NOI CREDEVAMO/われわれは信じていた

d0043369_002410.jpg
悠久の歴史を誇る長靴国、だが小さな都市国家がそれぞれ覇権を競う半島と二つの島が「統一」されたのは1861年、たった150年前のこと。統一といってもその段階では教皇の支配下のローマ、オーストリア支配下のヴェネツィア等の北東部までが含まれる本当の統一はそれから約10年を要する。

イタリアの街を歩いていると通りや広場の名前にやたらガリバルディ、カヴール、リソルジメントという言葉が使われているのに気がつくだろう。それらは19世紀初頭から約半世紀にわたって展開されたイタリア統一運動(リソルジメント)そのものの名前であり、中心となった人物たちの名前である。

d0043369_011180.jpg
一言に統一といっても王を中心とした国を作ろうとする者たち、民主主義を基本とした共和国を目指す者たちなど主張は一つではなかった。その中で後にイタリア王国初代首相となるカミッロ・カヴール、赤シャツ隊を率いて両シチリア王国をイタリア統一に導いたジュゼッペ・ガリバルディと並び「イタリア統一の三傑」と言われるジュゼッペ・マッツィーニが率いた政治結社「青年イタリア」に参加したシチリア出身の3人の青年を主人公に4つのエピソードを通してその地道な歩みが描かれていく。
d0043369_012549.jpg


d0043369_015119.jpg170分の壮大な歴史物語、とにかく重く、難解な映画だった。
主人公たちは架空の人物だが、一連の物語は基本的に史実に基づいており、運動のパトロンとなる公爵夫人クリスティーナ(Domo MezzanotteのFrancescaちゃん!)ら実在の人物も登場する。
統一運動があったことは何となく知っていても、地名に名前の残っているような有名人の名前しか知らないし、物語の時間的な進行とともに俳優さん変わってるし!寝ようと思えばいくらでも眠れそうな映画なのだが、必死でくらいついて頭とおしりがものすごく疲れたのでした。
ただ日本の歴史でも江戸から明治への転換期がおもしろいように、近代イタリア史もきちんと向き合ってみるときっと面白いのだと思う。


Domenico(da giovane):Edoardo Natoli
Domenico:Luigi Lo Cascio
Angelo(da giovane):Andrea Bosca
Angelo:Valerio Binasco
Salvatore:Luigi Pisani
Saverio:Michele Riondino
Francesco Crispi:Luca Zingaretti
Giuseppe Mazzini:Toni servillo
Cristina di Belgiojoso(da giovane):Francesca Inaudi
Cristina di Belgiojoso:Anna Bonaiuto

Regia:Mario Martone
2010,Italia,Francia
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-05-27 00:06 | FILM | Comments(0)


<< OSPEDALE ある親子の肖像 >>