PATATE E PEPERONI

書斎オーディオルームに加えてこっそり台所を増築してます。
子供の頃から本棚に参考書を並べただけで賢い子になった気がしてた性分の名残か、作りもしないのに料理本を買っては眺めて料理上手になったような気がしてるわけですが、一応たまには作ったりもするし、あとは雑誌やチラシに載っているような散乱しがちなレシピの整理も兼ねて並べてます。
実際に作ってみたものは元のレシピとの相違点やメモを残すようにしてみました。ホントは『レシピをスキャンしたら料理が出てくるレンジ』なんかあったらうれしいんだけど。

d0043369_23311752.jpgこないだ作ったのはこれ。
PATATE E PEPERONI:じゃがいもとパプリカという何のひねりもない名前のカラブリア地方の家庭料理だそうです。じゃがいもとパプリカを多めのオイルとパプリカの水分で蒸し炒めにしたもので、唐辛子がばっちり効いているのに野菜の甘みといい感じにからまって、ついつい後を引くキケンな食べ物です。
一応“つけあわせ”扱いのメニューですが、じゅうぶんメインをはれるボリュームもあるし、お酒を飲む人もぜったい好きな味だと思う。
作り方はこちらから、小ぶりの男爵5個、オイル大さじ3~4、塩ひとつまみに変更してます。温泉卵や半熟目玉焼きを乗っけてもおいしいかもね♪
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-10-17 23:41 | CUCINARE | Comments(2)
Commented by イタリアかぶれ at 2009-10-18 09:21 x
おはようございます!!
こんな素敵なお部屋があったのですね(書斎、オーディオルーム、台所)
困ったときにお邪魔しま~す・・・って駆け込み寺か!?(笑)
Commented by s_fiorenzo at 2009-10-18 17:08
>Ciao!イタかぶさん
要は忘れっぽい自分のための備忘録なんですけどね(笑)

最近勝てないですね…ぐっすん。


<< 瀬田玉川神社例大祭2009 白くま と ぱんだ >>