa Villa Realeまでは行ってみようと歩き出す。
Villaは今は公開されているが、この当時は工事車両がたくさん来ていて閉まっていたので、おそらく改修中だったと思われる。Realeがどの王様かというとオーストリアはハプスブルグ家のマリアテレジアで、息子フェルディナンド公のために夏の別荘(1780年完成)として建てたそうだ。
d0043369_0295090.jpg


併設のバラ園は門が開いていたので入ってみた。
d0043369_03056.jpg


私が来た5日前にはこの別荘で大好きなMAX PEZZALI(ex.883)がライヴをやっていたのね~。
d0043369_0302937.jpg


暑い日差しの中、閉まってるサーキットを見るためだけに延々歩いて行ってもしょうがないし街に戻ることにして、「MILANOに近いし(BIGで6億当たったら)MONZAに住むのも悪くないなぁ…」と好みのおうちを物色しながら歩いてきた。
d0043369_039173.jpg


途中見かけた看板あれこれ。
テラスに謎のオブジェが置かれた照明器具の会社。
d0043369_0432030.jpg

託児所と仕立て&お直しの工房
d0043369_044852.jpg

一番気に入ったおうち、街の中心に近くて、装飾がとにかくきれい。ちょうど修復工事中で、一般の建物だと工事が丸見えだから楽しくてずっと見ていたくなる。
d0043369_0451685.jpg
d0043369_0452691.jpg
d0043369_0453692.jpg


Chiesa di Santa Maria degli Angeli 17世紀初めに建てられ、19世紀に再建された比較的新しい教会とsan Carlo Borromeo像
d0043369_0545863.jpg
d0043369_055102.jpg


Oratorio di Santa Marta
d0043369_0553832.jpg


その隣のRistorante Pizzeria Prater (Piazza San Paolo)でお昼にする。
d0043369_059236.jpg
Pizzeriaというからにはpizzaを食べなくちゃ…とも思ったが、伊国で食べるpizzaはとにかくでかい。満腹中枢に気づかれないように一心不乱に食べ続けても半分も食べると苦しくなり、3/4までいくとめまいがしてくることを考えると違うものにしようと思えてくる。
メニューを見てみると一押しと思われるpizzaが続いたあと、focacciaコーナーがあったので、てっきりこういうフォカッチャに
d0043369_11433.jpg
具が挟んであるんだろうと思ってbresaola e formaggioをオーダーした。
そして運ばれてきたのは牛肉生ハムとチーズを挟んだフォカッチャではなく…
d0043369_122216.jpg
サイズ的には“とにかくでかいピッツァ”大で、よりボリューム感のある生地にたっぷりブレザオーラとパルミジャーノが乗ったフォカッチャを、一心不乱に完食してきましたよ。満腹すぎてめまいどころか頭痛までしてきたけど、ものすご~くおいしかったんだも~ん。

街の東側には小さな川が流れているようなので、腹ごなしを兼ねて遠回りして駅へと向かうことにした。
両サイドにライオンが鎮座する橋のたもとには古代ローマ時代の“何か”があり、プラスチックの板越しに見えるようになっているはずなのだが、残念ながら覆っているプラスチック板が汚れすぎていて何か石でできたものがあることしかわからなかった。
d0043369_142579.jpg
d0043369_144121.jpg


こんな感じののどかな散歩道にも
d0043369_145877.jpg
やっぱり「コインちょーだい」おじさんはいるし、お約束の鍵もある。
d0043369_154877.jpg


13:47の電車でMilano Porta Garibardiへ戻ったところで、この日の第1目的は終了~。
d0043369_162944.jpg

[PR]
by s_fiorenzo | 2011-12-31 02:41 | 2008年CESAREくんの旅 | Comments(2)
Commented by coiano at 2011-09-07 04:47 x
2008年CESAREくんの旅、を全部見て&読んでからと思ってたんですが(なにせ途中参加なもんで)そんなことをいっていたら一生コメントできないですよね。(1,4,5,6ページは見た&読んだ)
ぼくとは違った角度からのアプローチなのでとても新鮮です。そう思わせるのも、あなたが『自分の足で行って&自分の目で見た』ことだからですよね。

Brava !!!
Commented by s_fiorenzo at 2011-09-08 00:12
>Ciao!coianoくん
ご愛読ありがとう~!そしてコメントも入れてくれてうれしいよ♪
いつ全部書き終わるか自分でもわからないけど、残り1日分だから多分完成すると思う(笑)
coianoくんのイタラブぐあいについてもぜひ聞きたいなぁ!

それにしても、ずいぶん褒め上手になったんじゃない?
さすがイタリア人。Bravo!


<< VIGEVANO(2008.6... CIELO BLU(2008.... >>