ボルゲーゼ美術館展

d0043369_175025100.jpg
ローマに行ったら必ず遊びに寄らせてもらうボルゲーゼさんちが東京に来てるっていうんで久しぶりに会いに行く。
今回のおみやげの目玉はカラヴァッジョの最晩年期の作品『洗礼者ヨハネ』とラッファエッロの『一角獣を抱く貴婦人』。
『一角獣…』は『モナリザ』の影響を受け…という説があるが、この絵からまず思い浮かべたのは同じくダヴィンチの作品『白てんを抱く貴婦人』の方。足して2で割ったといったらだめ?
d0043369_18204833.jpg

ボルゲーゼさんちの数あるお部屋の中で “きれいなおねーちゃんの間” と勝手に呼んでいる、文字通り女性の絵ばかりが飾られている部屋にある『レダ』&『ルクレティア』(ギルランダイオ)も来ていて、期待以上の展示でした。

が、順路を3分の1ほど進んだあたりで突然館内停電!すぐに非常灯がついたけど一瞬本当にまっくら。ただ、次の予定があったので仕方なく非常灯の薄明かりの中で鑑賞しながらゆっくり進む。
今までいろんな展覧会に足を運んだ中でも初めての出来事でした。そんなおもしろ体験をさせてくれた東京都美術館はこの展示が終わったら2年間休業して大改修するそうです。
d0043369_184345100.jpg


accoinzaghiをフォローしましょう
[PR]
by s_fiorenzo | 2010-04-02 18:45 | ITALIA | Comments(2)
Commented by イタリアかぶれ at 2010-04-02 22:28 x
>突然館内停電!

ルパンが名画を盗りに来たのかと思いました^^;

4日までなんですね。
残念ながら行けそうにないので、イタリア映画祭に賭ける!!
Commented by s_fiorenzo at 2010-04-02 23:05
>Ciao!イタかぶさん
そっか!ルパンの仕業だったんだ~
どれを持って行ったんだろ?

今年の映画祭は一見地味だけど、面白そうな作品が多いですね。
ゲストは誰が来るんでしょうね~
私は生キム・ロッシ・スチュアートを期待してるんですけど…


<< 大分の赤いオレンジ 満開! >>