MILANO 8:CAFFE` PANZERA(2008.6.18)

d0043369_23263721.jpg
Centrale:中央駅正面に広がるPiazza D'AostaにあるCaffe` PANZERA、広場の角にあり外に面したショーウィンドーに果物を模したシチリアのお菓子Frutta Martoranaがいっぱい飾ってあるBARでありCAFFE`でありRISTORANTEリストランテでもあるお店で、中央駅付近に行ったことがあれば見かけている人も多いはずです。
d0043369_23271945.jpg

ここは泊まっていたホテルの3軒隣で、初日の夕食調達以来お世話になってます。駅前ということもあり駅を利用する大量の一見さんで1日中賑わっている店なのに、2日目の朝つまり2度目の来店時には「昨日も来たよね?」と一人客の心をがっちり掴むバリスタさんのプロの接客に、今日から駅そばでのcaffe`補充はここにしますと心に決めたのでした。

駅前だとか観光地だとかにありがちな、いわゆる値段はかわいくないのに***的なお店ではなく、80年の歴史を持ついろんな意味でちゃんとしたお店です。なのでミラノに戻ったらカフェすするばかりでなく食事に行こうと思い、それもせっかくだから一番ベタなものを頼もう!とオーダーしたのはIL RISOTTO ALLA MILANESE:ミラノ風リゾット。それに有無を言わさずパンがついてくるから、これでもかの炭水化物まつりとなったけれど、リゾットとパン2個をしっかり食べてきましたよ。
d0043369_23345066.jpg
d0043369_2335546.jpg


テラス席で隣のテーブルの老夫婦とちょこっとしゃべったりしながらリゾットを食べていると、すぐ近くで “ガッチャ~~ン!!!” と金属がぶつかり合うものすごい音が。周りの人たちもざわついてあたりを見回していると、続いて荒々しいハイヒールの足音と甲高い女性の声が響き渡った。
「Ba~sta!! Questa storia basta!!!!」
泣きながら携帯電話に喚き立てている女性の声の中からそれだけは聞き取れました。すっごい勢いでまくし立てながら、アイメークが流れるのも気にも留めず、足音を響かせて歩き去っていく女性の姿はまるで映画かドラマのよう。伊人さんの痴話喧嘩が激しいとは聞いていたけど、映画などで見る姿は決して誇張じゃなかった。「映画みたい…」と鳩豆顔の私に隣席の老夫人は「普通よ」と余裕の微笑みを返してくれるし。
ホテルに戻る時に見てみると、カッフェの隣に鉄門のあるアパートがあって、どうも彼女は電話にブチ切れながら建物から出てきて、力任せに門を閉めたって感じ。いや、 いいもん 凄いもん見せてもらいました(笑)


CAFFE` PANZERA
P.ZZA DUCA D'AOSTA 10,MILANO
026692647
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-12-31 02:40 | 2008年CESAREくんの旅 | Comments(2)
Commented by coiano at 2011-08-25 04:10 x
Il risotto alla Milanese おいしそー。Buon appetito ! って感じですね。地元の人たちが来ている、ってことは、いいお店ってことですよね。
ミラノでの素敵な時間。うらやましい。
Commented by s_fiorenzo at 2011-08-25 10:07
>Benvenuto!coiano(この表記いいね)さん
コメントありがとう♪
地元:旅行者が半々くらいで1日中賑わってました。
こうやって書いていると「イタリア充」したくなってきます。
それにしてもこのコメントのポスト時間は早起き?夜更かし?


<< MILANO 9:DE ANG... MILANO 7:CAST.S... >>