MILANO 9:DE ANGELI(2008.6.18)

3年前の6月18日の話、大した内容じゃないのに引っ張ったあげくの最終回。
d0043369_014533.jpg

赤線に乗って懐かしい懐かしいDe Angeli:デ・アンジェリへ。まずは馴染みのBAR METROへ3年ぶりのご挨拶に立ち寄ってcaffe`をすする。無口だけど決して無愛想ではないレジのおじさんも、インテリスタのバリスタMARIANOも変わらずにちゃんと居て、ちゃんと覚えていてくれた。
d0043369_0152920.jpg
2001年に毎日通って、というより店の前にある地下鉄の入り口を毎日使うから、caffe`飲みたくなくても目が合って「Ciao!」と叫ばれるから必然的に行き帰りに立ち寄るようになって、いろいろ親切にしてもらったBAR。
駅周辺の店も何軒か変わってしまっていたが、ここは前回寄った時にテーブルが変わったこと以外は何も変わっていなかった。「いつも同じ、俺たちも店も何も変わらない」とMARIANOはつまらなさそうに言ったけど、当時の友達もみな日本に帰ってきた今、思い出深い場所に思い出を作った時と同じ人たちがいてくれることはとてもうれしいことだし、大切なことだ。
Nonnaはお世話になった翌夏に亡くなり、いつかmammaもDe Angeliを去る日がくるだろうけど、このバールはミラノに戻った時には必ず寄るからずっと残っていて欲しいと願っている。…とここまでこれを書いて久しぶりに店のURLを開けようとしたらエラーが出たもんだから焦ってぐぐったら、2011年3月に行った方がいらっしゃった。よかった~

「じゃ、また2~3年したら来るね~」とBAR METROに別れを告げ、ねこが集会をする通りを抜け、
d0043369_0195236.jpg

わんこの落し物を踏まないようにVia FRUAを歩き、
d0043369_0202230.jpg

2001年にはまさかの通せんぼをくらった私道を抜け、
d0043369_0205171.jpg

法改正のあおりで駐車場と化した通りを進むと、
d0043369_0212213.jpg

懐かしいおうちに到着~!
d0043369_0213685.jpg

腰の手術をしたというmammaは「あと1か月の我慢よ」と松葉杖をついている他は元気そうで、フローズンマチェドニアを作って待っていてくれた。
d0043369_0262293.jpg

マルセイユに嫁いだ一人娘のところにもう一人孫が生まれたこと、杖がいらなくなったら山の別荘(リグーリアに別宅を持っている)に行くこと、猫を飼う計画があることetc.いろいろ話を聞き、日本では小麦のほとんどを輸入に依存していて、市場価格高騰の影響でパスタやパンが値上がりしてねぇなんて話をしたら、箱パッケージ入りのBarillaのスパゲッティを開けて「少し持って帰りなさい」とジップロックに小分けして持たせてくれた。少しと言いながらずっしり500gは入ってたよ。どこの国でも“実家のおかーさん”ってやることが一緒だねと思いながら、ありがたくもらってきた。

Mammaのおうちをお暇して、De Angeliにも出来たLiDL(Viale Ergisto Bezzi, 69 20146 Milano)へお土産を買い出しに行く。食べ物から日用品まで何でもが~っと並べて売ってる風景を日本でもどこかで見てるなと思ったら、そうだ、○Kだ!
d0043369_030138.jpg

HAPPY HIPPOと乾燥ポルチーニ、お菓子などお土産に使えそうな品々を大量に買い込み、帰りはトラムで街を見ながら帰ろうと駅前に戻ってきた。ぼんやりトラムを待っていると「また明日ね~!」と日本語で叫ぶ子供の声が聞こえたので、振り向くと通りの向こうでランドセルを背負った子供を連れた親子連れが二組。
De Angeliは2駅先に日本人学校があり、かつ治安のいい地域であることから、日本人駐在員が多く住んでいるエリアでもある。きっと彼らもそんな家族なのだろう。とても短い間だったけどこの街にいた時には「また明日ね」とか「A domani」とか言って毎日が続いていたのに、今ここにいるのは旅行という特別な数日の中のひと時で、見慣れた景色だったのにそれを次に見る機会があったとしても何年か先のことかと思うとたまらなく寂しい気持ちになってきた。
この旅行もまるごとフリーなのは残すところあと1日…。
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-12-31 02:40 | 2008年CESAREくんの旅 | Comments(2)
Commented by maccarello at 2011-09-04 08:25
こんにちはー。
コメントし損ねてましたけど、ミラノ旅行記ずっと読んでましたよん。
帰れるお家があるのっていいですね。
私は最初にステイしていた家のマンマはなんとアメリカ人、
イタ人ダンナとは別居中、本人も家にほとんどいないし、
家の中汚ないし臭いし、台所はポテチとケチャップが散乱してるし・・・
って感じで、その後一度も顔出してません。。。
その代わり帰れる飲み屋だけは結構ありますが。。。^^;

Commented by s_fiorenzo at 2011-09-04 17:18
>Ciao!さばぇちゃん
ステイ先に関しては、同じ学校の子の話と比較しても「大当たり」だったみたいです。
逆に出されるごはんがおいしくてほとんど外食しなかったから、店の開拓ができなかったのがちょっと残念 ;P


<< CIELO BLU(2008.... MILANO 8:CAFFE`... >>