Combien tu m'aimes?:ダニエラという女

d0043369_22594378.jpg“ひとりイタリア映画祭2009” の2本目はフランス映画だけど主演がMonica姐さんだから一応イタリアものね。邦題は「ダニエラという女」、伊題だと「PER せっそ O PER AMORE?」。

Monica姐さん、いくつになってもおきれいです。「特技は愛されること」なぁんて、姐さんと不~二子ちゃんにしか似合いません。
宝くじが当たって手にした大金で飾り窓のおねーさんと暮らし始めた平凡な男、そして彼は心臓が弱く…シリアスな展開を予感させるオープニングだが、結局は男と女のだまし合いあり、ここで笑いを取りにいくかぁ~というシニカルな笑いありのとってもおフランスなコメディー映画でした。
ところで、外国語のセリフって上手いんだか下手なんだかわかりにくいけど、もしかして姐さん、意外と棒読み系ですか?


2005年、Francia
Regia:Bertrand Blier

Daniela:Monica Bellucci
François:Bernard Campan
Charlie:Gérard Depardieu
[PR]
by s_fiorenzo | 2009-09-03 23:00 | FILM | Comments(2)
Commented by maccarello at 2009-09-08 02:59
Monica Bellucci、私も結構好きなんですけど、イタ人女性が
コテンパンにこき下ろしてるの何度か聞いたことあります。^^;
演技下手、セリフ下手、体だけ みたいな感じで。。。

ほとんど嫉妬?って気もして(おぃ)、あんまり気にしてなかったけど、
役者さんとしては、どーなんですかねぇ?

でも私はやっぱり、キレイな人は好きだわぁ~♪
Commented by s_fiorenzo at 2009-09-08 10:39
>Ciao!maccaちゃん
私も結構好きです。
あそこまできれいなら細かいことはどうでもいいですよね。
見た目の麗しさも才能のひとつだと思います。
ただ化粧品D社のスチールはシワ飛ばしすぎ(笑)


<< LA RAGAZZA DEL ... LA MATRIARCA:女性... >>