心の支え

イタリア語の動詞は主語に応じて6段階に活用します。
さらに現在・過去・未来にといった時間的な概念に加えて条件法だの接続法だのというパターンがあり、それぞれがまた主語に応じて活用するわけです。

その中でも特に "日本語脳" にとって馴染まないのが「接続法:congiuntivo」という概念で、多くのイタ語学習者にとってのひとつの鬼門といえなくもありません。接続法に四苦八苦する生徒たちに先生は「イタリア人でも間違えて使ってる人はいっぱいいるから。でもこれを使えるとかっこいいから」と励まして下さいます。
それでもぶーたれる生徒たちにLUCAちゃんがこんなの見せてくれました。



しゃべってることは半分もわかんないけど、伊人も苦手だってことはよくわかる004.gif
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-12-10 01:16 | ITALIA | Comments(4)
Commented by maccarello at 2009-12-11 23:11
うわー、これ、支えられるわぁ~TT
私も未だにcongiuntivo苦手ですよ。。
特にCondizionaleと絡んで時制が云々ってなると、もうお手上げ。。
一時期congiuntivo強調月間とか言って積極的に使っては友達に
直してもらってたんですが、直してくれるはずの友達、みんな言う正解
がバラバラで、結局あまり勉強にならず。。。ーー;
結局最後には、アナウンサーでも間違うから大丈夫よ♪ と言われておしまいでしたが、それって本当だったんだー とこの動画みて思った。^^

Commented by s_fiorenzo at 2009-12-11 23:59
>Hola(笑)!さばぇちゃん
でっしょ~?一緒に支えられましょ♪
私も全く同じポイントで頭の中がぐちゃぐちゃになります。
紙に書くとわかるような気がしても、それじゃ口から出てこないんですよね~
Commented by がっちゃん at 2009-12-13 15:31 x
ひやーーーーーーーーーーーほんと、さばぇさんと同じ感想だわ。
支えられます。イタリア人に、イタリア人も間違っている人が多いとは聞いていましたが、ここまでひどいとは・・・
まぁもちろん、その部分だけを撮って編集してるからでしょうけれど、みんな口々に、ボクは理系だから、とか、文法は得意じゃないのよ。とか言い訳をするのも面白い。
電子辞書を2年ぐらい前に買いなおしたのは、新しいバージョンは動詞の活用が載ってるからなんですけれど、調べたところで、喋れるかどうかは別の問題ってかんじですね。
Commented by s_fiorenzo at 2009-12-13 22:02
>Ciao!がっちゃん
いたいた、ここにも支えられる人(笑)
みんな言い訳は面白いけど、知らないことに変わりはないでしょ!と突っ込みたくなります。



<< パネットーネ1号 NATALE@二子玉川① >>