I BACI MAI DATI/キスを叶えて

d0043369_182264.jpg

カターニャ近郊の街リブリーノでのおはなし。
主人公のManuela(Carla Marchese)は13歳、怪しげな盛り髪と占いで繁盛するヘアサロンで下働きをする女の子。
家ではクリーニング店の仕事と家事に追われる母Rita(Donatella Finocchiaro)、失業中の父Giulio(Beppe Fiorello)、母親の財布から金をくすねては遊びまくる姉の喧騒から耳を閉ざすかのようにヘッドフォンがお友達。
d0043369_0181923.jpg


街の広場に聖母像が作られるが少年たちが頭部を壊してしまい、倉庫に隠す。聖母像の夢を見たというManuelaの話に半信半疑の神父たちだったが探してみると、Manuelaの話どおりに頭部が発見され、一躍Manuelaは「奇跡」の少女として有名になる。
母親は娘を利用して金儲けと不倫に走り、周りの大人たちも手のひらを返したようにManuelaを持ち上げては身勝手な願い事ばかり持ち込んでくる。
d0043369_0184717.jpg

大人たちの騒動を冷めた目で見ながら、母親に無理やり連れてこられた盲目の少女との出会いがあり、望まない生活に嫌気がさしたManuelaは家出を決意する。そして…

原題「I BACI MAI DATI」を直訳すると「与えられないキス」、母親に愛されたいのに応えてもらえないどころか金づるにされてしまう娘。彼女だけでなく、父も母も姉も、Manuelaにすがろうとする人々もみんな誰かに自分の心に寄り添って欲しいのに応えてもらえないことにそれぞれの形で苛立ち傷ついている。

「FINE」とともに映画の作り手から「さて、この人たち、これからどうなるでしょう?」というボールがどーんと投げつけられてエンドロールが流れるのがイタリア映画の大きな特徴だと常々思っているが、自分の愚かな過ちに気づいた母は娘と和解したけれど、出て行った夫や、それまでより複雑な関係になってしまった長女とはいたいどうなってしまうんでしょう…

I BACI MAI DATI
Manuela:Carla Marchese
Rita(母):Donatella Finocchiaro
Giulio(父):Beppe Fiorello
Don Livio:Pino Micol
Viola:Piera Degli Esposti

Regia:Roberta Torre
2010, Italia
[PR]
by s_fiorenzo | 2011-05-11 18:13 | FILM | Comments(0)


<< FESTIVAL DEL CI... 母の日ラムくん >>