THE ITALIAN JOB:ミニミニ大作戦

d0043369_16291144.jpg先日イタかぶさんがすすめてくれたことだし、Kさんは “ミニミニ大作戦敢行中” だし、これはタイミングだねということで観ました、“ミニミニ大作戦:THE ITALIAN JOB”の元ネタの方 。伊題はUN COLPO ALL'ITALIANA、リメイク版は伊国でもTHE ITALIAN JOBのまま。

ユニオンジャックカラーの青・赤・白の3台のミニが大活躍するどろぼーさんのお話ということ以外ストーリーは全然違うので以下ネタばれ。
アルプスをバックにランボルギーニを飛ばすBeckerman(Rossano Brazzi)だが、ドライブ中にマフィアAltabani(Raf Vallone)によって葬儀が敢行される。彼が消されたのはTORINOで計画中のある仕事がAltabaniの怒りを買ったから。「イギリス人がイタリアで仕事をしようなんざぁ許さねぇ」
Beckermanの計画は出所したばかりのCharlie Croker(Michael Caine)に引き継がれる。ムショ内の大親分にして女王陛下を敬愛するMr. Bridger(Noel Coward)の協力を得て、計画を実行へ。当然かぎつけたAltabaniが立ちはだかるが「イギリスにいる25万人のイタリア人にMr.Bridgerがどう出るかな…」と引き下がらせる。
彼らの仕事とはイタリアを代表する企業FIATが中国に工場を建設するための前金400万ドル分の金塊が北京から届く。それをイギリスvsイタリアのサッカーの試合を応援するファンのふりしてイタリアへ入国し、イギリスの名車MINI、それも赤、青・白のユニオンジャックカラーにペイントしたMINIを使って強奪するというもの。交通システムを混乱させて街に大渋滞を引き起こし、その隙に強奪&脱出は成功するのか…

軽快なストーリーのベースにあるのが「イギリス対イタリア」の構図。イギリスギャングvsイタリアマフィア、FIATから金を奪うMINI、逃げるMINIvs追うALFAROMEO、そして使うのは500ではなくてMINI。
トリノ市内のいたる所を走り回るMINI、40年前の風景のはずなのに見覚えのあるあの広場、あの道、ポルティコの下、リンゴット、ポー川から下水道まで大活躍のMINIたちが超かわいい。CGのない時代のアイデアとそれを実現させる技がすばらしいです。
そして60年代のロンドン、マイケル・ケインはジャケ写の100倍おしゃれでかっこいい。これで終わり?のエンディングもシリーズを作りたかったんだなぁと許せる秀作です。
DVD特典映像のMINIとALFAのダンスもおすすめ。


Charlie Croker:Michael Caine
Mr. Bridger:Noel Coward
Professor Simon Peach:Benny Hill
Altabani:Raf Vallone
Freddie:Tony Beckley
Beckerman:Rossano Brazzi
Lorna:Maggie Blye

Director:Peter Collinson
Music:Quincy Jones
1969,England
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-09-23 16:47 | FILM | Comments(8)
Commented by イタリアかぶれ at 2009-09-23 21:41 x
観てくれたんですね!!
うれしいィ~!!!

マイケル・ケインのファッションは未だにボクのお手本です。
Commented by s_fiorenzo at 2009-09-23 21:46
>Ciao!イタかぶさん
観ました~
いいものを教えてくれてありがとうございます♪
こちらのバージョンの方がおもしろかったです。
“サー”・マイケル・ケインはかっこよく歳を重ねていますよね。
Commented by donny at 2009-09-23 23:38 x
オリジナルの存在を知らずにリメイクを見ました。
おしゃれな映画で楽しんだ覚えがあります。
Commented by s_fiorenzo at 2009-09-23 23:56
>Ciao!Donnyちゃん
こっちも相当おしゃれさんよ♪
ちょうどDonnyちゃんに聞きたかったの!
ムショのシーンを「アイルランドの今は博物館になってる元刑務所」で撮ってるそうなんだけど、それってどこかわかる?
Commented by emilia2005 at 2009-09-24 00:12
Michael Caineは、私のオジサマ嗜好のツボを刺激してくれる
渋さ&かっこよさ&頭のよさ?を兼ね備えていて、なおかつ
素敵に歳を重ねている役者さんですよね。
シリアスな作品からオースティン・パワーのようなおバカ映画まで
守備範囲も広い、というのが素敵(^^)
Commented by s_fiorenzo at 2009-09-24 00:46
>Ciao!emiliaさん
チャーリー役の軽さからは想像できない(笑)いい歳のとり方をしてますよね。
やっぱりemiliaさんのツボにはまる人物だったわ~と納得。
私も多彩なジャンルの作品でその人らしさを発揮できる俳優さんが魅力的だと思います。
Commented by Donny at 2009-09-25 04:09 x
それはダブリンにあるキルメイナム(kilmainham)って言う刑務所だと思う。確か長女が学校の遠足で去年あたり訪れたような。。。。
Commented by s_fiorenzo at 2009-09-25 19:33
>Ciao!Donnyちゃん
ありがとー!ビンゴでした。
いろいろな映画やU2のPVの舞台にもなってる有名な場所だったのね。
遠足で行くんだ~。うちら中学の遠足ってサマーランド、鎌倉、成田山だったよ。


<< THE JAPANESE JO... ロールケーキ >>